excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2007年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
少林武術ショーに思う
少林寺と聞いてまず思い浮かぶのは、金剛禅総本山としての姿よりも、その武術であろう。

日本では少林寺拳法と混同され易いが、これらに直接関係はない。ジェット・リー主演の映画『少林寺』により、世界に広く知られることとなった少林武術(もしくは少林拳)。これは無手の技だけでなく、棍(長い棒)、刀(青竜刀)、鞭などの武器をも使いこなす、本格的な戦闘術なのである。

青竜刀を使った演武:クリックで拡大
青竜刀を使った演武は、決めポーズが凛々しい
現代社会に於いては僧侶と戦闘術は相反するもののように思えるが、世の混乱期ではごく当たり前のことだった。宗教組織も拡大すると利権が絡み、それを狙う敵対勢力も現われる。

例えば戦国期の日本でも、寺社仏閣の武装化はごく一般的だ。広大な領地を持つ彼らは盗賊や様々な勢力に狙われる。また欧州でも教会の守護が目的の、騎士修道会などがあった。

それでは少林寺がどうだったかといえば、やはり外敵からの防衛目的の武僧集団を持っていた。伝説によれば菩提達磨大師が戦闘の効率化と、修行の一環を兼ねて、少林拳を創始したと呼ばれている。唐朝の創業期には兵力を援軍として送り込むなど、傭兵的働きもしていたという。

外敵の居ない現代では武僧団は必要ないように思われるが、少林寺では拡大の一途を辿っている。修行の一環という創始当時の目的ももちろんあるが、現在ではショーとしての小林武術が注目を集めている。国内だけでなく海外公演も積極的に行ない、寺の資金源になっているのだ。

十方禅院・エントランスのモニュメント:クリックで拡大   香立ちこめるお堂:クリックで拡大   達磨大師のお堂:クリックで拡大   歴代和尚たちが眠る塔林:クリックで拡大
1.形象拳のひとつ、猿拳を披露 2.長い棒を手足のように操る 3.動きが早すぎて棒先がブレる 4.鋭いひと突きは気合い十分

前回の記事では、宗教文化を売り物にしていることに対して警鐘を鳴らしていたものの、実際に目にした少林寺武術ショーには思わず引き込まれてしまった。それは修行であり戦闘術であるのはたしかだが、鍛え抜かれた肉体と磨き抜かれた技は、人間の潜在能力を見せつけてくれる。

形象拳と呼ばれる生き物の動きを取り入れた拳法では、猿やサソリなどの動きを身体全体で表現する。また棒術や剣術などの舞うような動きは、武術というより舞踏のようだ。極めつけは気功術(内功と呼ばれる)で、気の力で身体を鋼鉄化したり、針で厚いガラスを突き通したりもした。

修行の一環である技を見世物にするのはどうかと思うが、これを見られないのもまた残念だと思う。相反する気持ちを持て余しつつ、良質の功夫映画を観たような気分で会場をあとにした。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-11-29 01:00 | 観光情報
 
当たり外れの大きな店 (小羽)
ふと振り返ってみると、かなりの頻度で虹梅路を訪れていることに気がつく。

友人が店主を務める店があるのが主な理由だが、それ以外にも魅力的な店、興味を惹く店が多いように思う。指折り数えてみると、ここ1ヶ月ほどは週に1度くらいのペースで訪れているようだ。そんな行きつけの虹梅路に、またひとつ気になる和食店がオープンしたので、さっそく訪れた。

籠盛り前菜 50RMB:クリックで拡大
籠の上に様々な情景を描き出す、和食らしさ溢れる一品だ
多数の日本料理店ひしめく激戦区、虹橋の真珠城にオープンした和楽亭小羽。奇を衒わない正当な食材と技法で勝負する、これぞ和食といった雰囲気の食を供する直球勝負の店である。

灯籠の明かりを思わせる柔らかな光に包まれた店内は、静かな大人の空間だ。料理人との対話が楽しい白木のカウンターをはじめ、テーブルや座敷をシーンに応じて使い分けられる。

オープン記念のサービスだという籠盛り前菜は、ぐい飲みや小鉢に盛られた煮物や塩辛などが籠の上に可愛らしく並ぶ。彩りも鮮やかで見目にも楽しく、あっさりとした味付けは舌に心地よい。盛り付けの美しさや、素材の持ち味を引き出した調理法など、和の神髄が詰まったひと皿だ。

これは他の皿も楽しみだと期待していたものの、実際には残念に感じる部分も多々あった。これは旨いと唸らせてくれる皿がある反面、思わず首をかしげてしまうようなものもある。料理によって旨い、不味いがはっきりと分かれており、新しい皿が運ばれてくるたびに一喜一憂したのだ。

もう少し当たり外れなく安定した美味しさを提供できるならば、きっと流行りの店となるだろう。

 

-------------------------------------------------
和楽亭 小羽
種別 日本料理
住所 上海市長寧区虹梅路3717弄10号109 真珠城1F (虹梅路 x 延安西路、交差点を南)
営業 18:00~24:00
電話 021-6401-3475
交通 公交 虹梅路(809,925,936路)ほか
予算 籠盛り前菜 50RMB / 刺し身五点盛り 230RMB / 鯛茶漬け 40RMB ほか
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 写真なし
備考 店員の接客態度は良好 / 料理には当たり外れがある
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-11-28 01:00 | 街角グルメ
 
宗教文化の商品化 (少林寺)
中国にある仏教寺院には、カネの匂いが付きまとう。

寺院を訪れてまず驚かされるのが、参拝するのに入場料を取られることだ。中に入ればいろいろなみやげ物が売られており、線香やロウソクなどの『お参りグッズ』も多い。線香は数元のものから、数百元する巨大なものまで取り揃え、面子と見栄を気にする中国人から現金を巻き上げる。

少林寺山門:クリックで拡大
立派な山門の前には大勢の観光客たちがひしめいていた
それは『仏教』という名のサービスを売り物にした、一種の経済活動なのではないだろうか。そして、そんな想いを確信へと変えてくれたのが、先日訪れた金剛禅総本山少林寺である。

バスを降りると、目の前に広がる禅宗レジャーゾーンと名付けられたエリア。3億5千万元を投じて建設中で、大スクリーン完備の案内所や、みやげ物・飲食店などはすでに完成している。

武術館(学校)は武術実演チームを輩出し、毎年世界公演を行っているし、登録商標された少林寺関連商品も多い。最終的には自然を活かした巨大な舞台装置が作られ、総勢700名が出演して音楽と踊り、そして武術を繰り広げる大パフォーマンスが観光の目玉として用意されるという。

歴史ある少林寺がテーマパークの様相を呈してきたのは、『袈裟を被ったCEO(最高経営責任者)』の異名を取る住職、釈永信氏の政策による。彼の信条は「少林寺は企業理念を持って社会によりよい商品、よりよいサービスを提供すべき」というもの。まさに仏教の商品化に他ならない。

氏の行動に対してインターネットサイトを中心に批判が相次いでいるが、河南省政府からの覚えはよい。先日、観光業振興に貢献したとして、登封県政府からは高級車が贈られたそうである。

十方禅院・エントランスのモニュメント:クリックで拡大   香立ちこめるお堂:クリックで拡大   達磨大師のお堂:クリックで拡大   歴代和尚たちが眠る塔林:クリックで拡大
1.五百羅漢が並ぶ十方禅院 2.神聖な雰囲気が漂う堂内部 3.西方聖人(達磨大師)のお堂 4.歴代和尚たちの墓地、塔林

そんな金満寺院と化したかに思える少林寺ではあるが、昔ながらの寺院部分は聖域としての空気を今もなお保ち続けていた。残念ながら建物の多くは中国内の他の寺院と同じく、焼失や破壊により失われて久しいが、それでも1500年の歴史を持つ古刹としての風情をたたえていた。

見どころは西方聖人(達磨大師)の堂で、石畳の床が等間隔で凹んでいるのが見て取れる。これは僧兵らが長い年月をかけてこの場所で修行を続けた結果、踏みしめられた床が窪んでいったという。そんな修行としての武術が見世物になりつつある現状、達磨大師はどう思うだろうか。

少林寺を出て少し行ったところに、塔林と呼ばれる墓所がある。敷地内に200基以上そびえる塔は、歴代住職たちの墓石である。その人の人気に応じて大きさが、徳の高さが層の数となる。果たして袈裟を被ったCEOが亡くなったとき、どのような塔が立てられるのかが気になるところだ。

 

-------------------------------------------------
少林寺
種別 寺院
住所 河南省登封県高獄少室山北麗
電話 0371-62749305
入場 100RMB
言語 中国語
備考 巨大な仏教テーマパーク?!
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-11-27 01:00 | 街角グルメ
 
見るだけじゃつまらない?! (下雪了)
公演開始前からずっと気になっていた、『Slava's SNOWSHOW』を観に行ってきた。

これはシルク・ド・ソレイユへの出演経験もある、ロシアの有名クラウン(道化師)スラーヴァ氏がプロデュースするパントマイム。モスクワでの初演以来、世界30ヶ国100以上の都市で公演が行われ、好評を博しているという。そんな世界的なショーが、ここ上海にもやって来たのだ。

Slava's SNOWSHOW:クリックで拡大
大盛り上がりのフィナーレ、いつまでも立ち去りがたく
今回は小さな会場なので後方でも十分だろうと安いチケットを入手したのだが、これについては大きく後悔することとなった。今回の公演は、いっしょに参加してこそ楽しいものだったのだ。

最初の30分は幻想的な雰囲気の中、主にステージ上だけで進行して行く。前半の最後では会場全体を巻き込み、やや早すぎる休憩に突入。そして始まる後半、とにかく客席に絡むのだ。

クラウンたちは観客を踏みつけるようにしながら客席へと乱入し、上着を引き剥がして捨てたり、水をまき散らしたり、背中に紙吹雪を突っ込んだりと悪戯のし放題だ。クライマックスでは目も開けられないほどの猛吹雪が会場を包み、最後は巨大なボールが会場中を跳ね回るのである。

遠目にも楽しむことはできるのだけれど、ぼくらの席からではやや蚊帳の外。パントマイムにとって、クラウンたちの表情の変化が肝なのに、これも遠すぎてよく見られなかったのだ。洒落の判らない人だと不快感を感じるかもしれないが、ぜひ最前列にて積極的に参加したい舞台である。

 

-------------------------------------------------
Slava's SNOWSHOW / 斯拉法的下雪了
種別 パントマイム
会場 上海市浦東新区丁香路425号 上海東方芸術中心 (世紀大道 x 丁香路)
期間 2007年11月18日~12月2日 19:15~ (月曜休演、土日は15:00~もあり)
電話 021-6854-0123 (上海東方芸術中心)
交通 地鉄2号 上海科技館 / 公交 浦東市民中心(987路)ほか
予算 100,200,300,400,600,800RMB (土日は90元アップ)
備考 高くても出来るだけ前の席を確保すべし / 休憩中にもパフォーマンスあり
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-11-26 01:00 | 観光情報
 
武術家のタマゴたち (鵝坡武術院)
少林寺拳法発祥の地として有名な嵩山(すうざん)、少林寺の周辺には多数の武術学院がある。

数千人規模の生徒を抱える学校も数多く存在し、総数では7万人もの若者たちが、明日の武術家を目指して修行に明け暮れている。鄭州市内でバスをチャーターした我々は、それらの学校のひとつ、少林鵝坡武術専修院を訪れた。ここの舞台にて、現役学生たちの演武が見られるのだ。

修行に励む少年たち:クリックで拡大
日々鍛錬を重ね、肉体だけでなく精神をも鍛え上げる
バスが敷地内に滑り込む。校内のあちらこちらで、まだ年端のいかない少年たちが形の稽古をしているのが目につく。ぼくはてっきり義務教育を終えたあと、武術を専門に学ぶ場所だと思っていたのだが、どうやらそれは間違いらしい。

多くの生徒は小学生のうちからここで学び、心身ともに鍛えて行く。カリキュラムは武術中心だが、義務教育過程もしっかりと含まれている。

履修を終えた学生たちの進路は気になるところではあるが、意外と就職先には困らないらしい。アクションスターやスタントを目指すもの、自ら教室を開き指導側に周るもの、またボディガードや警備員、警察や軍隊なども一般的らしい。成功者にはそれなりの未来が約束されているのだ。

そんな彼らの演武は、粗削りながらも本格的なものだった。蛇や猿など動物の動きを模した形象拳や、棒、剣、鞭など武器を使ったもの、さらには気功によるデモンストレーションと、エンターテイメント的要素も大きい。見学後は良質のカンフー映画を観たあとのような、高揚感が得られた。

彼らの中からいずれ、銀幕のスターが生まれるかもしれないと思うと、その将来が楽しみである。

 

-------------------------------------------------
少林鵝坡武術専修院
種別 武術学校
住所 河南省登封県北環路西段鵝坡嶺
電話 0371-62802998
言語 中国語 / 英語
備考 学生たちによる演武を見学することができる(要予約・有料)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-11-25 01:00 | 観光情報
 
歴史の集積所 (河南博物院)
鄭州市にたどり着いたぼくらが最初に向かったのが、市内にある河南博物院だ。

かつて中原と呼ばれた河南省一帯は、古代中国史の中心地であり、数々の王朝が興亡を繰り返した土地だ。それ故に数々の文物が出土しており、当時の文化を今に伝えている。河南博物院はそれらを収蔵するために建てられた施設で、10万点を越える重要な資料を保管している。

河南博物院外観:クリックで拡大
伝統的建築と現代アートが融合したデザインの河南博物院
1999年に移転オープンしたまだ新しい建物は、伝統建築とモダンアートを融合させた洒落たデザイン。中国的というよりも、どこかマヤのピラミッドを思わせるような造形が興味深い。

館内に入ると、吹き抜けになったホールに2頭の象と人間のモニュメントが飾られている。石器時代、この地域には象が棲息していた。人はその巨象すら御したことを表わしているという。

そんな吹き抜けのホールを取り囲むようにして、時代ごとに分けられた展示室が設けられている。石器時代からスタートして、土器、青銅器と、徐々に文明レベルが上昇して行くのが感じられる。鄭州は商代の都があった場所であるせいか、ぼくの大好きな青銅器が豊富なのが嬉しい。

また漢字の原形といわれる甲骨文字も展示されており、教科書で習ったそれをこうして目の前にするのはある種の感動であった。授業の進め方にも問題はあったとは思うが、こんなにも面白く、興味深い歴史を学ぶチャンスだったのに、当時はさほど熱心に勉強しなかったのが悔やまれる。

歴史的背景をしっかり押さえたうえでこれらの出土品を見れば、また違った感慨もあっただろう。

河南博物院・エントランスのモニュメント:クリックで拡大   青銅器:クリックで拡大   絵巻物から再現されたジオラマ:クリックで拡大   古代中国の地震探知機:クリックで拡大
1.象すら御す人を表わす  2.独特の意匠を凝らした壷  3.絵巻物を再現したジオラマ  4.地動儀と呼ばれる古代の地震計

面白かったのは石版に彫られた絵で、多くの人間が馬上で飛んだり跳ねたり、綱渡りのようなことをやっている。ガイド氏の話しによれば、これは当時の雑技の様子を描いたものだそうだ。人間の限界に挑む絶技の数々は、何千年もの歴史の中で磨かれ培われたものなのだなと思った。

その他にも人類の起源について書かれた伝説の石版や、遺体が腐敗しないといわれた玉で作った衣服など、興味深い展示が多数取り揃えられていた。残念ながら時間の都合で駆け足での参観となってしまったが、出来ることなら半日以上かけてじっくりと観てまわりたい場所である。

もし鄭州市を訪れることがあれば、この国の悠久の歴史と文化を垣間見ては如何であろうか。

 

-------------------------------------------------
河南博物院
種別 博物館
住所 河南省鄭州市農業路8号 (農業路 x 経七路、交差点付近)
営業 9:00~18:00 (冬季は17:00まで)
電話 0371-3511237
交通 公交 経七路(32,39,42,61,69,96路)
入場 20元 / 学生・老人・軍人・団体には割引きあり
言語 中国語 / 英語(一部学芸員) / 無線端末による中・英・日語の自動ガイダンスあり(有料)
備考 鄭州市最大の見どころなので、出来るだけ多く時間を割きたい
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-11-24 01:00 | 観光情報
 
週末旅行のススメ (河南・少林寺ツアー)
周知のとおり、中国大陸は広大だ。

蘇州や杭州などの近隣ならともかく、中距離以上の旅行ともなると移動だけで半日がかり。必然的に旅するのは、春節などの長期連休に限られると考えがちだ。しかし、交通機関が発達した昨今では、その気になれば週末だけでもなんとかなると、友人の famifami 嬢が教えてくれた。

鄭州駅のプラットホームにて:クリックで拡大
中原の鄭州は、東西南北を結ぶ一大中継ステーションだ
そんな彼女が mixi 上にて主催する、旅行コミュニティ『ちか旅!』の仲間たちと、土日を利用して河南省を訪れた。河南と聞いてもピンと来なかったが、かつて中原と呼ばれた漢文化発祥の地で、拳法で有名な少林寺が有名だ。

河南省都、鄭州へは夜行列車を使う。時間の限られた旅では、夜汽車は有効な移動手段。金曜夜に発てば、翌日は朝から行動できる。

前にも書いたように思うが、ぼくは列車の旅が好きだ。車窓を流れる景色を横目に、のんびりガタゴト走り続ける。あっという間に何百キロを飛行する航空機の便利さを否定はしないが、時間をかけて移動してこそ遠くへ来たと実感できる。旅とは基本的に、時を消費する行為に他ならない。

その日の仕事を終え、上海を出発したのは21時過ぎ。約12時間の移動時間も、親しい仲間たちといっしょなら気にならない。各々が持ち寄った食べ物をつまみながら、会話に花を咲かせる。中にはあまり眠れず腫れぼったい目の友人もいたが、とにかく旅はまだ始まったばかりである。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-11-23 01:00 | 観光情報
 
身も心も暖かく (林海野生菇)
秋の気配を通り越し、ここ上海にも冬の足音が聞こえてきた。

寒い夜にはやっぱり火鍋料理。中国では一般に、鴛鴦鍋を使った麻辣と白湯の2種類のダシを楽しむタイプが多いが、それ以外にも様々な種類のものを楽しむことができる。この日は友人らを誘って、高タンパク・低カロリーで免疫力を高める、キノコを使った鍋料理の専門店を訪れた。

バースデーケーキとmikaliusさん
思わぬサプライズで喜ぶ彼女を見ると、ぼくらも嬉しくなる
古北という場所柄、そして日本のガイドブックにも取り上げられているだけあって、日本人を意識した店だ。フロアマネージャーは流暢な日本語を話し、メニュー表記も判りやすい。おかげで活気ある店内は、日本人客で溢れていた。

オーダーはまず鍋底(スープ)とキノコを選ぶ。28種類のキノコを10時間煮込んだダシに、スッポンや地鶏などを投入。滋味深い味となる。

キノコは季節にもよるが、常時30~60種類も取りそろえられている。我々は見たことも聞いたこともないものがほとんどだが、それぞれの効能が書かれた解説がある。これを鍋底で煮込み、これもキノコを使った特製ダレで食べる。さっぱりとした味と、独特の食感に思わずヤミツキとなる。

旨い料理を堪能したあとは、同席したmikaliusさんの誕生日パーティを。ロウソクに火を灯し、皆でバースデーソングを歌う。火鍋で身体を暖かく、仲間の祝い事に心も暖かくなった夜だった。

 

-------------------------------------------------
林海野生菇
種別 中国料理(キノコ鍋専門店)
住所 上海市長寧区水城路12-20号 和平広場2F (水城路 x 虹橋路、交差点を北)
営業 10:00~4:00
電話 021-6209-9952
交通 公交 水城南路(57,925,925B,936路)ほか
予算 烏骨鶏鍋底 30RMB / スッポン鍋底 55RMB / キノコ肉団子 15RMB ほか
言語 中国語 / 日本語(一部)
菜単 中国語 / 日本語 / 写真あり(一部)
備考 日本のガイドブックにも紹介される人気店、食事時は予約必須
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-11-22 01:00 | 街角グルメ
 
ぼくに残された時間
友人のKENさん、きっちんさんご夫妻の送別会に参加してきた。

約4年に及ぶ上海生活に終止符を打ち、ついに本帰国するという。特別に親しい間柄ではなかったけれど、それでもいろんな節目にごいっしょした人が帰国してしまうというのは寂しいものだ。自ら望んでのことならば応援すべきだろうが、任期満了に伴う帰国とはどんな気持ちであろうか。

二次会は SHANTY でまったり
宴のラストはいつものバーで、思い思いの時を過ごす
ぼくの上海生活も既に2年を越え、時々帰国について考えるようになった。今のところぼくに任期はないが、会社命令で出向している以上、いつまた帰国命令が下るかは判らないのだ。

赴任直後に感じていた日々のワクワクは薄れ、上海での生活は日常となった。この暮らしがいつまでも続くと、毎日を無作為に過ごしてないだろうか。残された時間は、本当は有限なのに。

例えば明日帰国しろといわれたとき、ぼくは悔いを残さずに帰ることができるだろうか。そのうちにと後回しにしていたやりたいこと、行きたいところ、食べたいものが、なんと多いことか。そして、この街で出会ったとても大切な仲間たちと過ごす時間を、疎かにしてしまってはいないだろうか。

宴の会場に別れの湿っぽさはなく、誰もがいつもと同じ調子で会話に興じていた。帰国するKENさんたちの表情も晴れやかで、いわれなければ数日後にここを去るとは思えなかった。彼らが悔いを残していないかどうかは知る由もないが、ぼくも最高の笑顔でこの街を去りたいと思うのだ。

その為にも残された時間は限りあるものだと認識し、上海での日々を大切に過ごしていきたい。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-11-21 01:00 | 中国的生活
 
冬はおでんにコップ酒 (やまとや)
とある落語を題材としたテレビドラマを見ていたら、急におでんが食べたくなった。

浅草寺宝蔵門前の小さな屋台で、登場人物たちがクツクツと煮えるおでんを頬張る姿がとても魅力的だったのだ。ここ上海の地で、日式の屋台はどこを探しても見つからないだろうが、おでんを売りにする和食店ならいくつもあるようだ。そんな中から、古羊路に佇むやまとやを訪れてみた。

丸ごとトマトのおでん 15RMB:クリックで拡大
ダシの染みたトマトの中心部には、さわやかな酸味が残る
厭味にならない程度に、和のテイストを散りばめられた店内は、落ち着ける空間作りが為されている。カウンターにテーブル席、掘りごたつなど多様な座席配置を選べるのも嬉しい配慮だ。

できればおでん鍋の前に陣取りたかったが、あいにく満席とのことで2階のテーブル席に案内される。奥まった半個室のような場所だが、呼べば応える服務員のレスポンスが心地よかった。

おでんは全部で21種類。盛合せをオーダーすると、時間がかかるというトマト以外が大皿に盛られてきた。おでんといえば地味な色合いになりがちだが、ダシ汁でさっと湯がいたチンゲン菜やプチトマトが付け合わされ、見目にも鮮やかな皿に仕上がる。薄黄金色の関西風ダシも旨い。

どれも上品な味付けで美味だが、最後に登場したトマトがとくにお気に入りだ。ダシが染み柔らかくなった皮の部分と、まだ酸味が残る内側のコントラストが楽しい。口中にフワリと広がるツユの旨味と、トマトのさわやかさが織り成す複雑な味わいが、ちょっとしたエポックメイキングなのだ。

少しずつ厳しい冬の気配が迫りくる上海、やまとやのおでんで身も心も暖まりたいものである。

 

-------------------------------------------------
和ダイニング やまとや 喜都乃
種別 日本料理(創作ダイニング)
住所 上海市閔行区古羊路459号(古羊路 x 姚虹路、交差点を東)
営業 11:00~14:00 / 17:00~22:30
電話 021-5477-5771
交通 公交 姚虹路古羊路(149路)、黄金城道(506路)ほか
予算 おでん各種 15RMB~ / とりの唐揚げおろしポン酢 50RMB / やきえだまめ 30RMB
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 写真なし
備考 おでんは3種盛り(40RMB)、5種盛り(60RMB)もあり / 全21種類
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-11-18 01:00 | 街角グルメ


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク