excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2007年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
店舗拡大への警鐘 (海鮮小町)
昨今の会席料理は基本的に、まずは酒を美味しく楽しもうという組み立てである。

よって白飯や汁物は最後にまわされ、最初は酒肴がメインとなっている。向付(刺身)と日本酒の取り合わせはたしかに素晴らしいが、あまり酒を飲まないぼくはむしろ、刺身には白飯をあわせたいと常々思う。漁港育ちのぼくにとって、刺身は酒肴である以前に立派なおかずなのである。

刺身盛合せ:クリックで拡大
見た目にはなかなか旨そうだが、パッとしない印象だった
日本食店が相次いでオープンしている虹梅路の真珠城にある、海鮮小町を1年ぶりに訪れた。1周年記念の刺身類半額に釣られたのだ。

久しぶりに訪れた海鮮小町は、以前とまったく変わっていなかった。板場を見下ろすこともできる2階の座敷席に通されると、おしぼりなどが運ばれてくる。この日は半額の刺身各種と、白飯のみをオーダーした。我ながら嫌な客である。

まずは最初に鰹のタタキが出てきたのだが、火を通し過ぎで生焼けの焼き魚のようであった。続いて出てきたのは、各種刺身を盛合せの形でひと皿にまとめたもの。ワサビを添えて醤油を少しつけて、口の中に入れて数口咀嚼すれば、筋繊維を断ち切る心地よさと脂の甘味が広がる。

ここでおもむろに白飯を頬張り、いっしょに噛み締める。寿司とはまた違った白飯と魚介のハーモニーが生まれるはずだが、残念ながらごはんが美味しくない。柔らか目に炊かれた白飯はややべったりしており、ところどころ糊状になってしまっていた。せっかくの組合わせも台無しである。

オープン当初は本店のオーナーが厨房を預かっていたおかげか、そこそこ旨かったように思う。だが、今回は残念ながら今ひとつ感が拭えなかった。支店を出して商売の幅を広げるのもよいが、まずはしっかりと店を任せられる、後継者を育てることが先決ではないかと思うのだった。

 

-------------------------------------------------
海鮮小町
種別 日本料理(海鮮および長崎郷土料理)
住所 上海市長寧区虹梅路3717弄26号 真珠城1F (虹梅路 x 延安西路、交差点を南)
営業 11:30~14:30 / 17:00~23:00 (日曜のみ17:30~23:00)
電話 021-5422-4871
交通 公交 虹梅路(809,925,936路)ほか
予算 小町コース 150RMB / たくみコース 250RMB / 夕暮れセット 88RMB
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 写真なし
備考 お得なランチサービスもあり / 店の位置は判りにくい(真珠城左手奥へ)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-09-09 01:00 | 街角グルメ
 
華麗なる転身 (圓石蟹宴)
上海飲食業界のビジネススピードには、ときどき舌を巻かざるを得ない。

例を挙げれば、かつてブームとなった土家族の中式ピザ。流行りとなれば、雨後の竹の子のように店舗が乱立した。ところがブームが過ぎればあっという間に鞍替えしてしまい、今では見つけるのも難しい。日本なら延命措置を図るところだが、中国ではすぐに次の商売へ切替えるのだ。

蒸し蟹:クリックで拡大
今年最初の上海蟹は小振りながら、味噌がたっぷりであった
圓石は今年4月にオープンしたばかりの、和風創作料理食べ飲み放題の店だった。直接訪れたことはないので、ぼく自身の評価は下せないが、あまりよい噂を聞かなかったところをみると、どうやらさほどふるわなかったのだろう。

そんな圓石が蟹の季節到来と共に、上海蟹料理専門店として生まれ変わった。店名も圓石蟹宴と改め、和食から中華へと転身したのだ。

ところが内装にまで手が回らなかったようで、店内は和食店の趣きのままである。新たに調達したものもあるようだが、和食器がそのまま使われているミスマッチ感が逆に新しい。料理は蟹料理のコースのみで、今ならオープニングキャンペーンで198元のコースが100元で食べられる。

料理はそこそこ美味しく、蒸し蟹もついて100元はかなりお得だろう。ただし、198元となると、やや魅力を失ってしまう。その原因は蟹料理のみが8品も続くことで、後半部分はやや飽きを感じさせるからだ。蟹のいろいろな味を提供しているものの、やや変化に乏しいと感じてしまった。

どうせなら以前の和の技法も残しておき、和華折衷にすれば面白かったのではないかと思う。
 

-------------------------------------------------
上海蟹専門店 圓石蟹宴
種別 中華料理(上海蟹料理)
住所 上海市長寧区延安西路2882号 (延安西路 x 虹許路、交差点を西へ)
営業 17:00~23:00
電話 021-6242-8331
交通 公交 虹許路(48路)ほか
予算 四季蟹宴 198RMB / 富貴蟹宴 380RMB / 大師蟹宴 589元 ほか
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 中国語 / 写真なし
備考 四季蟹宴を100元で提供(9月15日まで1日先着20名)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-09-08 01:00 | 街角グルメ
 
ぼくが土産を買う理由 (プラジナ)
甘いものはそれほど好きではないが、日本にいたころはよく買って帰ったものだ。

会社のすぐ側に百貨店があったので、デパ地下スイーツには困らなかった。色とりどりのケーキやチョコレート菓子を選んで、わくわくしながら家路を急ぐ。自宅に帰って手土産を渡したときの妻の笑顔。じつのところ自分で食べたいのではなく、妻のこの顔が見たいからこその土産なのだ。

THE PRAJINAのロールケーキ:クリックで拡大
玉子をたっぷり使ったフワフワのロールケーキ
先日、会社付近に新しい洋菓子店がオープンしたと聞き、仕事帰りに足を伸ばした。帰り道にあるというのは、土産を買う場合には重要だ。

THE PRAJINAは神戸スイーツと銘打った、ロールケーキの専門店だ。本店は尼崎市にあるそうなので、正確には尼崎スイーツなのだが、上海人に尼崎といっても通じない場合がほとんどだろうから、正しい命名だといえるだろう。

ショーケースに並ぶのは、チョコとプレーンのロールケーキのみ。1本丸ごとか5分の1カットを選ぶことができる。本店では播磨地鶏の玉子を使ったロールケーキが有名だが、こちらで扱っているのはやや趣きが異なるようだ。試食させて貰った結果、シンプルなプレーンを買い求めた。

スポンジ生地はフワフワと柔らかく、とてもシンプルな味わいながら旨い。中のクリームも軽めのスッキリしたものだが、スポンジの量に比べて少ないように感じた。保管が悪かったのか、やや端の部分は生地にパサつきを感じたものの、上海で食べるロールケーキとしては十分及第点だ。

店が軌道に乗ったらぜひ、本店の石釜ロールケーキやプリンなども提供して欲しいものである。

 

-------------------------------------------------
THE PRAJINA -NATURAL FOOD'S FACTORY-
種別 神戸スイーツ(ロールケーキ専門店)
住所 上海市盧湾区淮海中路99号 (淮海中路 x 普安路、大上海時代広場6階)
営業 13:00~20:00 (試営業中につき暫定、要問い合わせ)
電話 137-9547-1711
交通 地鉄1号 黄陂南路 徒歩8分 / 公交 西蔵南路(911,932,926,945,320)ほか
予算 Pure Roll Plain 60RMB(1PC:12RMB) / Pure Roll Choco 70RMB(1PC:14RMB)
言語 日本語 / 中国語
備考 日本人パティシエが対応中
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-09-05 01:00 | 街角グルメ
 
音を楽しむ (オールドジャズバー)
上海はかつて、ジャズの都と呼ばれていた。

1930年代、上海が魔都と呼ばれた時代。租界にあるホテルのバーやカフェからはいつも、スイングが聞こえていた。第二次大戦後はジャズの演奏が禁止されていたけれど、開放以降、この街にもジャズの調べが戻ってきた。今現在、市内には数多くのジャズバーが軒を連ねている。

Peace Old Jazz Bar:クリックで拡大
平均年齢78歳のジャズメンは音楽を心から愛していた
その中でも多くの観光客から親しまれていたのが、和平飯店の老年爵士楽団だ。古きよき時代を今に伝えるバンドとして人気だったが、和平飯店の改装に伴い活動を休止中だった。

そんな彼らが新たなステージを得て、再び帰ってきた。華亭賓館の一室に改装を施し、テーブルから食器まで、可能な限りの資材をそのまま運び込んで、和平飯店のバーを再現したのだ。

やや閑散としていた店内も、演奏が始まるころには満席となった。曲目は『ムーンリバー』や『A列車で行こう』など、往年のスタンダードナンバーだ。そんな彼らの演奏だが、じつはあまり上手だとはいい難い。アドリブという域を越えたちぐはぐ感が漂っており、トランペットは息も絶え絶えだ。

だが、彼らの演奏する姿はとても楽しそうなのだ。音楽とは技術うんぬんではなく、”音を楽しむ”ものだということを教えているようであった。その想いは観客席にも伝わるのか、人々はときにハミングを挟んだり、フロアに飛び出して踊ったりと、心からスイングを楽しんでいたのだった。

場所は変わっても、彼らが身にまとう古きよき時代の空気は、今も変わらずに伝えられている。

 

-------------------------------------------------
和平オールドジャズバー / Peace Old Jazz Bar
種別 バー(ジャズバー)
住所 上海市徐匯区漕溪北路1200号 華亭賓館3F (漕溪北路 x 中山西路、交差点付近)
営業 17:00~24:00 (演奏は20:00~23:00)
電話 021-6439-1000
交通 地鉄1,4号 上海体育館 / 公交 裕德路(42,43,50,122,712,754,824,926路)ほか
予算 入場料 50RMB / カクテル 70RMB~ / ウィスキー 50RMB~
言語 英語 / 中国語
菜単 英語 / 中国語 / 写真なし
備考 サービス料 15%が必要
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-09-04 01:00 | 街角グルメ
 
広告に惑わされるな (海老天)
『北海道海鮮料理』という単語から、何を想像するだろうか。

北海道と聞いてぼくが真っ先に思い浮かべるのは、新鮮な海産物の数々だ。かつて訪れた北の大地で出会った、輝かんばかりの魚介類たち。旨さにむせび泣くほどのそれは、今思い出しても唾液が溢れそうになる。『北海道海鮮料理』と聞いてぼくは、あの日の口福を思い出したのだ。

海老天丼:クリックで拡大
大振りの海老が2本と、野菜の天ぷらが乗る天丼
先日オープンしたばかりの日本料理の海老天は、この『北海道海鮮料理』と銘打っていた。

「いらっしゃいませ」の掛け声とともに店内に入る。シンプルな造りの店内には4人掛けのテーブル席がいくつかと、板場を覗くことができるカウンター席がある。豊富なメニューから何を選ぶかは迷うところだが、あれこれ食べてみたいので、お得なコース料理をオーダーしてみた。

先付けに出てきたししゃもの南蛮漬けは、やや酢が足りないと感じたものの普通であった。しかし、単品で頼んだイカ素麺は半分凍ったままだし、海鮮丼のマグロは解凍が悪くてパサパサだ。もずくの酢の物にいたっては、水道水のような嫌な臭いがして食べられたものではなかった。

考えてみれば北海道の海産物は、現地で食べるからこそ旨いのだ。それを国外に持ち出すとなると、それなりの輸送手段を確保せねば味は大きく落ちてしまう。仮に素材がよかったとしても、調理段階で台無しになってしまう可能性も大きい。どうも『北海道』の言葉に騙されたようである。

当たり前のことだが、広告というのは対価を払って雑誌などに載せているわけだから、基本的に悪いことは書いていない。もちろんぼくが書く文章も、ぼくの主観でしかないわけだが、少しでも読者の料理店選びの参考になれるよう、今後もあちらこちらの店を食べ歩いていきたいと思う。

 

-------------------------------------------------
北海道海鮮料理 海老天
種別 日本料理(北海道海鮮料理)
住所 上海市徐匯区肇嘉浜路777号 青松城1F (肇嘉浜路 x 東安路、交差点付近)
営業 11:30~14:00 / 17:00~22:00
電話 021-6418-9359
交通 公交 東安路青城路(43,50,205,712,806,864,927,957路)ほか
予算 Aコース 280RMB / Bコース 180RMB / 天ぷら盛合せ 60RMB
言語 日本語 / 中国語
メニュー 日本語 / 中国語 / 写真なし
備考 隣接する焼酎バー『地蔵』は同じオーナー
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-09-03 01:00 | 街角グルメ
 
ただいま恋人募集中 (アニキ誕生会)
アニキと初めて出会ったのは、昨年の秋風が吹くころだった。

初対面の彼は、はにかんだ笑顔を浮かべるさわやか壮年だった。ところが会う回数を重ねるごとに彼のメッキは剥がれ落ち、突っ込みどころ満載のいじられキャラへと変化していく。いざってときには頼りになる優しいアニキ。だけども、ちょっといい加減。そんな彼が、みんな大好きなのだ。

ケーキを前にご満悦のアニキ
こんなに喜んで貰えると、祝う側も嬉しくなる
この日、アニキの誕生日を祝おうと、カラオケ店にてシークレット誕生会を開催した。本来の誕生日はもう少し先だが、その日彼は出張で上海にいないので、前倒しのサプライズとなった。

はじめのころは普通にカラオケを楽しんでいたが、頃合いを見計らってバースデーソングを流す。明かりを消したり、音楽を流したりの演出を自由にできるのが、カラオケ店のよいところだ。

突然流れ出したバースデーソングに戸惑っていたアニキも、自分のことだと気が付くと満面の笑みを浮かべてくれた。この困惑から歓喜の表情への変化が見られるのが、サプライズパーティの楽しみのひとつ。ケーキのロウソクに火を灯し、プレゼントを渡し、口々に彼の誕生日を祝った。

ぽや~んとしているようで、じつはバリバリと仕事をこなす実業家。出来もしないことを安請け合いしてしまう、いい加減なところもあるけれど、根はとても優しい頼りになる存在なのだ。そんな彼は現在、恋人・花嫁募集中なので、我こそはと思うあなたはぜひ、メールにて連絡くださいませ。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-09-02 01:00 | 街角グルメ
 
特別な日のランチ (Yi Cafe)
今からちょうど6年前の今日、ぼくはひとりの女性に交際を申し込んだ。

その日からぼくと彼女は、いわゆる恋人同士となった。あのときはまさか、やがては結婚し、そしてここ上海に暮らすことになるとは夢にも思わなかった。だが、6年経った今では彼女のいない生活は考えられないし、あの日からずっとそばにいてくれる彼女に、深い感謝を捧げたいと思う。

サラダのカウンター:クリックで拡大
世界各国の料理が色とりどりに並ぶ様に嬉しくなる
そんな特別な日をふたりだけでささやかに祝おうと、ちょっと贅沢に浦東シャングリラホテル内にある Yi Cafe のランチビュッフェを訪れた。

初めて訪れたシャングリラホテルは、まるで別世界のようだった。豪華だが厭味ではない内装、緩やかに流れる上質な音楽、そしてスタッフの素晴らしい接客。気分はにわかに盛り上がり、海外のリゾートを訪れたように思えた。

入り口で予約番号を伝え、窓際の席に案内される。想像していたよりもずっと広大なフロアには、世界各国から集められた様々な料理が並んでいる。入り口側にはデザート類があり、タイ料理や寿司・刺し身、シーフードの盛り合わせが並ぶ。奥に行けばカレーやグリル、中華の点心なども。

それぞれ専門スタッフがついており、天ぷらや鉄板焼きなどをその場で仕上げてくれる。ただ、味に関しては普通に旨いというレベルで、特筆するほどの皿はなかったように思う。唯一の例外はスティックサラダで、軽くボイルした人参やセロリ、アスパラガスはえぐ味もなくとても旨かった。

料理の味だけを問えば、もっと安くて旨いものはいくらでもある。ただ、世界レベルのサービスや雰囲気、そして安心感の価格と考えれば198元(+サービス税)もさほど高くはないように思う。今度の週末はちょっと贅沢に、浦東にてプチリゾート気分を楽しんでみてはいかがだろうか。

 

-------------------------------------------------
Yi Cafe / 怡珈琲
種別 カフェ・レストラン(インターナショナル)
住所 上海市浦東新区富城路33号 浦東シャングリラ2F (世紀大道 x 銀城西路)
営業 6:00~10:30 / 11:30~14:30 / 18:00~22:30
電話 021-5877-5372
交通 地鉄2号 陸家嘴 / 公交 東方明珠(81,797,961路)ほか
予算 ランチビュッフェ 198RMB(+15%のサービス料)
言語 中国語 / 英語
菜単 中国語 / 英語 / 写真なし
備考 ランチビュッフェは大人気、週末は予約必須
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-09-01 01:00 | 街角グルメ


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク