excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2007年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
味の天下を握り取れ (楽太郎)
上海に来てから、カウンターで寿司を食べることが少なくなった。

そもそもカウンターを持つ寿司屋が少ないし、あるとしても総じて高い。話しかけてみたものの、板前は中国人で日本語はままならないなんてこともある。言葉の問題はともかくとしても、やはり寿司はテーブル席ではなく、つけ場の花板との対話を楽しみながら食したいものだと思うのだ。

先日訪れたSUSHI BAR 楽太郎は、そんなつけ場との対話を気軽に楽しめる寿司専門店だ。

楽太郎のカウンター:クリックで拡大
料理人との対話もまた、寿司屋の大きな楽しみの一つだ
威勢よい掛け声とともに通されたカウンター席からは、つけ場の中が一望にできる。目の前のネタケースにはいくつかのネタが並べられ、どれをオーダーしようかと目移りしてしまう。

この日のお薦めを聞くと、愛媛産のブリと寧波産の鱧だというので、まずは造りでオーダー。しっかりと脂の乗ったブリは舌の上でとろけるようだし、鱧も丁寧な仕事を感じさせてくれた。

つけ場で客の相手をしてくれるのは、総料理長の矢野洋一氏。タコはどうかと聞けば、今日は冷凍物しかないのでお薦めしないと正直なところも嬉しい。メニュー上、揃えてはいるものの、すべてのネタに完璧を求めるのは難しい。そういう意味でも、料理人との対話は大切だと感じた。

完全に日本レベルを求めるのは酷な話だが、ここが上海であることを考えれば、価格以上の満足度を得ることができた。寿司屋にとって大切な『目配り、気配り、心配り』が徹底されているのもよい。今後もこのレベルを維持し、成長を続けられるならば、きっと繁盛することだろう。

 

-------------------------------------------------
SUSHI BAR 楽太郎
種別 日本料理(寿司、鍋料理)
住所 上海市盧湾区長楽路399号 (長楽路 x 茂名南路、交差点を東)
営業 11:00~3:00 (年中無休)
電話 021-6256-6005 / 021-6256-7623
交通 地鉄1号 陜西南路 徒歩10分 / 公交 淮海中路(24,41,104,128,955路)ほか
予算 2人で498RMB(造り2品、握り10種20貫、味噌汁、茶碗蒸し、ビールなど)
言語 日本語 / 中国語 / 英語
菜単 日本語 / 写真なし
備考 低価格で本格的な寿司を食べられる店 / お得なランチもスタート
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-07-10 01:00 | 街角グルメ
 
アテンドは水郷へ (朱家角)
ここ上海は、一般的な日本人がイメージする中国像とは、ややかけ離れた街である。

近代的なビルが立ち並び、様々な娯楽や商品、食物が溢れている。古きと新しきが混在する混沌とした空間こそが、この街の大きな魅力だが、日本から訪れた旅行者にはイメージ通りの中国も見せてあげたいと思うのだ。そんなとき、ぼくがアテンドに利用するのが水郷の街、朱家角だ。

朱家角の路地:クリックで拡大
如何にも中国な雰囲気漂う路地
朱家角は上海の南東約40キロ、淀山湖のほとりに佇む歴史ある街だ。明代には既に鎮として成立しており、その起源は三国時代から続いているという。「小橋、流水、人家」と呼ばれ、明・清代の街並みと古鎮で暮らす人たちの生活を現代に伝える場所だ。

上海市内からのアクセスは、旅遊集散中心から出ている旅遊バス(4号線)が便利。20分間隔で出発するバスに乗り込み、朱家角までといえばわずか1時間でたどり着く。人民広場から出る路線バスも利用可能だが、こちらは停車駅が多いので約1時間半の時間が必要だ。時間優先の場合はタクシーもありだろう。

駐車場で門票を買って中に入れば、そこはもう水郷の街だ。

江南地方の水郷はどこも似たような雰囲気だが、細かく見ていくとそれぞれ特徴があって面白い。今回5度目の朱家角訪問となるが、訪れる季節や相手が違えば、また新たな発見もある。

いつもは人でごった返す朱家角も、この暑さのせいか観光客はまばらだった。ぼくらは目的もなく、ぶらぶらと街を散策し、写真を撮ったりお店を冷やかしたり。あまりの暑さにくらくらしたけれど、古い石橋のたもとで食べたアイスキャンデーは、魂に染み入る冷たさで旨かったのだった。

 

-------------------------------------------------
江南古鎮 朱家角
種別 観光地(水郷)
住所 上海市青浦区朱家角鎮
交通 上海体育館内旅遊集散中心より旅遊4号線で片道約1時間 12元
入場 10RMB / 60RMB(史跡・展示物観覧券付き)
備考 上海から気軽に来られる小規模な水郷
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-07-09 01:00 | 観光情報
 
上海一の小龍包 (佳家湯包)
日本からの客人を上海一の小龍包でもてなすべく、佳家湯包を訪れた。

かつて佳家湯包といえば知る人ぞ知る隠れた名店だったが、最近では口コミでその噂が広がり、今では日本のガイドブックにも取り上げられているらしい。ぼくのお気に入りだった河南南路店は区画整理でなくなってしまったが、中山南路店と今回訪れた黄河路店は今も健在である。

鮮肉湯包 6RMB:クリックで拡大
中が透けるほどの薄皮だが、スープがこぼれないのは見事
そんな佳家湯包の旨さの秘密は、メニューに表記された現点 現包 現蒸 現吃(注文を受けてから包み、蒸し、喰う)に集約されている。

食事時には行列の絶えない同店だが、けっして作り置きすることなく、すべて注文を受けてから包み始める。オーダーしてから供されるまでに10分以上かかることになるが、そのおかげでいつでも蒸したてアツアツを食べられるのだ。

そんなこだわりの小龍包は、和菓子にも似た典雅さを持つ。中のスープが透けるほど薄い皮だが、無造作に扱っても簡単には破れない。箸でつまんで持ち上げると、タポッという音が聞こえそうなほどたっぷりのスープが入っているのが判る。別売りの生姜絲を添えて、端を噛み破ろう。

内側からほとばしるスープは深いコクを湛えながらも、しつこさを感じさせない上品な味わいだ。半分ほどスープを吸い出してから、丸ごと口中に放り込む。上あごを火傷しそうになるが、それでも咀嚼が止められない。そして片手はもう次の包子をつまみ上げ、自然に準備を始めてしまう。

人気と共に味を落としてしまう店は多いが、佳家湯包は今日も変わらぬ旨さを提供してくれた。

 

-------------------------------------------------
佳家湯包
種別 中国料理(小吃:小龍包)
住所 上海市黄浦区黄河路90号 (黄河路 x 鳳陽路、交差点を北)
営業 6:30~売り切れ次第終了
電話 021-6327-6878
交通 地鉄2号 人民広場 8号出口より徒歩6分 / 公交 西蔵中路(20,921路)など
予算 鮮肉湯包 6RMB / 蝦仁鮮肉湯包 7.5RMB / 蟹粉鮮肉湯包 16.5RMB / 生姜絲 1RMB
言語 中国語 / 英語
菜単 中国語 / 写真なし
備考 中山南路に姉妹店あり / 上デーいちおし!
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-07-08 01:00 | 街角グルメ
 
水産市場 de デート (第10回)
日本からの旅行者から、会いませんかと連絡を頂いた。

もちろん互いに面識はない。何処の誰とも知れぬぼくに声をかけるには、それ相応の勇気がいったことだろう。こうして縁(えにし)を繋ぐお手伝いをしてくれたこと、とても感謝しているのだ。

トコブシの蒸し物:クリックで拡大
柔らかなトコブシに、トウチの風味を効かせた蒸し物だ
そんな感謝の気持ちは、旅行を楽しんで頂くことでお返ししようと、お馴染み海鮮まつりにておもてなしさせて頂くことにした。

ローカルな水産市場で買い物を楽しみ、それを近場のレストランに持ち込んで調理して貰う。現地に暮らす人たちとの会話も含め、普通の旅行者には体験できない、スペシャルな想い出を持ち帰って貰えるのではないかと思うのだ。

そんなわけで訪れた水産市場は、いつもと変わらぬ活気と喧騒に包まれていた。そして、なぜか路上にまき散らされている、大量のカエルの屍骸たち。予期せぬ歓迎に女性陣はきゃあきゃあと悲鳴。とくに旅行者のKiyoさんはカエルが大の苦手。ある意味、スペシャルな想い出となった。

その他にも新鮮な食材の数々に大興奮の買い物を終え、いよいよレストランにてお食事タイム。

海鮮まつり参加者一同
旨い料理と楽しい会話に、皆の顔にも笑顔が灯る
今回の食材は海老やシャコなどの比較的定番が多いが、カタツムリや海腸などの変わり種も忘れない。せっかく市場まで出向くのだから、普段は食べられないものを口にして欲しい。

初参加の面々は、はじめはおっかなびっくりだ。しかし、口に含んだ瞬間「美味しい!」の声が上がり、こちらまでもが嬉しくなる。その他の料理については、mikalius さんのブログが詳しい。

腹いっぱい食べて、飲んで、笑って、楽しい時間は過ぎていく。旅行者だけでなく、おもてなしする我々もまた楽しむことができたので、まつりは大成功。今後も多くの出会いと、楽しい時間を作るため、海鮮まつりは続けていきたいと思う。興味を持ってくれたあなたは、ぜひご参加ください。

 

-------------------------------------------------
天鴻酒家
種別 中国料理(海河鮮系)
住所 上海市普陀区銅川路977号 (銅川路 x 蘭渓路、交差点を東)
電話 021-6254-2225
営業 10:30~2:00
予算 100RMB (調理代、酒代などを含む)
言語 中国語
備考 冷菜以外の料理は食材(海鮮)の持ち込みが必要 / 調理代はグラム単位
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-07-07 01:00 | 交流
 
香港の人気店 (糖朝)
少し前の話しになるが、香港の有名店『糖朝』が上海に初上陸とのニュースを聞いた。

初上陸もなにも以前から、あちこちにあるではないかと疑問に思った。ところが既存店をよく見てみると、糖朝ならぬ糖であることに気がつく。なんのことはない、お得意のニセ物だったのだ。

マンゴープリン 24RMB:クリックで拡大
涼しげな器に盛られた、ハート型のプリンが愛らしい
ニセ物が作られるくらいだし、日本でも百貨店を中心に多くの支店を出店している糖朝。ちょうど近くを通りがかったので、さぞ旨いに違いないと期待に胸踊らせつつ、上海旗艦店を訪れた。

漠然と高級店をイメージしていたのだけれど、入ってみればインテリアはかなりチープな印象。料理も2~30元くらいが中心で、香港式ファミレスといった雰囲気には拍子抜けだった。

この日は既に夕飯を済ませているので、人気のマンゴープリンなどのスイーツをオーダー。涼しげなガラス器に盛られてきたそれは、可愛らしいハート型をしている。カットされたマンゴーが添えてあり、内側にもゴロゴロとフレッシュなマンゴーが入っていた。なるほど、不味くはない。

不味くはないのだが、驚くほど美味しいかといわれるとノー。今回のように近くを通りがかったのなら食べに行ってもよいとは思うが、わざわざ主目的にして出かけるほどではないと感じた。もっとも今回食べたのは甘味だけなので、他の料理についてはまた違う印象があるかもしれない。

 

-------------------------------------------------
糖朝 / The Sweet Dynasty Hong Kong
種別 中国料理(香港料理、スイーツ)
住所 上海市盧湾区淮海中路300号 香港新世界大厦B1 (淮海中路 x 馬当路、交差点付近)
営業 11:00~23:00
電話 021-6386-9985
交通 地鉄1号 黄陂南路 / 公交 西蔵南路(123路)、嵩山路(109,581,781,932)ほか
予算 マンゴープリン 24RMB / 楊枝金露 24RMB / 港式ミルクティー 12RMB
言語 中国語 / 英語
菜単 中国語 / 英語 / 日本語 / 写真あり(一部)
備考 香港の有名店が上海に上陸、他の店舗は(現時点では)ニセ物なので要注意
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-07-06 01:00 | 街角グルメ
 
スパイスの芸術 (マサラ・アート)
今、ぼくの中で密かなブームなのが大沽路だ。

成都北路と石門一路に挟まれた閑静な通りは、お洒落なカフェからローカルな市場までが雑多に詰まった上海の縮図である。和食の満腹満足料亭桂もこの通りだし、大好きなニョニャ料理やお世話になっているペットショップ、まだ未発掘のカフェやパン屋などが揃っているのだ。

様々なカレーなどが並ぶプレートランチ:クリックで拡大
いろいろな料理を少しずつ楽しめるのが魅力のランチ
そんな大沽路の一角に佇むのが、インド料理のマサラ・アートだ。インドから直輸入の家具や小物をあしらう南アジアムード満点の店内で、本格的な北インド料理を楽しめる店である。

ランチタイムには、お得なセットメニューを選びたい。68元のセットには本日のスープと、タンドリーで焼き上げた鶏とラム、そして3種のカレーにナンとライス、ワインやビールなどが1杯つく。

少しずつのように見えてボリュームがあり、ナンやライスが食べ放題なのも食いしん坊には嬉しい。ほどよい酸味の効いたタンドリー料理は、スパイスの香り豊かな逸品。カレーは北インドらしくまろやかな辛さで個人的には物足りないが、丁寧に調合された香辛料が芸術的だった。

インド料理が大好きなぼくにとって、またひとつ食事時の選択肢が増えたようである。

 

-------------------------------------------------
Masala art / 香料芸術印度餐廳
種別 インド料理(北インド料理)
住所 上海市静安区大沽路397号 (大沽路 x 成都北路、交差点を西)
営業 11:00~14:30 / 17:30~22:30
電話 021-6327-3571
交通 地鉄2号 南京西路 徒歩12分 / 公交 延安中路(36,253,869,933,952B路)ほか
予算 ランチA 48RMB / ランチB 68RMB / 青島ビール 25RMB
言語 英語 / 中国語
菜単 英語 / 中国語 / 写真なし
備考 武夷路にも姉妹店アリ / ランチタイムはお得なセットメニューを
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-07-05 01:00 | 街角グルメ
 
はじめに味ありき (Xin Shanghai)
『ころり』というおばんざいの店が旨いと聞きつけ、婁山関路まで足を延ばしてみた。

ところが店の扉は堅く閉ざされ、この日はどうやら休業のようである。定休、臨時休業などに関する貼り紙もないので、一時的なものなのか、それとも既に閉店してしまったのかも定かではない。人気店にも関わらず、数ヶ月で閉店することもある上海。情報をお持ちの方は教えて頂きたい。

握りずしスタイルゆず味噌ドレッシング:クリックで拡大
フレンチのような盛り付けは興味深いが、味付けは微妙
さて、急に目的地がなくなってしまい、どうするかと考えていたところ、同じ建物内にある創作和食の店『Xin Shanghai』が目についた。

福岡の人気レストラン『サラマンジェ・シュウ』のオーナーシェフ、植山修次氏をアドバイザーに迎えた同店の料理は、和洋折衷のオリジナル創作料理。白壁にブルーの照明が印象的な店内で、工夫たっぷりの皿を楽しませてくれる。

フレンチを思わせる盛り付けの料理は、ときに白磁の上にソースで模様を描き、ときに縦方向に堆く積み上げる。パッと見はどこの国の料理か判らないが、食べてみれば根底に流れるのは和の心だと気が付く。ただし、どの料理も工夫は凄いものの、見かけ倒しが多いのが残念だ。

せっかく外食するからには見た目や素材、技法で驚きを与えて欲しいと思う。ただしそれは、はじめに味ありきではないだろうか。どんなに奇抜な見た目や大胆な技法を使っていても、旨くなければ意味がない。素直に旨いと思える皿もあったが、やや技巧に走り過ぎだと感じる店だった。

 

-------------------------------------------------
Xin Shanghai Restaurant
種別 日本料理(創作料理)
住所 上海市長寧区雲霧山路77号 (雲霧山路 x 婁山関路、交差点付近)
営業 11:00~14:00 / 17:30~23:00
電話 021-5206-2852
交通 地鉄2号 婁山関路 徒歩12分
予算 夏のおもてなし(コース) 150RMB / 握りゆず味噌ドレッシング 50RMB ほか
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 中国語 / 英語 / 写真なし
備考 見目にも楽しい創作料理の数々 / お得なコース料理もあり
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-07-04 01:00 | 街角グルメ
 
読者からの誘い (浪漫亭)
このブログのファンだという方から、うちの店に食べに来て欲しいとの依頼を受けた。

店の宣伝をして欲しいということでもなく、素直な感想を聞かせて欲しいのだという。誉めちぎる記事を書くのは簡単なことだが、それは相手も望まないことだろう。とはいえ、面と向かって批評できるたしかな舌や度胸は持ち合わせていないので、こっそり匿名で取材させて頂くことにした。

大根バウムクーヘン:クリックで拡大
薄切りの豚とかつら剥きした大根を使ったアイデア料理だ
そんな想いで訪れた浪漫亭は、焼き肉と創作日本料理の店。ジャズの流れるシックな店内は、ゆったりとした間取りで雰囲気は悪くない。きびきびと立ち働く店員たちも、日本語がたどたどしいことを除けばサービスも上々だ。

刺し身や天ぷら、焼き肉などお薦め料理がセットになったお得なコースは、2人前からの注文。同行の妻はあまり空腹ではないので断念した。

寿司盛合せや鶏空揚げなどはもう少し頑張って欲しいと感じたが、面白いなと思ったのが大根バウムクーヘン。一見ただの肉塊だが、じつは薄切り肉とかつら剥きした大根を、バウムクーヘンのようにクルクルと巻いている。大根の消化酵素の働きか、肉がすごく柔らかくなっていた。

口の中でとろけるような肉に、ほのかな大根の香りがマッチしている。ただ、味付けがかなり濃いので、ふたりでこれを完食するのは大変だ。タレのあんかけをみぞれにするか、おろしぽん酢で食べるようにすれば、よりさっぱり頂けるのではないかと感じた。アイデアはよいだけに残念だ。

他の料理の発想も面白い。お薦めとはいい難いが、さらなる工夫と今後の成長に期待したい。

 

-------------------------------------------------
浪漫亭 / Romantei
種別 日本料理(焼き肉、創作料理)
住所 上海市盧湾区瑞金一路139号 復興商厦2F (瑞金一路 x 長楽路、交差点付近)
営業 11:30~14:00 / 17:00~1:00
電話 021-5382-2240
交通 公交 淮海中路(24,41,104,128,955路)ほか
予算 大根バウムクーヘン 50RMB / 寿司盛り竹 108RMB / 釜炊きごはん 20RMBほか
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 中国語 / 写真あり(一部)
備考 お得なコース料理は2名以上から
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-07-03 01:00 | 街角グルメ
 
洋弓にチャレンジ (道順射箭館)
上海には様々なスポーツ施設がある。

卓球、バドミントン、ボウリングなど、一般的なものはもちろん、実弾射撃に屋内スキー、本格的なカートやダイビング、ロッククライミングだって楽しめる。そして今回体験したのがアーチェリーだ。

アーチェリー:クリックで拡大
初心者にも丁寧に指導してくれるので、初めてでも安心だ
薄暗い階段を下っていくと、地下に奥行きのある空間が現われる。射距離18メートルの正式なものと、10メートルの練習用がある。今回は初めてなので、後者を利用させてもらった。

係の小姐に装備をつけて貰い、まずは簡単な説明を受ける。が、中国語初級者への配慮はないので、早口でまくし立てる内容はほとんど聞き取れない。こうなれば見よう見まねだ。

幸い、実際に射る段階も係員が手取り足取り指導してくれるので、なんとかなりそうだ。指示に従い矢を番え、ゆっくりと弦を引き絞る。文字通りピンと張りつめた緊張感を覚えつつ手を放すと、矢が放たれる。一直線に飛んだ矢が的に吸い込まれるのは、最高に気持ちよい瞬間だ。

なかなか狙い通りにはいかないが、それでもかなり楽しかった。意外と金のかかるスポーツだそうで、うっかりはまってしまうと大変だが、機会があればまたチャレンジしてみたいものだ。

 

-------------------------------------------------
上海道順射箭館 / Daoshun Archery
種別 遊戯施設(アーチェリー)
住所 上海市黄浦区雲南南路293号 (雲南南路 x 淮海東路、交差点を南)
営業 9:00~2:00
電話 021-6320-0062 / 021-6473-6819
交通 公交 淮海東路(42,783,945,980路)ほか
予算 9:00~13:00 1組(12支箭) 8RMB / 13:00~2:00 1組 12RMB
言語 中国語
備考 会員カード購入で特典あり(ゴールド会員は6割引きなど)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-07-02 01:00 | 中国的生活
 
逆輸入中華料理 (獅仙行)
上海にて本場の八宝菜を食べようと思って、探してしまったことはないだろうか。

もちろん似たような料理もあるにはあるが、日本で食べるそれとは違う。そもそも八宝菜や天津飯などは日本で生まれた和製中華で、本場の八宝菜などははじめから存在しないのである。

涼麺:クリックで拡大
まるでパスタのようだが、じつは中華料理だ
そんな日本生まれの和製中華を上海に逆輸入したのが、「本場中国で日本の中華料理を!」をコンセプトに試験営業中の獅仙行だ。

老房子を改装した店舗は3階建。1階はエントランスと厨房、2階は大人数にも対応できる個室、そして3階は4人かけテーブルが並ぶホールとなっていた。白を基調とした店内は柔らかな照明に照らされ、落ち着いた雰囲気である。

価格設定はやや高めのメニューには、酢豚や八宝菜、エビチリなどお馴染みの料理が並ぶ。神戸・南京町にある本店、民生の人気メニューであるイカの天ぷらなども楽しむことができる。花切りにしたイカの纏う衣はサックリと軽く、その味付けと相まって箸が止まらなくなってしまう。

やや気になったのは全体的に塩気が強いと感じたことだが、同行者は普通だと述べていたので好みの問題かもしれない。ソフトオープン直後ということでたどたどしさを感じるものの、全体的なサービスも悪くない。予算にあわせたお得なコースも充実しており、接待にも使えそうな店だ。

 

-------------------------------------------------
獅仙行(シセンコウ)
種別 中国料理(日式)
住所 上海市静安区烏魯木齊中路5号-1 (烏魯木齊中路 x 華山路、交差点を南)
営業 試営業中につき不定(要確認)
電話 021-6248-3066
交通 地鉄2号 静安寺から徒歩13分 / 公交 烏魯木齊中路(48,113,506,548路)ほか
予算 八宝菜 48RMB / 酢豚 58RMB / エビチリ 88RMBほか
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 中国語 / 写真なし
備考 7月末まで試験営業中にて、全品2割引き中
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-07-01 01:00 | 街角グルメ


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク