excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2006年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
さよなら2006年 in 杭州
海外にて年越しというのは、なかなか憧れのシチュエーションである。

しかし、考えてみれば今住んでいるのは中華人民共和国であり、紛れもない海外だといえる。
つまり2006年の元旦も海外で迎えたわけだが、旅行先と住んでいる街では意味も違うだろう。

逆をいえば上海から出さえすればそこは旅先であり、憧れの海外年越しを実現可能なのだ。

そんなわけで年末は小旅行でもと考えていたら、友人のfamifamiさんから杭州旅行のお誘い。
渡りに舟だとばかりにごいっしょさせて頂くことになり、年末年始は仲間たちと旅空の下となる。

かつてマルコポーロが『世界で最も美しく、華やかな天上都市』と記した街で新年を迎えるのだ。

河坊街:クリックで拡大 名物、東坡肉:クリックで拡大 小吃街:クリックで拡大 太極茶道:クリックで拡大

上海から杭州までは列車で約2時間、思っていた以上に気軽に訪れることのできる街だ。

西湖の畔に佇む水郷のような街並みを想像していたのだが、予想以上に近代的な風景に驚く。
安宿にチェックインして荷物を預けて、まずは河坊街という古い街並みを再現した通りへ向かう。

みやげ物が並ぶ通りは明らかに観光客向けだが、それでも雰囲気ある街並みは悪くなかった。

小さな博物館を覗いたり、露天で買い食いしたり観光を満喫し、休憩がてらある有名な茶館へ。
そこで出会った日本からの旅人Didiは、行く宛もなく茶館でひとり、淋しく文庫本を読んでいた。

旅は道連れ、せっかくならばごいっしょしようということになり、新たな旅のメンバーが加わった。

ライトアップされた木々:クリックで拡大 西湖天地:クリックで拡大 西湖を望む:クリックで拡大 集合写真:クリックで拡大

150年の歴史を持つ老舗楼外楼にて、伝統的な杭州料理に舌鼓を打ったあとは西湖天地へ。

西湖天地はお洒落なカフェやレストランが立ち並ぶ、上海新天地と同じデザイナーによるエリア。
木々や建物にイルミネーションが施され、昔ながらの西湖とはまた違った魅力の人気スポットだ。

そこから湖沿いに北上していくと、西湖の風景を一望にできるテーブル付きのベンチが並ぶ。

その一角を日本人で陣取って、スタバで買ったコーヒーで温まりながら他愛のないおしゃべり。
今日のこと、今年のこと、来年のことに想いをめぐらせながら、いつ果てるともなく会話が続く。

やがて23時を迎え、周囲の中国人から奇異の目で見られつつも、日本の新年に歓声をあげた。

日本人先行カウントダウン:クリックで拡大 カウントダウンパーティ:クリックで拡大 Happy New Year!:クリックで拡大

カウントダウンは、湖畔にそびえるハイアット・リージェンシ-のエントランスにて、セレブ気分で。

巨大スクリーンに映し出されたカウントダウンを、中国人も、日本人も、欧米人も一斉に唱える。
カウントがゼロになり、大きな拍手と歓声に包まれながら、天上から数百の風船が降り注いだ。

ぼくらは不思議な高揚と連帯感を胸に覚えつつ、シャンパンで乾杯して2007年到来を祝った。

宴の後、思った通りタクシーは掴まらなかったけれど、彼女たちと歩くのは苦痛ではなかった。
妻を除いて全員、2006年に知り合った仲間らと、こうして新たな年を迎えられたのが嬉しい。

2007年にはいったい、どれだけの人たちと出会えるのかと、楽しみに思いつつ宿へと戻った。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-31 01:00 | 観光情報
 
空飛ぶ象のロシア料理 (飛象西餐庁)
ロシア料理について聞かれても、恥ずかしながらボルシチやピロシキしか思い浮かばなかった。

ひとくちにロシアといっても、旧ソ連時代から考えればウクライナや中央アジア地域も含まれる
広大な国土を持つ国であり、それ故に地方色はとても豊かなので単純に一括りにはできない。

またカツレツ、ピラフ、ロールキャベツなどはロシアを祖とするもので、日本人にも馴染み深い。

そんなロシアの味を上海でも楽しめるのが、黄浦区にあるロシア料理の Flying Elephant だ。
素朴な感じの店内で、ロシア国旗をイメージした赤と青のテーブルクロスに白い食器が映える。

メニューはすべて写真つき、英語表記もあるのでロシア料理初心者でもイメージをつけやすい。

ボルシチ:クリックで拡大 店内の様子:クリックで拡大 ナスとトマトのソテー:クリックで拡大 牛タンのグラタン風:クリックで拡大

写真の見た目と直感でオーダーした料理は、全部で8種類だがポーションは意外と小さい。

ロシア料理を喰うならこれは外せないと思っていたボルシチは、じつはウクライナの郷土料理。
刻んだビーツから出る赤色が食欲をそそり、たっぷりの野菜の旨味は身も心もほっとする味だ。

主食欄の麺はロシア麺かと思ってオーダーしたのだが、なぜかスパゲティが出たのはご愛敬。

ぼくのオーダーが悪かっただけかもしれぬが、全体的に見ると昔ながらの洋食のイメージだ。
素朴な塩コショウのみの味付けが多いが、寒い地方の料理らしく油がこってり過ぎるのが難点。

口の中が油っこくなったら、火の酒ヴォドカ(ウオッカ)にて洗い流すのがロシア流なのだろうか。

 

-------------------------------------------------
Flying Elephant Russian Restaurant / 飛象西餐庁
住所 上海市黄浦区広東路525号 金外灘賓館3F (湖北路 x 広東路、交差点付近)
営業 11:00~05:00
電話 03-6351-0797
予算 218RMB(2名8品+ビール3本) / ボルシチ 20RMB / 牛タングラタン 34RMB ほか
交通 公交 東新橋(14路)、福建中路(584,980,隧道3,隧道6,上川線)ほか
言語 ロシア語 / 中国語 / 英語?
菜単 ロシア語 / 中国語 / 英語 / 写真あり
備考 陽気な3人組によるライブショーあり(時間は要確認)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-30 01:00 | 街角グルメ
 
お土産スイーツ (莉蓮蛋撻餅屋)
日本に居たころは、帰り道にてよくケーキなどの洋菓子を買い求めていた。

会社の最寄り駅に隣接した百貨店があり、さまざまなスイーツの入手先にはこと困らなかった。
また、地元駅前にも少しばかり有名なケーキ屋があるので、ここでもよく買って帰ったものだ。

ぼく自身が喰いたいというよりは、土産の包みに大はしゃぎする妻の笑顔が見たかったからだ。

ところが、上海に来てからはすっかり土産を買わなくなった、というよりも買えなくなってしまった。
会社帰りには旨そうなスイーツを扱う店がなく、バス通勤でドア to ドアになったのも大きかった。

こんなとき、旨いものが豊富に集まってくる日本のデパ地下は、恵まれているとつくづく思うのだ。

店舗外観:クリックで拡大 カプチーノ:クリックで拡大 ティラミス:クリックで拡大 チーズケーキ:クリックで拡大

莉蓮のエッグタルトは会社帰りに手に入る数少ない良質なスイーツで、妻もお気に入りの品だ。

こちらではケーキなども扱うが、ローカル店のそれには苦い想い出があり、今まで敬遠していた。
だが、タルトはなかなか旨いわけだし、食わず嫌いはよくないと思い直していくつか買い求めた。

価格はひとつ10元前後だが、閉店間際のせいか全品2割引き。お得感はなかなか大きかった。

味についてはやや甘さが強すぎると感じるが、全体的な評価としてはそれほど悪くないだろう。
値段的にいえばライバルはコンビニスイーツと考えれば、十分に及第点を与えてもよいと思う。

わざわざ買いに出向くものではないが、近くを通りがかかったときの選択肢にはなりそうである。

 

-------------------------------------------------
莉蓮蛋撻餅屋(Lillian Cake Shop)
住所 上海市黄浦区南京西路2-68号 新世界城B1F (南京西路 x 西蔵中路、交差点西)
電話 021-6359-1678
予算 ティラミス 12RMB / カプチーノ 11RMB / チーズケーキ 10.8RMB ほか
交通 地鉄2号 人民広場より徒歩2分 / 公交 西蔵中路(20路)など
言語 中国語
備考 夜間(閉店前)はケーキ全品2割引き!
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-29 01:00 | 街角グルメ
 
Raffles Cityに舞う雪
人工降雪機と聞いて思い出すのは、日本でも大ヒットしたドラマ『冬のソナタ』のワンシーンだ。

サンヒョクとの仲直りに失敗し、スキー場へ舞い戻ったユジンは、ミニョンの前で明るく振る舞う。
だが、ミニョンは彼女が嘘をついていることに気がつき、稼働中の降雪機の前まで連れていく。

「ここなら誰にも聞こえないから、大声で泣いても大丈夫ですよ。ユジンさん泣きたい顔してます」

そういい残してそっと立ち去るミニョンと、ひらひらと舞い散る雪の下で大粒の涙を零すユジン。
今、思い返してみても魂を揺さぶられるような、とても印象深い名シーンではないだろうか。

そんな人工降雪機が福州路の来福士広場に設置されていると聞き、会社帰りに見学してきた。

今年はなぜか城:クリックで拡大 人工降雪(風)マシーン:クリックで拡大 風に舞い散る様はまるで吹雪:クリックで拡大

来福士(Raffles City)では毎年、趣向を凝らしたツリーを展示するが、今年はなぜか城だった。

その城の上部に人工降雪機が設えられ、さながら粉雪のような白いものがひらひらと舞い散る。
冬ソナの劇中で使われていたのは本物の雪を飛ばすタイプだが、こちらは細かい泡を飛ばす。

アクアスノーと呼ばれる型で、屋内でも利用可能な点や、ゆっくり舞い落ちる様に定評がある。

おだやかに白い雪が舞い落ちる様は幻想的で、通りを行く市民たちも足を止めて見入っていた。
ただし、ひらひらと舞うのは数瞬だけで、この日は風が強いので真横に吹きつけ吹雪のようだ。

幻想的な雰囲気は一転、雪山で遭難しそうな気分に突き落とされ、苦笑せざるを得なかった。

 

-------------------------------------------------
来福士広場 / Raffles City
住所 上海市黄浦区福州路318号 (福州路 x 西蔵中路、交差点)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-28 01:00 | 中国的生活
 
友の入院とごま豆腐 (てんや)
友人のmomoちゃんが怪我してしまい、年末年始は病院のベッドで過ごさねばならなくなった。

当初は背骨が折れたとか手術が必要などなど情報が錯綜し、大丈夫かと心配していたのだが
入院期間は少し長いものの、脊椎を損傷したなどの大事はないらしくホッと胸を撫で下ろした。

ぼくも昔、事故で2ヶ月ほど入院した経験があるので、ベッド生活の退屈さは身に染みている。

気の利いた見舞いの品なんかよりも、友が訪ねてきてくれることのほうが100倍も嬉しかった。
一時帰国や多忙に感けて未だ顔を出せてないが、年明け早々にでも見舞いに行こうと思う。

どうか早く元気になって、またいっしょに旨いものでも食べに行けたらなと思う今日この頃である。

落ち着いたカウンター席:クリックで拡大 ネットリ濃厚な胡麻豆腐:クリックで拡大 店内の様子:クリックで拡大 つくね:クリックで拡大

そんなmomoちゃんが、あそこのごま豆腐は絶品だと紹介してくれたのが、古羊路のてんやだ。

てんやと聞けばマグロと蟹の専門店である天家を想像しがちだが、こちらは平仮名表記である。
神戸にて8年間、和食店を営んでいたという店主が、ここ上海に店を構えたのは昨年の10月。

神戸でも人気だったというごま豆腐は、ほのかな甘みとねっとりとした食感でデザートのようだ。

3種の惣菜が乗った付きだしは、そのまま商品にしても通じそうだし、見た目も可愛らしかった。
スパイシーな味付けに酸味の効いた手羽先も絶品で、これがあればビールが進むことだろう。

和食激戦区の古羊路にあって、着実に常連客を増やしているには訳があると納得できる店だ。

 

-------------------------------------------------
てんや
住所 上海市閔行区古羊路539号 (古羊路 x 宋園路、交差点付西)
営業 17:30~23:30
電話 021-5477-3944
予算 372RMB(2名8品、飲料込み) / 自家製ごま豆腐 42RMB / ふろ吹き大根 33RMB
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 中国語 / 写真なし / 日替りメニューあり(日本語のみ)
備考 日曜は子供1人につき5%オフ!
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-27 01:00 | 街角グルメ
 
さよなら Tatami Bar & Gallery
こうちゃん送別会の二次会は、久しぶりのTatami Bar & Gallery に河岸を移し大人の時間。

2階の座敷スペースにてまったりしながら、我らがSアニキに子供が出来た話しで盛り上がったり
ダーツで真剣勝負したり、愛と結婚と裸エプロンについて熱く語り合ったりと思い思いに過ごす。

誰もが穏やかな時間の流れに身を委ねつつ、またひとりの仲間をこの店から見送ったのだった。

これまで幾人もの友を見送ってきた Tatami Bar だが、まさかこれが最後だとは思わなかった。
戸口くんはいつもと変わらぬ雰囲気だったのに、数日後にはそんな重大発表を控えていたとは。

大好きな Tatami が今月30日で閉店という知らせを、ぼくは送別会の翌々日に受け取った。

ダーツのある風景:クリックで拡大 スコッチのある風景:クリックで拡大 まったり中 コロナで乾杯:クリックで拡大

永遠なんて気やすく使う言葉ではないが、それでも Tatamiは ずっとそこにある気がしていた。

気の置ける仲間たちとのちょっとした集りや、ひとりが淋しい夜にフラリと訪れられる場所として。
常連とはとても名乗れぬが、思い出したように訪ねてもいつも変わらず迎え入れてくれる場所。

そんな Tatami があと1週間も経たずに消えて無くなるという事実が、俄には信じられなかった。

「かたち」あるものはいつか必ず消えていくし、Tatami が無くなってしまうのもまた必然であろう。
けれど Tatami で過ごした時間や、出会いの数々は、いつまでもぼくの記憶の片隅に残るのだ。

さよなら、Tatami Bar & Gallery ……素敵な時間とたくさんの想い出を、どうもありがとう。

 

-------------------------------------------------
Tatami Bar & Gallery
住所 上海市盧湾区永嘉路21号(永嘉路 x 茂名南路、交差点を東)
営業 18:30~21:30(ディナータイム) / 20:00~2:00(バー)
電話 021-6474-2732
交通 公交 瑞金医院(41,96,104,146,128)、永嘉路(301,786,955)ほか
予算 カクテル 40RMB / 新亜面 30RMB
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 英語 / 中国語 / 写真なし
備考 2006年12月30日をもって閉店
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-26 01:00 | 日々雑感
 
正体不明の果実
久しぶりにCITY SHOPを訪れたところ、番茘枝(バンレイシ)という不思議な果物を見つけた。

茘枝といえばライチのことだが、見た目は似ても似つかないのであまり関係なさそうである。
とりあえず見たことない食べ物は試してみたくなるので、少し高いなと思いつつ買って帰った。

自宅にて百科事典やインターネットを駆使して調べたところ、番茘枝とは仏頭果のことらしい。

仏頭果なら以前にも食べたが見た目が違うので、さらに調べてみたところ近縁種が多いそうだ。
チェリモヤ種のアンボネートというのに似ているのだが、微妙に特徴が違うので別物らしい。

結局、いくら調べてみても埒が明かないので、正体不明のままだが試食してみることにした。

番茘枝(パッケージ):クリックで拡大 番茘枝(外観):クリックで拡大 番茘枝(切り分け後):クリックで拡大

縦に庖丁を入れると思ったよりも柔らかく、時折引っかかるのは黒い小豆大の種のせいである。

真っ白な果肉は美しいが、空気に触れるとみるみるうちに酸化するようで薄茶色に変色していく。
さらに食べ易いよう4つ割りにして、妻とふたりで恐る恐るながら果肉にずぶりと前歯を立てた。

クリーミーな食感の果肉内には種が多いので食べにくく、砂糖をまぶしたような強い甘みがある。

果皮がもっと茶色く、手で持つと柔らかくなってからが食べ頃らしいから少し早すぎるようだった。
よって正当な評価ではないかもしれぬが、特別に旨いとも思えず、次もまた買おうとは思えない。

もうひとつはしっかり熟して食べようと置いてあるので、味に変化があればまた報告させて頂く。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-25 01:00 | 街角グルメ
 
イブの過ごし方 (Thai House)
ここ数年、クリスマスはいつも、妻とふたりっきりで過ごしていたように思う。

去年は何故か映画村南翔で過ごし、その前2年は韓国で迎えるクリスマスを楽しんでいた。
ふたりで過ごす時間ももちろん大切だけど、結婚前に仲間と過ごしたクリスマスも捨てがたい。

だが、親しい仲間たちは既婚者に遠慮しているのか、結婚後は誘いの声はかからなくなった。

今年のクリスマスも妻とふたりで過ごすつもりであったが、友人からパーティへの招待状が届く。
前日にも別のパーティに誘われたりと、こちらでは皆、気軽に声をかけてくれるのが嬉しかった。

そんなわけで今年のクリスマスは妻を伴い、久しぶりの仲間たちと過ごす時間を楽しんできた。

様々な料理が並ぶ:クリックで拡大 サンタ妻 泰式炒麺 サンタ帽でぴーす!

パーティの会場はお馴染みThai Houseで、他の客もいないことから完全な貸切り状態だった。

テーブル上にはエスニックな料理が並べられ、ハルビンビールで乾杯とクリスマスらしさはない。
ただし、クリスチャンでもない限りは、こうやって集まって騒ぐ理由になれば、それでよいと思う。

家族と、恋人と、友達と、大切な人と楽しい時間を過ごす理由になれば、神様だって本望だろう。

宴の終盤、仲間のひとりが持ち込んだサンタ帽を被って、なぜか各人のポートレート撮影大会。
結局、クリスマスっぽかったのはここだけだったが、昼間から飲んで笑って楽しいひとときだった。

妻とふたり、甘い時間を過ごすのもよいけれど、こうやって仲間と騒ぐのもよいものだなと思う。

 

-------------------------------------------------
Thai House
住所 上海市静安区武定路657弄12号205室 (武定路 x 西康路、交差点を西)
営業 11:00~02:00
電話 021-6215-6690
交通 公交 康定路(24,304路)、新閘路(24,206,304路)ほか
予算 グリーンカレー 30RMB / タイ春巻 25RMB / 海鮮サラダ 30RMB ほか
言語 タイ語 / 中国語(老板を除き片言レベル)
菜単 タイ語 / 中国語 / 英語 / 写真なし
備考 誕生日には10%オフ / 無料配達(半径3km内、40RMB以上) / お得なランチあり
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-24 01:00 | 交流
 
ガッツリ食いましょう 2006忘年会
寧波から上海へとやってきたこうちゃんとは、ブログを通じて知り合った。

はじめはブログのコメント欄などのやり取りから始まり、第一回海鮮まつりで初顔合せとなった。
その後は彼の企画する飲み会に参加させて貰ったりして、彼を通じて新たな縁にも恵まれた。

そんなこうちゃんの帰任が決まり、1月に入ってすぐ完全帰国してしまうと風の便りに聞いた。

本人の意志に関わらず帰国を迫られるのは、我ら駐在員の運命(さだめ)みたいなものだろう。
避けられぬ運命ならば、せめて盛大に送り出そうと、忘年会を兼ねた大送別会が開催された。

リーズナブルな価格で旨い料理を楽しめる日式焼肉初穂に、彼を慕う15名の男女が集まった。

盛り上がってます 絶品、タン刺し身:クリックで拡大 集合写真

中にはこうちゃんとは初対面という人もいたが、そこはそれ名目は忘年会なので問題なしだ。

別れは切ないものだけれど、その席上で新たな出会いが生れるのならまんざらでもないだろう。
こうちゃんともこれで終わりではなく、日本帰国の際に訪ねていける友人が増えたと考えたい。

上海で得られた縁(えにし)がやがて各所に散らばり、全国に友達ができるとは素敵なことだ。

今より縁遠くなってしまうのはたしかだけれど、これからも出張で来られるそうなのでひと安心。
上海にお越しの際には声をかけて頂ければ、きっと多くの仲間たちが参集してくれるであろう。

ぼくも機会あればそっちへ行きますので、ぜひ噂の『このま』に連れていってくださいませ。

 

-------------------------------------------------
日式焼き肉 初穂
住所 上海市盧湾区淮海中路99号 (淮海中路 x 普安路、大上海時代広場6階)
電話 021-6385-3078
営業 11:30~14:00 / 17:00~22:00
交通 地鉄1号 黄陂南路 徒歩8分 / 公交 西蔵南路(911,932,926,945,320)ほか
予算 食べ飲み放題 138RMB(予約なしは148RMB、単品オーダーも可能)
言語 中国語 / 日本語
菜単 日本語 / 中国語 / 写真なし
備考 牛タン刺し身は要チェック
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-23 01:00 | 街角グルメ
 
あなたならどう食べる? (夏麺館)
蘇州麺とはその名の通り、蘇州を中心に食べられている麺料理である。

かなりあっさりとした鶏がらベースのスープに、細めのストレート麺が入ったシンプルな料理だ。
好みでトッピングを選べるのだが、別皿として出てくるので人によっていろいろな食べ方がある。

別々のまま交互に喰う人もいれば、半分食べてから混ぜ合わせたり、始めからぶっかける人も。

日本人ならばさらに白ごはんと組合わせて、多種多様なパターンの食べ方が想像できそうだが
中国人にはラーメンライスとか、ライスと餃子の組合わせはあり得ないそうで、勿体ない話しだ。

たとえ炭水化物の取り過ぎだといわれようと、ラーメンとライスの組合わせは捨てられないのだ。

店舗入り口:クリックで拡大 燻製玉子:クリックで拡大 芹菜牛肉絲拌川 蝦仁腰花麺:クリックで拡大

夏麺館は蘇州麺を中心に扱う店で、ぼくもお気に入りの上海料理店である夏味館の姉妹店だ。

豊富な麺料理のほかに一般的な中国料理も扱っており、大好きな燻製玉子もオーダー可能だ。
麺は本当に多種多様なトッピングがあり迷うが、エビと腰花(豚の腎臓)の炒めをセレクトした。

まずはそのまま啜ってみると、さっぱりとしたスープと麺だけではやや物足りなく感じてしまう。

そこでトッピングの具材を汁ごと、どんぶりの中に投入してやると味に深みと広がりが出来た。
さらに好みで辣醤や香酢などを加えれば、またまた別の味を楽しむことができるのであった。

ただし不味くはないものの、ラーメンは河南や蘭州など大衆的な雰囲気のほうが旨い気がする。

 

-------------------------------------------------
夏麺館
住所 上海市徐匯区肇嘉浜路798号103室 (肇嘉浜路 x 呉興路、交差点付近)
営業 11:30~15:30 / 17:30~22:00
電話 021-6472-8504
交通 公交 天平路徐家匯(44,303,572,712,820,985)ほか
予算 燻製玉子 12RMB / 蝦仁腰花麺 18RMB / 芹菜牛肉絲拌川 18RMB
言語 中国語
菜単 中国語 / 英語 / 写真なし
備考 化学調味料不使用 / 夏味館の系列店
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-22 01:00 | 街角グルメ


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク