excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2006年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
カスタマイズで利便性向上
本店のサーバ移転にともない、いろいろとシステム自体をカスタマイズしています。

見た目的な部分が大きく変わったのはもちろんなのですが、それ意外の部分も
できるだけ使いやすいよう、閲覧しやすいようにと日々改良を加えています。

たとえば右側のサイドバーに最近のエントリー、コメントやトラックバックを
追加してみたり、カテゴリ別の表示を閲覧しやすいようにページ分けしたり。

カテゴリ自体も、今までより細分化することで目的の情報を見つけやすくしています。

最近では、右側の最近のエントリーにカーソルをあわせると概要が表示されたり
すべての記事の概要を見ることができる総索引なども作ってみました。

かなり地味な改変なのですが、気がついた人はいるでしょうか?

少し技術的な話しをすると記事のデータベースをSQLサーバにして高速化を図ったり
全体をPHP化することで、カスタマイズ性や再利用性を大幅に向上させています。

管理サイドの話しですが再度移転する場合でも、前回より容易に可能なはずです。

今後も皆さまがより閲覧しやすいよう改良していきたいと思いますので
こんな機能が欲しいなど、ご意見ご要望をお気軽にお申しつけ下さいませ。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-31 20:25 | 日々雑感
 
とってもベトナム (非常越南)
上海体育館のすぐ近く、飛洲国際の地下に入っている非常越南を訪れました。

華山路と淮海中路の交差点辺りにも、フランス式ベトナム料理で有名な
非常越というお店があるのですが、それのニセ物なのでしょうか。

名前はちょっと紛らわしい感じですが、両者はまったく関係ないようです。

非常越南 非常越南 非常越南 非常越南

入り口は少し安っぽい雰囲気だったのですが、店内は想像よりもずっとお洒落でした。

テーブル席、ソファ席、カウンター風の席など、同じお店の中にいろんなシートがあり
それぞれがなかなか個性的な雰囲気なので、いろいろなパターンで楽しめそうです。

壁にかかるベトナムの暮らしを描いた絵も、お店のイメージ作りに一役買っていました。

食事ではなく、ちょっとしたティータイムのつもりで入ったお店だったのですが
久しぶりのベトナム料理ってことで、ついついあれこれ注文してしまいますね。

大好きなパクチーの香りをかがされたら、どうしても我慢できませんでした。

非常越南 非常越南 非常越南

上海でもあちこちで生春巻を食べましたが、その中でもここは上位にランクイン。

野菜のシャッキリ感、エビのプリプリ感、そしてしっかり効いた香草類がいいですね。
タレはちょっとイマイチでしたが、ブンに付属のソースをつけたらピッタリでした。

逆に生春巻に付属のソースはブンにマッチする気がしましたが、もしかして逆?!

実際に現地へ行ったときには一度も飲まなかったベトナムコーヒーですが
見目にも楽しく、奥深さを感じるちょっとクセになりそうな味でした。

コーヒーに練乳がマッチするなんて、ちょっとしたカルチャーショックです。

しっかりとした夕ご飯にはちょっと足りないかもしれませんが
スナック感覚で利用するにはなかなかよいお店ですね。

体育館へはよく行きますので、これからもちょくちょく訪れるかもしれません。

 

-------------------------------------------------
茶餐庁 非常越南
上海市徐匯区零陵路899号 飛洲国際B1F-13(零陵路 x 漕渓北路、近:上海体育館)
電話 021-6438-8999
交通 地鉄1,4号 上海体育館 / 公交 上海体育館(984,985)路ほか
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-30 20:21 | 街角グルメ
 
長江デルタ小吃まつり
豫園商城で開催されていた、民間小吃巡展というイベントに参加してきました。

中国系フリーペーパー『時代報』によれば、長江デルタ地域に伝わる
民間の軽食(小吃)を一堂に集めた、食のお祭りなのだそうです。

豫園商城 豫園商城 豫園商城

いつもすごい人出の豫園商城ですが、この日は身動きにも困るほどの大混雑。

広場の中心に仮設店舗のようなものが設置されており、それを取り囲むようにして
大勢の人たちが少しでも前へ出ようと、押し合い圧し合いしていました。

小振りの屋台も見られますし、常設店も便乗して店頭販売を行なっていました。

扱っている小吃は多岐にわたり、街中で売っている馴染みのものばかりでなく
今までお目にかかったことのないような珍しいものもあったりするようです。

七宝や朱家角など観光地の有名店も出店しているようで、長蛇の列が出来ていました。

豫園商城 豫園商城 豫園商城 豫園商城

あれもこれも美味しそうではあるのですが、あの群集に飛び込むのは勇気がいります。

おまけに場所代と考えれば仕方ないのかもしれませんが、相場の2~3倍程度の
価格設定で、ちょっと高すぎるのではないかと手を出しかねてしまいました。

2~3倍といっても普段は1元のものが、2元や2.5元になっただけなんですけどね。

ぐるりと一通りは観てまわったものの、大行列してまで食べたいものも少なく
ちょっとだけ買い食いしただけで、あとは雰囲気を楽しむのみに留めました。

 

-------------------------------------------------
民間小吃巡展
場所 豫園商城内各所
期間 2006/03/18 ~ 2006/03/28

豫園商城 (総公司)
上海市黄浦区方浜中路269号 (方浜中路 x 旧校場路)
電話 021-6355-0000
交通 公交 人民路(11,64,126,926,930,945)、河南南路(66,929,932,969)など
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-29 23:00 | 街角グルメ
 
素朴であったか東北料理 (東北人)
WISH CLUB華日クラブ親睦会で利用して以来、東北人は我が家のお気に入り。

日本人にも馴染みやすい素朴な味や、切り絵など散りばめた民族調の可愛らしい内装。
そして知らないはずなのにどこか懐かしい、そんな東北の純朴さを感じる場所です。

東北人 東北人 東北人

今回はいつもと違う陜西南路店を訪れてみたのですが、こちらも可愛いお店でした。

この日はかなり混み合っていたのですが、待ち合いでお茶と向日葵のタネをサービス。
器用に殻を割って中身だけを舌先で取り出す、彼らのテクニックは真似できませんね。

ただし床の上が向日葵の殻だらけで、まるでハムスター小屋のような有り様です。

30分くらい待たされましたが、ビン詰めにされたヘビやトカゲのお酒を眺めたり
オープンキッチンで作られる東北小吃などを見学していたらあっという間。

混雑時に待たされるのは仕方ないけど、退屈させない工夫は嬉しいですね。

東北人 東北人 東北人 東北人

ここのお店ではいろいろな生野菜を、特製の肉みそに付けて食べることができます。

ラディッシュと肉みその取り合わせはちょっと疑問ですが、素材自体が美味しいので
なにもつけずに、そのままバリバリとかじるのはなかなかの快感でした。

残った分はお持ち帰りしてマヨネーズを付けて食べましたが、これがまた旨い!

写真右端の料理はモチモチした生地の中にフルーツを入れて、さっと揚げたものに
溶かした飴を絡めただけのシンプルな料理ですが、奥さんの大のお気に入り。

表面は固まった飴がパリパリとした食感で、中からはじわりと甘味が広がります。

素早く水に浸けないと、くっついたまま固まってしまうので食べにくいのですが
甘いものが好きなら、これはぜひオーダーして貰いたい逸品ではないでしょうか。

そこそこ美味しくて値段も安いので、今後もちょくちょく利用しそうです。

 

-------------------------------------------------
東北人 連鎖餃子坊 陜西南路店
上海市盧湾区陜西南路3号2F (延安中路 x 陜西南路)
電話 021-5228-8288 / 021-5228-9898
営業 10:00~22:00
交通 公交 陜西北路(01,71,127,925,936)、延安中路(24,104,304)など
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-28 23:00 | 街角グルメ
 
春を探しに (上海植物園)
上海でもお花見を楽しもうと、4ヶ月ぶりに上海植物園を訪れました。

自宅からはバスでえっちらおっちら、上海体育館のバスセンターまで移動して
そこから720路のバスに乗り換えて15分くらいで目的地に到着します。

上海植物園 上海植物園 上海植物園

15元の入場料を払って園内に入ると、そこかしこに春の息吹が感じられました。

下草は柔らかな新芽を覗かせていますし、木々たちは早くも萌ゆる緑に衣替え。
名も知らない小さな花が咲き乱れ、その中を羽虫たちが飛び回っています。

街中でも春を感じることはできますが、ここでは溢れかえるほどの春がありました。

前回は人影も少なめだった植物園ですが、ここ数日は晴天に恵まれているせいか
多くの市民たちも訪れており、それぞれ思い思いに春の休日を楽しんでいました。

芝生の上でお弁当を広げる家族もちらほら、ぼくらも持ってくればよかったですね。

上海植物園 上海植物園 上海植物園

今回は東側の1号門から入ったのですが、お目当ての桜はあまり見かけません。

小さな桜の木は少しだけ見られるのですが、量もサイズもちょっと物足りません。
中国で桜はそれほど人気がないそうなので、これが精いっぱいなのでしょうか。

その代わり、あちらこちらに桃が満開となっており見目にも楽しむことができました。

日本ではあまり馴染みのなかった桃の花ですが、ピンク色でなかなか可愛らしいです。
タイミング的にはちょうど見ごろのようで、たくさんの花を見ることができました。

美味しいだけでなく、こんなに可愛らしい花を咲かせるなんて罪な植物ですね。

上海植物園 上海植物園 上海植物園 上海植物園

そこからさらに園内を歩いていると、池のほとりに沢山の桜が咲いているのが見えました。

少し小振りなものが多いものの、それなりの本数がまとまって咲いていますし
なかには結構な樹齢だと思われる、大きな桜の樹もいくつか見られました。

半ば諦めかけていただけに、これだけの数が見られると嬉しさもひとしおですね。

木々の下ではお弁当を広げてすっかりお花見気分の団体もいらっしゃいますし
キレイな桜に囲まれた池では、陽気に誘われて舟遊びを楽しむ人たちも。

ぼくらもさっそく仲間に加えて貰い、お花見気分を満喫することができました。

 

お花見といえば大阪造幣局の桜の通り抜けで、夜桜を楽しむのが我が家の恒例行事。

今年は造幣局の桜には会えそうもありませんが、遠い異国の地の桜も悪くないですね。
来年もこうしてふたり、ここ上海でお花見できるといいな感じた休日の昼下がり。

 

-------------------------------------------------
上海植物園
上海市徐匯区龍呉路1111号 (龍呉路 x 百色路)
電話 021-6451-3369
営業 8:00~17:00
交通 地鉄3号 石龍路 徒歩15分 / 公交 上海植物園(720)など
入場 15RMB (大温室や盆栽園などセットは40RMB)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-27 23:25 | 観光情報
 
輝きながら (GREE上海@3月)
3月度のGREE上海に参加するため、久しぶりに日式焼き肉の初穂を訪れました。

上海ではどちらかといえば韓国式の焼き肉を食べに行くことが多いぼくだけれど
このお店は日式もいいなと思わせてくれる、上海では貴重な焼肉店です。

とくに舌の上でとろける極上のタン刺しは、他ではなかなか食せない逸品でした。

GREE上海 GREE上海 GREE上海

ここしばらく50~100人の参加者が集うGREE上海ですが、今回は25人と小規模です。

たくさんの人と知り合えるといったって、実際にお話できるのは10人から20人が限度。
それ以上の人数になってしまうと、同じ会場にいるだけってことになりかねません。

そういう意味では全体に目が届く、今回のような規模がちょうどかもしれませんね。

いつもお世話になっている方、久しぶりにお会いする方、はじめましての方。
そんないろんな人たちとあれこれ語り合い、とても楽しい時間でした。

料理も旨いし、楽しい会話に花咲いて、あっという間の4時間半が過ぎていきました。

GREE上海 GREE上海 GREE上海 GREE上海

とくに今回はアルトコーヒーの代表、野村さんにお会いできたのが嬉しかったです。

以前より直接お目にかかりたいなとは思っていたのですが、ようやく実現できました。
噂通り話し出したら止まらない方で、貴重なお話をいくつも伺うことができました。

彼以外にも、でっかい夢や目標を持って頑張る人たちがたくさんのGREE上海。

しっかりとした夢や目標を掲げ、それに向けて日々努力されている方たちって
いつもキラキラと眩い光を放っておられるので、ぼくなどは目が眩みそう。

それなりに仕事に遊びに頑張っているつもりだけど、上海駐在員の座を勝ち取るために
日々努力を重ねていたころに比べると、最近のぼくは少し怠け過ぎかもしれません。

上海でこんなことをしていると胸を張って語れるよう、ぼくも頑張らなくっちゃね。

 

-------------------------------------------------
日式焼き肉 初穂
上海市盧湾区淮海中路99号 (淮海中路x普安路、大上海時代広場6階)
電話 021-6385-3078
営業 11:30~14:00 / 17:00~22:00
交通 地鉄1号 黄陂南路 徒歩8分 / 公交 西蔵南路(911,932,926,945,320)ほか

 
GREE上海の活動に興味を持たれた方へ
GREE上海はSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)上の
コミュニティなので、紹介がないと参加することができません。
興味ある方はこちらまでメール頂ければ、招待をお送りします。
(ご注意:タイトルを変えると迷惑メールとして処理されます)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-26 23:50 | 交流
 
上海で人材募集 (外資企業招聘会)
サ・ポートマン・リッツカールトンと同じ敷地内、上海商城で行われた
外資系企業による人材招聘会(就職フェア)に参加してきました。

せっかくよいお天気の土曜日なのに、休日出勤とはツイてないです。

Camellia Camellia Camellia

日本の就職フェアには参加経験ありませんが、おそらく右も左もリクルートスーツ姿。

けど、ここ中国では、実際の入社面接時ですらスーツ姿の人は見られませんから
誰も彼もが私服姿であり、春物衣料に身を包んだ上海女性の華やかさが目立ちます。

国が違えば文化も違うわけですけど、そのギャップの大きさが面白いですね。

午前中のうちはまだ、真面目に職探しに来ているなと思われる人材も多かったものの
午後からは買い物帰りの主婦と思しき人やカップル、ご老人などもチラホラ。

事前登録の大卒以上、職歴2年以上が入場資格だったと思ったんですがどうなんですか?

まだビジネスの話しができるほどの中国語は無理なので、日本語ができる希望者のみ
お相手させて頂いたのですが、日本語ができる(だけ)って人が多くて残念。

こちらの希望は日本語のできる技術者だったんですが、収穫はありませんでした。

次回は5月に同じ場所で開催されるようですが、次はいい人に巡りあえるのでしょうか。
こういうのって縁が大切ですから、良縁に恵まれるよう祈るしかなさそうです。

日本人を募集をしている企業もあったので、現地採用に興味のある方は訪れてみては?

 

-------------------------------------------------
'06時代英才 外資企業招聘会
上海市静安区南京西路1376号 上海商城2F劇院中庭(上海展覧中心対面)
主催 上海時代人才有限公司
協賛 CHINA91 / JobsDB.COM / zhaopin.com / 1010job.com
営業 2006年3月25日(星期六) 09:30~15:00
交通 地鉄2号 静安寺 徒歩10分 / 公交 陜西北路(20,24,37,304,921路)徒歩5分
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-25 23:44 | 中国的生活
 
くつろぎティータイム (TEA Camellia)
買い物や観光で歩き疲れたときには、いつもの茶館でのんびりティータイム。

バレンタインのチョコを買うのに利用して以来、今ではすっかりお気に入りで
奥さんに至っては、こちらで開催されている中国茶教室にも通っています。

Camellia Camellia Camellia Camellia

TEA Camellia のどこがいいって、やはり2階にあるソファ席の存在でしょう。

中国式の茶館もよいのですが、知っているお店はほとんどテーブル席なので
長時間そこに居座っていると、お尻が痛くなってしまうのは避けられません。

その点、ソファ席ならゆったりくつろぐことができるので長時間の滞在も安心です。

柔らかなソファで美味しいお茶をいただきながら、お気に入りの本で読書タイム。
こうなるとゆっくり足を伸ばせる、オットマンも置いて欲しいですよね。

もっともそこまでやってしまうと、帰らない客が増え過ぎて困っちゃうかも。

Camellia Camellia Camellia

この日は台湾の東方美人と、お茶請けにミルクレープを注文しました。

じつは中国茶のことはよく判らないんですが、琥珀色の茶湯がとてもきれいで
あとに引かない爽やかな香りと相まって、なかなか美味しかったです。

スイーツは少しさっぱりしすぎなので、もう少し甘味があると美味しいかな。

この日はお客も少なくソファを独占することができたので、2時間くらいまったり
置いてあった雑誌などを読みながら、午後のティータイムを楽しめました。

ちょっと迷惑なお客かもしれませんが、またお邪魔させて貰いますね。

 

-------------------------------------------------
TEA Camellia
上海市静安区延安中路915号 (延安中路 x 銅仁路、上海展覧中心向かい)
電話 021-6289-3737
営業 12:00~22:00 (木金土は24:00まで)
交通 公交 銅仁路(48,49,71,127路)下車徒歩1分
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-24 18:45 | 街角グルメ
 
釜めしの作法 (季節料理大谷)
古北のカルフールで買い物をしたついでに、この辺りで夕飯も済ませることに。

ぐぅやんを再訪しようかとも思いましたが、古羊路まで歩くには少し遠いので
近所をぶらぶらと歩き回って見つけた季節料理の大谷に入ってみました。

大谷 大谷 大谷

案内された二階席は半個室のようになっている、昭和の香りが漂うテーブル席。

棚に並んだ焼酎のボトル、テーブルにビルトインされた焼き肉用(?)の鉄板
そしてスピーカーから流れる古い日本の歌謡曲が郷愁を誘いますね。

まさかここ上海で、安全地帯の『碧い瞳のエリス』などを聞くとは思いませんでした。

扱っている料理は上海の日本料理店では一般的な、何でもありの居酒屋的メニューで
寿司、刺し身、揚げ物、どんぶり、鍋料理などなど、一通りのものが揃っています。

価格設定はちょっと高めのようで、本気で飲み食いするとお金がかかりますね。

店頭に掲示してあった釜めしが食べたかったのですが、かなり時間がかかるそうなので
つなぎとして、ちょっとした一品ものやお寿司などもあわせて注文してみました。

大谷 大谷 大谷 大谷

料理は可もなく不可もなくって感じですが、値段を考えると今ひとつでしょうか。

それほど期待していなかったお寿司については、ネタは思ったより美味しかったです。
ただシャリが小指の先ほどのミニマムサイズで、呆れる前に感心してしまいました。

やがて待望の釜めしも登場したのですが、味に関しては及第点をあげましょう。

しかしお店の小姐は気をきかせたつもりなのか、茶碗に中身を盛りつけてくれたうえで
肝心のお釜をとっとと下げてしまったのが、釜めしとしては致命的な問題点です。

まず、ごはんをしゃもじでベタベタと押しつけたせいで、お米が潰れてしまっています。

それに釜めしって手ずから茶碗に盛りつけて、2~3度に分けて楽しむものだと思うのに
初めから茶碗に盛られた状態で供されてしまっては、ただの炊き込みごはんです。

この日本人的な機微は、中国人小姐には説明しても判って貰えないんでしょうかねぇ。

 

-------------------------------------------------
季節料理 大谷
上海市長寧区榮華西道19弄9号金獅苑B111 (水城南路 x 榮華西道、古北万科広場)
営業 11:00~14:00 / 17:30~23:00
電話 021-6209-7700 / 021-6219-5897
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-23 12:20 | 街角グルメ
 
緑あふれる寺院 (真如寺)
ぷじょ~る君の飼い主sのたわ言@上海 で紹介されて以来、行きたかったのですが
今までずっと先送りにしてきた真如寺を、ようやく訪れることができました。

先日紹介した銅川水産市場のすぐ近くにあり、セットで観光するにもよい場所です。

真如寺 真如寺 真如寺 真如寺

非常に真新しいお寺のように見えますが、その起源はけっこう古いらしいですね。

もっともこちらのお寺も度重なる戦乱や革命などにより、何度も破壊と修復を
くり返してきたようで、今の建物は1990年代に修復されたもののようです。

まだ20年も経っていないわけですから、新しく見えるのも当然ですね。

中には古そうな建物も見られましたし、全国文物保護単位に指定されているようなので
すべてが新しいわけではなく、古い寺院に新築を追加したのが正解かもしれません。

ただ、日本語の資料が見つからなかったので、詳細についてはよく判りませんでした。

真如寺 真如寺 真如寺

建築としてはやや貫禄が足りないものの、上海三大寺院に負けない立派な造りでした。

黄色や紅などを基調とした派手な色合いの寺院が多いここ上海に於いて
白と黒、そして木目を生かした建築はどこか日本的で落ち着きますね。

そして、こちらのお寺をとても印象づけているのが、緑が豊富なことでしょうか。

仏像の周りにも生花が飾られていましたし、等間隔に並べられたはち植えや盆栽
緑の芝生、庭木などが多いので、建築以外にも四季折々の風景を楽しめそうです。

ちょうど午後のお勤めなのか、木々の合間を渡る朗々たる読経の声が印象的でした。

真如寺 真如寺 真如寺 真如寺

境内の最深部には天を衝くように立派な、十層建ての大きな仏塔が建っています。

上海の寺院のことですから、ここでも別料金を取られるのではと危惧しましたが
どうやらお寺の拝観料だけで塔自体は無料で登ることができるようです。

もちろんエレベータなどはありませんので、登りたい人は徒歩で参りましょう。

上に行けば行くほど手すりは低く、通路も狭くなっていきますから
高所恐怖症の人にとっては、最上階はかなり恐い場所のようです。

それでも周囲に高い建物がないせいか、市街地ながらもなかなかの絶景です。

下りは一気に地階まで駆け下ったので、あとで足がガクガクでしたが
苦労してでも登るだけの価値はあるのではないかと思いました。

 

-------------------------------------------------
真如寺
上海市普陀区真如鎮后山門5号 (銅川路 x 大渡河路)
電話 021-6254-6340
交通 公共バス 62,63,105,551,754路ほか
参拝 5RMB
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-22 18:34 | 観光情報


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク