excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2006年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
にんにく料理に舌鼓 (Ninniku-YA)
masayo☆さんのブログで紹介されていた Ninniku-YA を訪れました。

彼女のブログ記事にはお洒落なお店、美味しいお店がたびたび登場しますし
仕事柄か情報もとても早いので、いつも参考にさせて貰っています。

Ninniku-YA Ninniku-YA Ninniku-YA

Ninniku-YA は日本人オーナーの手によるお店ですが、ターゲットは日本人ばかりでなく
中国人も含まれていることから、ほとんどの料理は20~35元程度とお値ごろ価格。

さらに来月15日まではオープニング期間として全フードが50%オフの嬉しい特典付き!

どんなによいお店でもお客さんに来店して貰わなければ、そのよさは伝わりませんし
一度訪れてくれたなら、きっとまた来てくれるとの自信の現われなんでしょうね。

事実、料理はどれも美味しかったですし、にんにくもほどよい使い方がよいですね。

ボリュームも中華ほど多くもなく、けれど物足りないと感じさせることのない適量で
4人くらい集ればリーズナブルな価格で、いろいろな料理が楽しめるでしょう。

ドリンクは半額にならないのですが、お酒が進む料理ばかりなので嬉しい悲鳴です。

Ninniku-YA Ninniku-YA Ninniku-YA Ninniku-YA

サービスに日式の手法を取り入れているので、細やかな心遣いが嬉しいですよね。

オーダーミスが目立ったり、注文した品がなかなか出てこなかったりもありましたが
この辺りはオープンして日も浅いことから、経験値がたまれば解消すると思われます。

現在は日本人スタッフ(オーナー氏?)もフロアを担当しているので問題ありませんが
もし、いずれは現地スタッフに任せるつもりであれば、サービス維持が課題でしょうね。

その他では同じ器を、いろいろな料理に使いまわしているのが気になりました。

シンプルな平皿などならともかく、それなりに個性溢れる器をセレクトしているので
料理によってはあわなかったり、また同じ皿かと思わなくもありませんでした。

同じ種類のソースやディップが、いくつもの料理に使いまわされているのもNG。

コスト的なこともあるだろうし、供されるソースが美味しくないわけではないけれど
せっかくならばいろいろな味を食べたいと思うのが、消費者の素直な心情でしょう。

これが家庭料理であれば、多くの料理にマッチする最大公約数でもよいでしょうが
お店の商品として出す以上は、それぞれに最適解を用意して欲しいなと思いました。

以上、いろいろと苦言も書きましたが、全体的な評価は上々だと思われます。

木の温もりを感じさせる落ち着いたゆとりの空間で、ちょっとお洒落に
多国籍創作料理を楽しみたいなら、きっと満足度は高いのではないでしょうか。

今なら半額セールで満足度も5割増し、ぜひ足を運んでみてください。

 

-------------------------------------------------
Ninniku-YA GARLIC☆SPICY
上海市徐匯区長楽路433号 (長楽路 x 襄陽北路)
営業 17:00~02:00 (金土 ~4:00)
電話 021-5404-1164
特典 2/15までオールフード 50%オフ!
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-22 23:58 | 街角グルメ
 
友達100人できるかな? (WISH x 華日)
大佐(仮)と知り合ったのは先週の土曜日に行われた、合同大新年会の会場。

これまで勤めていた職場を辞めたので、久しぶりにできた自由な時間を使って
上海に1ヶ月以上も滞在しながら、いろいろと観てまわる予定なのだとか。

ところが彼は中国語はまったくできないうえに、パソコンなども持ってきていません。

ちっぽけなガイドブックが一冊と、こちらでも使える携帯電話だけが頼り。
上海に知り合いもいるそうですが、それにしたってちょっと心配です。

日本語ができるガイドを探しているそうなので、華日倶楽部の郭さんを紹介させて
いただいたところ、日本語を勉強中の中国人を当たってくれると快いお返事。

金曜日に顔合せの食事会をしましょうとの話になり、その日は解散となりました。

WISH x 華日 WISH x 華日 WISH x 華日 WISH x 華日

当日は4~5人くらいの集りを予想していたのですが、蓋を開けてみればびっくり仰天。

15名で予約したという個室では入りきらないくらい、大勢の人が詰めかけて
なにか別の集りに紛れ込んでしまったのではと思うくらいのお食事会でした。

それもそのはず、この日のイベントの趣旨はまったく別の部分にありました。

世界中に友達をつくるためのサークル『WISH CLUB』の代表である
望月さんが来海するとのことで、その歓迎のお食事会だったのです。

当初の目的と違うので大佐には申し訳ないとは思ったのですが
せっかくの機会なので楽しませて貰っちゃいました。

結果として中国人の知り合いはできますし、こういう場は楽しんだものの勝ちですから。

WISH x 華日 WISH x 華日 WISH x 華日

互いに初対面という人たちが多かったせいか、はじめはちょっと大人しい会でしたが
遅れて到着した主賓の望月さんが加わってからは、異様な盛り上がりっぷり。

さすが国際交流サークルの代表者だけあって、場を盛り上げる術をご存知です。

なによりその人柄と、世界に笑いを振り撒くという使命を帯びているかのような行動に
会場は幾重もの笑い声が響きあい、気がつけば旧知の仲のように打ち解けていました。

会場となった東北人の料理は素朴で美味しかったし、新しい知り合いも増えました。

どういう経緯で参加したのかよく判らない集りで、はじめは戸惑いましたが
結果としてとても楽しい時間を過ごさせて頂いたのでオールOK!

機会があればまた、こちらの集りに参加させて貰いたいなと思いました。

人種、国籍のボーダーを超えた友だちづくりを可能にするための
機会と場所をつくり続けたいという『WISH CLUB』。

日本国内だけでなく海外を含めた各所でイベントを行なっているようなので
興味のあるかたはぜひ、お近くのイベントに参加してみては如何でしょうか?

 

-------------------------------------------------
東北人 連鎖餃子坊 仙霞路店
上海市長寧区水城路555号 (水城路 x 茅台路、瑞秦酒店2楼)
営業 10:30~22:30
電話 021-6233-0990
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-21 16:34 | 交流
 
品質の基準 (On Dining)
雨のぱらつきはじめた日曜の夜、虹橋地区に居を構える「On Dining」を訪れました。

上海城の外囲街B3と聞いていたので地下3階をイメージしていたのですが
どうやらB3は単なる記号のようで、お店は地上にありました。

扉を開けると細い通路となっており、もうひとつの扉をくぐって店内へ。

On Dining On Dining On Dining

適度な照度の明かりとモノトーンで彩られたシックなデザインは
名古屋の本店と同じ鳥居デザインオフィスが手掛けた作品。

ところどころに和を取り入れた空間デザインに、思わず舌を巻きます。

「いらっしゃいませ」の声に導かれて店の奥へ進むと、辺りは日本人ばかりで
じつはここ、日本なのではないのかと錯覚してしまいそうになりました。

それにしても、思っていたよりもずっと大きなお店なのでちょっとびっくり。

いろいろなブログで拝見していた情報から、創作和食系の小料理屋のような
店舗を想像していたのですが、よい意味で裏切られてしまったようです。

上質な音楽と心地よい空間、そして旨い酒と料理にすっかり癒されてしまいました。

On Dining On Dining On Dining On Dining

全体的にはよいお店でしたが、少し気になったのはスタッフたちの接客態度。

これが中国のローカルなお店なら気に留めるほどのものではないのですが、店構えも
日本的なら、注文も日本語で可能なことから、ついつい比較してしまうようです。

とても些細なことなのですが、ちょっとしたことが引っかかってしまいました。

おそらくこちらの感覚でいえばサービスはよいほうだと思うし、彼女たちにしても
悪気があるわけではない、むしろ精いっぱいの接客をしてくれているのでしょう。

ただ、舞台があまりに日本的過ぎるがために、要求品質もまた高まってしまいます。

この国にサービスという概念が導入されてから、まだ十数年しか経っていません。
まして、スタッフが居着かない風潮のなかで、本格的な社員教育は困難でしょう。

飲食業だけではないでしょうが、どんな仕事も大変だなと思ってしまいました。

 

-------------------------------------------------
On Dining
上海市長寧区遵義路100号上海城外囲街B3 (遵義路 x 仙露路)
営業 11:30~14:00 / 17:30~23:00
電話 021-6237-1845
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-20 00:22 | 街角グルメ
 
上海でカートレース (Disc KART)
長風公園内に移転した屋内カートレース場、Disc KARTへ行ってきました。

場所が判りにくいとの話を聞いていたので、そのうちそのうちと引き伸ばしていたら
移転リニューアルオープンから、すでに3ヶ月以上も経ってしまいました。

DiscKART DiscKART DiscKART DiscKART

大きな工場のような建物に入ると、中からは心地よいエキゾーストノートが耳朶を打つ。

これまでは狭い空間に折り畳んで格納したような直角のコーナーが続くコースでしたが
今回はドイツの専門会社によりデザインされた、緩急織り交ぜた本格的レイアウトです。

新館のオープンにあわせてマシンも総入換えと聞いていましたが、新車は2台のみ。

残りはこれまでもお世話になってきた、黄色を基調としたお馴染みのマシン。
新型の青いコンパクトなマシンに比べると、どこか鈍重なイメージです。

併設のバーは高い位置にあるため、コースレイアウトを一望にできるのがいいですね。

薄暗く、薄汚れていて退廃的なイメージを漂わせていた旧館に比べて
明るくお洒落なイメージを出すことに成功しているようです。

DiscKART DiscKART DiscKART

1回60元のチケットを買って、さっそく新コースに初挑戦です。

残念ながら新型車をゲットすることはできなかったので、扱い慣れた旧車に搭乗。
シートベルトを締めてエンジンの始動を待つあいだは、いつもながらドキドキです。

係員が力強くスターターを引っ張ると、いよいよ走行開始です。

初めてのコースに戸惑いながらも、右へ左へハンドルを切っていると
嫌なことや悩み事も、どこかへふっ飛んでしまいますね。

ここ最近の運動不足のせいか、1本走り終えただけで腕はガクガク、足はフラフラでした。

それでも果敢に2本目にチャレンジ。今度も新型車には乗れませんでしたが
そんなことは気にならないくらい、楽しく爽快なひとときを過ごせました。

最近はちっともクルマを運転してなかったので、久しぶりの操る喜びを感じ得ました。

結構なお値段なのでしょっちゅうは無理ですが、機会があればまた行きたいですね。
もし、興味がある方がいらっしゃれば、ぜひごいっしょに走りに行きましょう。

 

-------------------------------------------------
Disc KART
上海市普陀区棗陽路609号 (長風公園内)
営業 14:00~02:00
電話 021-6222-2880 / 021-6285-7778
料金 8min 60RMB
バス 94、44、67、754、837路、旅遊6号A線など
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-19 19:13 | 観光情報
 
后街男孩上海演唱会
上海大舞台で行われた后街男孩のワールドツアー、上海公演へ行ってきました。

后街(裏通り)の男孩(男の子)とはそのまんまの直訳でかなり笑えますね。
英語に訳せば Backstreet Boys となりますが、漢字表記はちょっと……。

ちなみに有名なレッドホットチリペッパーズは、中国では紅辣椒楽隊だとか ( ̄m ̄*)

もともと奥さんが彼らの大ファンで、クルマにCDを持ち込んではエンドレスで
流していたので、いつの間にかぼくも聞くようになっていました。

もっともメンバーの名前すら知らないような、にわかファンなんですけどね。

后街男孩 后街男孩 后街男孩

中国での彼らの知名度は知りませんが、会場前は雨にも関わらずかなりの人出。

もっとも日本であればチケットの販売初日に完売してもおかしくありませんが
こちらでは空席も目立っていましたので、日本ほどの人気はないようです。

それでも熱心なファンはいるようで、1,580元もするアリーナ席はほぼ満員。

若い女性が多かったように思いますが、それだけの額がよく出せるものだと感心。
地方からの出稼ぎ労働者の平均月収の3倍以上に相当する値段ですものね。

日本人から見ても高価なチケットですが、これもファン心理の成せる業でしょうか。

もっとも何食わぬ顔でシートに収まっていたものの、あとから来た本当の
シートの持ち主に追い払われるというシーンが随所で見られました。

安価なチケットを買って、ちゃっかり空席に座っていた人も多いのかもしれません。

后街男孩 后街男孩 后街男孩

日本と違いカメラ類の持ち込みはOKのようで、随所でビデオ撮影も行われていました。

逆に禁止事項として電光表示板に書かれていたのが、ステージへの蛍光棒投擲禁止(笑)
かなりの人数がこの蛍光棒を所持していましたが、盛り上がると投げ込むんでしょうか。

肝心のライブのほうは座席上に立ち上がるファンも出たりで、なかなかの盛り上がり。

ただ、アリーナ席ではケガ人が出そうなほどヒートアップしていたようですが
我々の席を含めた外縁部に関しては、それほどでもなく温度差がありました。

演出面ではちょっと工夫が足りず、全体的に単調な感じのステージだったように思います。

ユーミンのシャングリラIIのように、歌と踊りだけでなくセットや照明、衣装
特殊効果などを駆使したエンタテインメントショーを展開して欲しいものです。

せっかく上海での公演ですから、上海雑技とのコラボレーションなんて如何でしょう?

Backstreet Boys がダンサブルなヒットナンバーを歌い、踊るステージのバックで
上海雑技団の精鋭たちが超軟体技や皿まわし、ジャグリングなどの技を披露!

……やっぱ、やめたほうがいいかも(汗)

 

-------------------------------------------------
上海大舞台
上海市徐匯区漕渓北路1111号 (地鉄1号線上海体育館駅 2番出口すぐ)

バックストリートボーイズ 2006 上海コンサート
日時 2006年1月18日 19:30開演
会場 上海大舞台
価格 100/180/280/480/600/800/1280/1580RMB
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-18 23:28 | 中国的生活
 
長風公園でお散歩
街も人も大好きなここ上海だけど、自然が少ないのはちょっと残念です。

日本に居たころ、気候のよい日は山登りや川遊びなどを楽しんでいた我が家にとって
気軽にぶらっと出かけられる自然のスポットがないのは、ちょっとしたストレスです。

郊外を探せばあるのかもしれませんが、マイカーがないと移動も大変ですよね。

そんな上海でもそれなりに自然を楽しめるスポットが、街のあちこちにある公園で
小さなものまで含めると、かなりの数の公園があることに気付かされます。

今回はその中から、市の北西部にある長風公園を訪れてみました。

長風公園 長風公園 長風公園 長風公園

長風公園は華東師範大学の西側に位置する、比較的新しい公園。

広大な敷地の中央部には大きな池があり、それを取り囲むように山や小川が作られ
池の地下には総面積1万平方メートルにも及ぶ、大型の水族館も営業中です。

なんとダイビングを体験できる場所もあるそうで、かなりビックリ。

白鯨のショーが楽しめる施設や、本格的な屋内カート場なども併設しており
大人から子供まで、誰もが楽しめる市民の憩いの場になっています。

この日は久しぶりのよい天気に恵まれ、多くの人たちで賑わっていました。

日の当たるベンチでトランプや将棋を楽しむ人たちや、バドミントンを楽しむカップル
釣りをしたり、ぶらぶら歩き回るなど、思い思いの休日を楽しんでいるようです。

長風公園 長風公園 長風公園

公園の人工山はそこそこの高さがあり、山頂に向けて網の目のような道があります。

登山と呼ぶにはおこがましいレベルですが、それでも鬱蒼と木々の繁ったルートを
登っていると、久しぶりに山登りしている気分になれて気持ちも晴れやか。

ただし、あちこちで中国人カップルたちが、激しくいちゃついているのが目に毒です。

プチ登山を楽しんだあとは、貸しボートを使って公園の中心部に広がる
大きな池(これも人造湖?)で、ちょっとした舟遊びを体験。

湖上から眺める夕焼けはキレイでしたが、ちょっと肌寒かったですね。

湖畔をのんびりと散策したり、飴細工のおじさんの華麗な手さばきに見惚れたり
おだやかでのんびりとした時間を過ごすことができました。

次回はラケットでも持って、バドミントンなどを楽しむのもよいかもしれません。

 

-------------------------------------------------
長風公園
上海市普陀区大渡河路451号 (華東師範大学の西側)
営業 6:00~17:30
入場 2RMB(今回は請求されず)
バス 94、44、67、754、837路、旅遊6号A線など
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-18 18:34 | 観光情報
 
ぼくと玉子ごはん
古北の新鮮組合にて、生で食べられる鶏卵を扱っていると聞いてさっそく購入しました。
目的はもちろん、アツアツご飯に生卵をかけて食べる「玉子ごはん」のためです。

生で食べられるとの根拠は、その日に産まれたばかりの新鮮鶏卵だからだそうです。

ということは、わざわざ古北まで買いに行かなくたって、そこらで手に入るものでも
鮮度さえ気をつけて利用すれば、生食でも問題ないってことなんでしょうか?

玉子ごはん 玉子ごはん 玉子ごはん

炊きたてのご飯を少し少なめに盛りつけて、真ん中の窪みに卵を割り入れます。

黄味の部分を少しだけ潰して醤油をたらし、手際よくクルクルと
かき混ぜれば、あこがれの玉子ごはんの出来あがりです。

醤油は日本から奥さんが空輸してくれた、堀河屋野村の三ツ星醤油を使用します。

料理の味付けもそうですが、寿司や刺し身、直接かけるような使い方では
真っ当な原料と製法で作られた、ちょっと贅沢な醤油をおごりたいですよね。

玉子自体は今ひとつでしたが、久しぶりに食べる玉子ごはんは感涙ものでした。

銀シャリをふわりと包み込む玉子の風味と、それを引き立てる生醤油の香り。
胃の腑に流し込むかのように一気にかきこむと、ホッとしあわせが訪れます。

こんな単純な料理ともいえない食べ物が、どうしてこんなにも心震わせるのでしょうか。

 

昨年の10月末のこと、我がふるさと島根県は雲南市の吉田町にて
第1回 日本たまごかけごはんシンポジウムが開催されました。

世界各地(?)から玉子ごはんに思い入れある人々が多数詰めかけたのだそうです。

いろいろなメーカーから玉子ごはん専用の醤油も発売されているそうですし
玉子ごはんへの強い想いを歌にした歌手までいるようです。

苦手な人もいるでしょうけど、玉子ごはんは日本人にとってのソウルフードですね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-17 23:17 | 日々雑感
 
オールド上海にひたる (老上海茶館)
ギシギシと軋む木製の階段を上ると、そこはレトロモダンな内装の異空間。

豫園のすぐ近く、清朝の街並みを模した老街の中にひっそりと佇む老上海茶館は
オールド上海の雰囲気を楽しめる、初めてなのにどこか懐かしさを感じるお店。

老上海茶館 老上海茶館 老上海茶館 老上海茶館

ほの灯に照らされた店内は雑然としているけれど、なぜだかとても落ち着ける佇まい。

オーナーが収集したアンティークや、古いレコード、雑誌の切り抜きなどが
壁一面に並べられていて、ちょっとした歴史資料館のような趣きでした。

壁の古い地図や、かつての外灘の写真は想像力をかき立ててくれます。

窓の外には老街の古い街並みが広がり、どこからか聞こえてくるオールディーズで
気分はすっかり、当時の上海へとタイムスリップしたかのようでした。

老上海茶館 老上海茶館 老上海茶館

注文すると長袍に身を包んだ老紳士が、慣れた手つきでお茶を入れてくれます。

サービスのお茶請けをつまみながら、ゆっくりと紡ぎだされる他愛のない言葉たち。
ときおり訪れる沈黙すらも、なぜかこの場所でなら心地よいと感じられます。

流れの早い上海の時間の中にあって、この場所だけはゆったりとした時が過ぎていく。

この場所もまた「何もしない」をするための、とても贅沢な空間なのかもしれません。
時には立ち止まって、ゆっくりと一息ついてみるのもよいものだと思えました。

雨の日曜日に昼下がり、お気に入りの文庫本でも持って、また訪れてみたい場所です。

 

-------------------------------------------------
老上海茶館
上海市黄浦区方浜中路385号2階 (方浜中路 x 候家路)
営業 09:00~22:00
電話 021-5382-1202
価格 プーアル茶:25RMB、烏龍茶:45RMB、軽食などもあり
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-17 18:47 | 街角グルメ
 
時には観光客気分で
黄浦区に用事があったので、ついでに豫園周辺を散策してきました。

この辺りのエリアは、大好きな大境路の市場通りをはじめとして
とても庶民的な下町が広がっていて、ぼくの大好きな場所。

再開発の波により少しずつ近代化されているのが残念ですが、まだまだ元気でした。

豫園商城 豫園商城 豫園商城

今回、豫園周辺を訪れたのは、春節に向けてお正月飾りを手に入れるため。

豫園商城を少し北に行った辺りには、これらの正月飾りを扱うお店が多く立ち並び
年末の買い出しをする人たちの喧騒と派手派手しい飾り物で、とても賑やかでした。

すごく小さな可愛らしいものから、業務用の巨大飾りまで何でも揃います。

筒状の飾りがたくさんぶら下がっているもので、気に入ったデザインがあったのですが
観光客だと思われたのか、あまりに高額をふっかけられたのでやめました。

別の店で探してみたのですが、似たようなものはあれど同じものは見つからず。

引き返してさっきの店で買おうかとも思いましたが、それも何だか
シャクなのでけっきょく何も買わずに帰ってしまいました。

豫園商城  せっかくなので正月飾りされた豫園商城にも立ち寄って
  前から食べて(飲んで?)みたかった巨大小龍包を。
 
  本当は別の名前だったのですが、ちょっと失念しちゃった。
  中に肉餡はなく、スープだけがたっぷり入っています。

蒸し立ての熱いスープをストローで飲むので、猫舌には地獄の苦行かも知れません。

1個10元とけっこうなお値段ながら、中のスープはイマイチなので
見た目以外はあまりオススメできるものではありませんでした。

ちなみに皮は食べずに、中のスープだけを楽しむ料理です。

今さら豫園なんてと思っていましたが、久しぶりに訪れてみると意外と楽しい。
基本的に賑やかで雑多な雰囲気とかが好きだからでしょうかね。

 

-------------------------------------------------
豫園
上海市黄浦区安仁街132号
営業 09:00~17:00
電話 021-6326-0830
入場 30RMB
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-16 22:41 | 観光情報
 
天国にいちばん近い島
皆さん、春節のご予定はお決まりですか?

我が家では上海の喧騒を抜け出して、マレーシアのボルネオ島より
「コタキナバル de デート -劇場版-」をお送りする予定

コタキナバル コタキナバル コタキナバル
 

 

 

 

 

 

 
_| ̄|○ ……でした

 

 

最近の中国人って、春節に海外旅行を楽しむお金持ちも多いんですよね。

春節期間中には、コタキナバルにも中国人ツアー団体が殺到しているようで
どこのリゾートホテルも満室状態、キャンセル待ちも望み薄なのだそうです。

シティホテルなら確保できるそうですが、ビーチリゾートに行って市内ってのもねぇ?

ぼくの希望ではホテルで昼までダラダラしたり、プールサイドで読書を楽しむとか
ビーチで波と戯れたあとは、ただただ寝っ転がってのんびりするみたいな……。

そんな何もしない休日を望むのに、街中のシティホテルなんてあり得ません!

日本の旅行社に、今すぐホテルと航空券が確保できる、ビーチリゾート行きの
ツアーをどこでもいいからピックアップしてくださいとお願いしました。

のんびりするという目的が、いつの間にかビーチへ行くことにすり替わってるかも(汗)

旅行社からの返答によればセブ島、グアム、プーケット、ハワイなどの候補あり。
ただし、これらもギリギリなので残席2など、かなり厳しい状況でした。

そんななか、ぼくらが選んだのは……天国にいちばん近い島!

ニューカレドニア ニューカレドニア ニューカレドニア

コタキナバルもよいけれど、同じ南国なら南半球のほうが南国らしいですよね。

時間の流れがとても早い上海の暮らしは、毎日がエキサイティングですけど
たまにはニューカレドニアのゆったりとした時間に身を浸してみようと思います。

南国の島国へ「何もしない」をしに、海を越えて行ってきます。

そんなわけで春節は「コタキナバル de デート」の代わりに
「天国にいちばん近い島 de デート in ニューカレドニア」をお送りします。

 

 

(;´Д`) こ、今度こそ行けるよね?

 

-------------------------------------------------
ニューカレドニア
ニューカレドニアを広く日本に紹介したのは、森村桂という作家だ。
彼女が『天国にいちばん近い島』を書くまでは、ニューカレドニアは
ニッケル鉱の産地(すでに日本人の移民も多かったが)としてほんの
一部の人に知られているにすぎなかった。日本からの飛行機の便もな
く、およそ観光とは無縁の島だった。それが美しい海を求め、年間何
万人もの日本人が訪れるところになった。美しい海と島に特有の自然。
そして旅するのにいちばん大切な、人の優しさと安全がある。ここは
天国にいちばん近い島。明るい日差しを浴びているだけで、満ち足り
た思いにさせてくれる。(Yahooトラベル国別情報より引用)

[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-16 20:00 | 観光情報


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク