excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2006年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
ル・ミレッティ・ガスコン
旅先で美味しいものを食べようと思ったら、現地の人に訊ねるのがいちばんです。

ホテルの近くにある、旅行社のツアーデスクで聴き込み調査を行なったところ
海鮮の美味しいフランス料理の店があるそうなので、さっそく訪れました。

Le Miretti Gascon Le Miretti Gascon Le Miretti Gascon Le Miretti Gascon

ル・ミレッティ・ガスコンはエスカルゴなどで有名な南西フランス料理のお店。

海の近くだけに海鮮料理に力を入れているそうで、ガイドブックや現地の人
ホテルのコンシェルジュなど、誰に聞いても答える有名店なのだとか。

大柄のフランス系のムッシュに促されて中に入ると、周りは日本人だらけでした。

まったくどこから聞きつけてきたんだと思いましたが、考えてみたらぼくらも同じ。
ニューカレドニアの主要観光客はフランス人と日本人ですから仕方ないのかな?

メニューは日本語版も用意されており、店員も「いらっしゃいませ」とご挨拶。

なんだか日本にあるフレンチのお店に紛れ込んでしまった気分ですが
こちらではみやげ物屋や飲食店など、日本語ができる人は驚くほど多いようです。

フランス語圏なので言葉は心配していましたが、まったく不自由ありませんでした。

Le Miretti Gascon Le Miretti Gascon Le Miretti Gascon

スープからメインまでデザート以外すべて海産物を頼みましたが、どれも美味しい。

生牡蛎はいくらでも食べられそうだし、海鮮の串揚げはぷりっぷりでした。
エビのスープは濃厚だし、シーフードパイ包みやイカのトマト煮も絶品。

かなりのボリュームなのに、極上のワインといっしょにスルスルっと胃袋の中へ。

いやはや、誰もが紹介してくれるのも納得の美味しさで
胃がはち切れそうなほどに、たっぷり食べてしまいました。

もし、ヌメアに滞在されることがあれば、こちらのお店はぜったいにオススメですよ。

 

-------------------------------------------------
Le Miretti Gascon / ル・ミレッティ・ガスコン
24 Rue Gabriel Laroque Nouvata
営業 11:00~13:30 / 18:30~23:00
電話 +687-26-40-41
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-31 22:57 | 街角グルメ
 
雨のリゾートを楽しもう
昨夜の祈りも空しく、アンスバタ地区は朝からどんよりとしたお天気。

台風のように強い風雨に見舞われるなんてことはありませんでしたが
鈍色の空からは断続的に小雨が降り続き、どうにもすっきりしません。

青い空、白い砂浜、そして照りつける真夏の太陽――

思い描いていたビーチリゾートはそこにはありませんでしたが
落ち込んでいても天候が回復するわけではありません。

天気が悪いなら悪いなりに、今の状況を楽しまなきゃ損ですものね。

プール アンスバタビーチ ミニバス

ビーチやプールサイドでごろりはお預けにして、ホテルの周辺をのんびり散策。

おみやげ物屋さんを冷やかしてみたり、立ち止まって何気ない景色を眺めてみたり。
目的を持っての移動なら見過ごしてしまうあれこれも、今ならゆっくり楽しめます。

ちょっとしたカフェレストランで、ビール片手に雨の音を聞く。

思い描いていたリゾートの風景とはちょっと違うけれど
なにもしないこの時間が、なんだかとても愛おしい。

空港で買った本をホテルに置いてきたのが悔やまれますね。

静かな雨音を聴きながら、ビーチサイドのカフェでのんびりと本を読んで過ごす。
なんだか、いかにもリゾートでの過ごし方みたいでちょっとステキですよね。

わんこ ビール 彫像 花

しかし、ぼくもリゾート暮らしが下手だと言われる日本人の一員のようです。

2時間もだらだら過ごしていると、なんだか時間がもったいないような
なにかしなければならないような強迫観念に駆られてきました。

カフェでの休息は切り上げて、バスに乗ってヌメア市街へ買い出しに出かけました。

海外旅行の定番、スーパーに出かけてパンやチーズ、お菓子などを買い溜めたり
現地調達とばかりに水着やTシャツなどを仕入れて買い物三昧。

上海でよく見かける王子ブランドの、フランス語版があって思わずパシャリ。

看板 王子 ヌメア市街 ホテル前

リゾートでのんびりとした生活もいいけれど、こうやって現地の人が暮らす
生活の中に入り込んで行くのもまた、旅行の醍醐味ですよね。

当たり前だけれど街の空気が違うのを感じ、旅の気分が盛り上がりました。

何気ないスーパーや街角の風景、なんの変哲もない路線バスですけれど
ぼくら旅行者にとっては、どれも珍しいものばかりで楽しかったです。

 

ホテルに帰りつく頃には、雨も上がり空は明るくなってきました。

この調子で天気が快方に向かってくれれば、明日こそは思い描いた
リゾートライフを楽しむことができるかもしれませんね。

宿に戻ってごろごろしながら、明日からの日々に想いを馳せたのでした。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-31 16:22 | 観光情報
 
南太平洋のプチ・フランスへ
天国にいちばん近い島、ニューカレドニアまでは日本から約7,000キロ。
野を越え、山越え、海越えて、お空を飛んで約8時間半の空の旅です。

大阪の関西国際空港からは週3便の、エアカラン直行便が便利です。

ここのところ、利用する航空機といえば中国東方航空か上海航空ばかりなので
久々に乗る他の航空会社の機は新鮮で、サービスのよさには驚かされました。

機内食は美味しいし、CAの笑顔はステキだし、映画やゲームなどの娯楽も充実。

長いこと座りっぱなしでお尻が痛かったことを除けば、9時間近いフライトも
気にならないほど、快適な空の旅を楽しむことができたのではないでしょうか。

空港 空港 空港

ニューカレドニアの玄関口、ヌメアの天候は小雨。

国際空港とは思えないような可愛らしい空港で荷物を受け取り、現地代理店の
用意した大型バスに乗り込んで、宿泊地のアンスバタ地区へ移動します。

移動するバスの中で現地スタッフから「台風が接近中」との無情なアナウンス。

季節は雨季ですからある程度の雨は覚悟していましたが
台風に見舞われるとは思ってもみませんでした。

空港  このまま雨続きだったらどうしようと
  嫌な予感が頭をよぎります。

  鈍色の空、くだけ散る白い波頭、
  そして激しく吹きつける雨と風。

って、冬の日本海じゃないんだから、そんなバカンスは嫌ですね。

スタッフの説明も上の空になりながら、早く台風が過ぎ去るのを願っているうちに
しばらくお世話になるホテル、RAMADA PLAZA NOUMEA に到着しました。

ホテル ホテル ホテル ホテル

RAMADA PLAZA は昨年11月にオープンしたばかりの、ヌメアでいちばん新しいホテル。

もともと予算的に厳しかったニューカレドニアですが、ここがキャンペーン価格で
かなりお安く利用できることから、今回の旅が実現したというありがたいお宿です。

ラグジュアリー的な派手さはないけれど、基本を押さえたシックな作りは好印象。

アメニティも充実していますし、新しいだけあってお部屋はかなりキレイで広々。
プールやスパはもちろん、ビーチも近いのでバカンスを楽しむのに打ってつけでした。

いつもの旅なら宿は寝るだけのものですが、リゾートではホテルも大切ですよね。

台風がやってくるという、いきなり波乱含みのスタートとなってしまいましたが
とりあえず本日より、番外編 『天国にいちばん近い島 de デート』 スタートです。

 

-------------------------------------------------
RAMADA PLAZA NOUMEA
アンスバタ BP2557 98846 ヌメア
電話 +687-23-90-00
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-30 22:12 | 観光情報
 
食べ歩きデート
久しぶりの日本を満喫するため、買い物がてらに京都市内を散策してきました。

京都の寺社仏閣や山岳部を訊ねることはよくあったのですが、こんな風に
街中をぶらぶらと歩き回るなんてのは、ありそうでなかったことかも。

高島屋で買い物を済ませたあとは、おそば屋さんを求めて先斗(ぽんと)町へ。

京都と寿司 京都と寿司 京都と寿司 京都と寿司

三条から四条のあいだ、鴨川堤防沿いの先斗町は祇園と並ぶ古い花街。

最近はちょっとした小料理屋や、居酒屋なども増えてきたので
一見さんでも気軽に食事などが楽しめるようになりました。

今回訪れたのは先斗町と木屋町を結ぶ細い路地にあるそば処、河道屋銀華。

創業明治35年という歴史あるおそば屋さんは、風格ある落ち着いた佇まいながら
「JAPANESE NOODLE RESTAURANT」と書かれているのが観光地京都ならでは。

いつもなら盛り蕎麦を注文するところですが、今回はちょっと捻っておろしそば。

しっかりした歯ごたえのそばに関東風の濃い口の出汁で、薬味にはツーンとした
辛味が爽やかな京野菜の辛味大根を使い、そばの味を引き立てています。

美味しいそばに出会えると、日本に帰ってきたなと感じることができますね。

京都と寿司 京都と寿司 京都と寿司

食事のあとは修学旅行の学生さんたちで賑わう新京極商店街をぶらぶら。

普段はなかなか行くような場所ではありませんが、こうやって
久しぶりに歩いてみると新たな発見などがあって面白いですね。

ドミニクドゥーセで激旨クロワッサンを買い食いしたり、まるで観光客気分です。

錦通り商店街では和の食べ物が右に左に並べられて、目移りしてしまいます。
こんな場所をどんぶり茶碗片手に、ふらふらと散策してみたいものですね。

京漬け物や昆布の佃煮、京野菜の揚げ物などを美味しくいただきました。

京都と寿司 京都と寿司 京都と寿司 京都と寿司

夕ご飯は地元大阪に戻って、かつて足繁く通っていた蔵すしへ。

3度の飯より寿司が好きなぼくにとって、今回の帰国のいちばんの楽しみは
美味しいお寿司をお腹いっぱい食べることではないでしょうか。

回転寿司とは一線を画する味と技術ながら、リーズナブルな価格の人気店。

新鮮なかわはぎの薄造りとキリリと冷えた日本酒は、上海では味わえないですね。
握りも丁寧な仕事を見せてくるので、ついつい食べすぎてしまいました。

お腹いっぱい食べて飲んで、ふたりで6千円ちょっとはお値打ち価格。

なんだか食べてばかりの休日でしたが、改めて日本のよさを再発見できました。
って、クロワッサンは日本の食べ物じゃないですね。

 

-------------------------------------------------
河道屋銀華
京都市中京区木屋町三条下ル 蛸薬師東入
営業 17:00~01:30(日祝は12:00~)
電話 075-231-7523

ドミニク ドゥーセ Dominique Doucet
京都市中京区寺町通四条上ル西側
営業 10:00~22:00
電話 075-221-3101

蔵すし
大阪市東淀川区上新庄2丁目16-11
営業 17:30~02:00 (日祝 ~01:00)
電話 06-6329-8080
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-29 23:14 | 街角グルメ
 
我が家の定番買い物スポット
一時帰国中ということで、久しぶりにコストコホールセールを訪れました。

よほどの贅沢を望まなければなんでも揃いますし、いろんなお店もある上海ですが
とても残念なのが、この会員制卸し売りスーパーのコストコがないこと。

日本に居たころは、ほぼ毎週のように買い物に行くほどのコストコファンでした。

卸し売り系なので商品の最低単位が大きく、ぼくらのようなふたり暮らしでは
持て余してしまうこともありますが、それを補って余りある魅力があります。

いつ行っても大勢の買物客で溢れているのが、それを証明しているでしょう。

コストコ コストコ コストコ

数ヶ月ぶりに訪れたコストコは、新商品もあればお馴染みの商品も多数。

上海の物価に慣らされた身にはどれも高く感じて、躊躇してしまうのではと
危惧していましたが、意外と気にせずにあれこれとカゴに放り込んでいました。

上海は上海、日本は日本だと、スイッチの切り換えはできているようです。

あれも欲しい、これも欲しいとは思うのですが、どれも量が多いので
上海にハンドキャリーで持って帰るのは、かなり大変なものばかり。

できるだけ厳選して購入したつもりが、それでもけっこうな量となってしまいました。

現在、免許証が失効中でクルマは運転できなかったので、公共交通機関で訪れましたが
手荷物として持ち帰るには重たいし、量が多いしでかなりの苦労を強いられました。

有料ですが配送もしてくれますので、お願いすればよかったかな。

上海なら配送料も安いでしょうし、タクシーで自宅まで乗りつけることも可能。
コストコにもぜひ、他の外資系に続いて上海進出を果たして欲しいですね。

 

-------------------------------------------------
Costco Wholesale 尼崎店
兵庫県尼崎市次屋3-13-55
営業 10:00~20:30 (土日は18:00まで)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-28 20:42 | 日々雑感
 
通りすがりの異邦人
4ヶ月ぶりに日本に帰国しました。

まだまだ上海に来たばかりですから、ホームシックとかはなかったのですが
いざ、帰ってみるとやっぱり日本っていいなと思えることがたくさん。

ただし、携帯がないのは思いのほか不便だし、免許が切れているので足もありません。

友達に貸している自宅は、器は同じでもそこに流れる生活感がガラッと変わっていて
どうも居心地が悪いというか、ゆっくりと落ち着いてくつろぐことができずにいます。

ここでのぼくは通りすがりの異邦人、強いアウェイ感がついてまわっています。

いずれは帰ってくる場所ではあるけれど、今はまだここはぼくの居場所ではなく
上海こそが帰るべき場所なんだなってことを改めて思いました。

とはいえ、せっかくの日本ですから、しばらくは満喫したいと思っています。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-27 13:47 | 日々雑感
 
この国の片隅で (中山公園)
休日の昼下がりに、自宅からほど近い中山公園を訪れました。

静安寺と並ぶ近場の繁華街であり、3号線の乗換え駅としてもよく利用する街ですが
その名前の由来となっている中山公園に入ってみるのは、じつは初めて。

中山公園はそれほど大きな公園ではありませんが、それでも池があったり
花畑や林、中国風の庭園、遊園地なども備えた市民の憩いのスペース。

この日も多くの人たちが、公園のあちらこちらで思い思いの時間を過ごしていました。

中山公園 中山公園 中山公園 中山公園

おじいちゃんが揚げていた凧を繋ぐ糸は、高く高くビルの向こうにまで伸び
多くの人たちがその糸さばきを熱心に見上げていました。

音楽広場ではたくさんの人が、優雅にソーシャルダンスに興じています。

ちょっとしたスペースでは生演奏によるカラオケ大会が開かれていましたし
バドミントンやひとりテニスなどを楽しんだり、フリスビーで遊んだり。

林の中ではたくさんの鳥籠が吊るされ、品評会でも開いているのでしょうか。

慌ただしく、ちょっとゴミゴミとした上海の街中とは違って
ここにもまた、ゆったりとした時間が流れているようです。

中山公園 中山公園 中山公園

広場でひも付きのボールを使って、ひとりでテニスを楽しんでいる男性がいましたが
ふとしたはずみでボールは高く舞い上がり、頭上の木に引っかかってしまいました。

ジャンプしながらラケットでたたき落とそうとするものの、なかなか上手くいかない。

そうこうしていると、周りにいた関係ないはずの人たちがどんどん集まってきて
ああでもない、こうでもないとボールを枝から外すために頭を捻っています。

中国のこの野次馬根性だとか、しつこいほどのお節介って大好きです。

ともすれば、隣人と口を利いたこともないくらい、周囲に無関心な人が多い日本と違い
この街ではときには放っておいてくれと思えるほど、世話を焼いてくれる人が多い。

パッと見は取っ付き難そうな中国人ですが、じつはすごく人懐っこいんですよね。

日本人からすれば無愛想だ、接客態度がよくないと思えるお店の人たちも
ちょっと打ち解けてくると、心からの笑顔で微笑んでくれるんです。

誰でも彼でも笑顔で応じてくれる日本ですが、その中に本当の笑顔はいくつあるでしょう。

やがて、おばちゃんのアイデアにより、ボールは無事持ち主の手中へ。
まわりの人たちも、三々五々自分のやっていたことへ戻っていきました。

もちろん悪い部分もたくさんあるけれど、よいところもたくさん持っているこの国。

それは中国ばかりでなく、日本だってよいところも悪いところもありますし
どこの国だって長所も短所も持ち合わせているのが普通なのでしょう。

でも、それって中から見ているだけでは、気がつかない部分も多い。

だから、こうやって外から眺める機会を得られたことには感謝しなくちゃいけないし
その為だけでも、この国にやってくることができてよかったなって思います。

明日、大好きなこの国を離れて、久しぶりの日本に一時帰国します。

 

-------------------------------------------------
中山公園
上海市長寧区長寧路780号 (地鉄 中山公園駅すぐ)
営業 06:00~18:00
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-26 23:12 | 日々雑感
 
日本風大衆中華 (台湾料理味仙)
名古屋発祥の台湾ラーメンで有名な、台湾料理店の味仙へ行ってきました。

上海に来て改めて思うのは日本で食べる中華料理は、あくまで日本人好みに改良された
中華料理であり、本場のものとはひと味もふた味も違うものだっていうこと。

そんな日本で育った和製中華が、こうして本場に逆輸入されるのは興味深いですね。

味仙 味仙 味仙

お店の看板は黄色地に赤文字で描かれ、夜目にも煌々と輝いて見えます。

この黄色と赤の組み合わせのが、如何にも日本の大衆中華料理店や
チェーン系のラーメン屋さんみたいで、ちょっと笑えてしまいます。

お店の中も懐かしい「街の中華屋さん」的な匂いがぷんぷんしていました。

殺風景な部屋、無意味なポスター、壁一面に貼られた品書きなどの演出は見事。
これでもう少し狭くて、床が油でヌルヌルしたりしていたら完璧でしょう。

お値段は現地価格に比べると少し高めで、ひと皿の量も少なめです。

ただし、日本の感覚ではかなりリーズナブルであり、小人数で訪れるのなら
ひと皿が少なめなのも、いろいろと注文することができてよいですね。

味仙 味仙 味仙 味仙

かなり辛いと評判だった台湾ラーメンは、ちっとも辛くなかったのが残念。

でも、うちの奥さんはすごく辛いといいながらムセていたので
一般的な味覚の人にはかなり辛い部類なのかもしれません。

その他の料理はどれも、日本の大衆中華で食べるようなお馴染みの味がします。

どっちが美味しいとか、どちらのほうが優れているかは人それぞれでしょうが
日本の風土や嗜好にあわせた中華は、とても懐かしい味がしました。

大阪でいえば眠眠とか王将などで、安い中華料理を楽しんだイメージです。

これを台湾料理と呼ぶと台湾出身の人はちょっと怒っちゃうかもしれませんが
日本人的にはこういうお店もありなんではないでしょうか。

懐かしい日式中華を味わいたくなったら、訪れてみてくださいませ。

 

-------------------------------------------------
味仙
上海市長寧区仙霞路600号 (仙霞路 x 水城路、ビッグエコー隣)
営業 夜間のみ(詳細な時間は不明)
電話 021-6242-5821
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-25 23:51 | 街角グルメ
 
あの店はどこへ? (PASTi)
久しぶりに特大ハンバーガーにかぶり付きたいと、Red Rock を訪れたのですが
いつの間にか、同オーナーが経営するパスタのお店 PASTi に変わっていました。

近所の PASTi 跡地には違うお店が入っているようで、Red Rock は痕跡すらありません。

移転したなり閉店したなりなら、その旨を掲示しておいて欲しいものですが
ここ中国でそのようなことを期待するほうが間違っているのでしょうか。

幸い、前から PASTi にも興味があったので、気を取り直してこちらでランチすることに。

PASTi PASTi PASTi PASTi

内装は Red Rock 時代のままのようで、あいかわらず中国とは思えないお洒落空間。

ウエルカムサービスで焼きたてのマフィンが付くのも当時と同じなので、ひょっとして
Red Rock のメニューも取り込まれているのかと期待しましたが見当たりませんでした。

今回はエビとトマトのパスタと、リガトーニのカルボナーラ、そしてサラダをオーダー。

サラダには程よく焼き上げたビーフと、スライスしたパルミジャーノ・レッジャーノ
そして、大量のプチトマトと水菜に似たシャッキリとした野菜が入っていました。

ドレッシングはいろいろありましたが、バルサミコが香り高くて美味しかったですね。

やがて、オーダーしたパスタが2皿同時に運ばれてきたのですが
噂に聞くほど量が多くないのでちょっとがっかり。

パスタ類は欧米サイズで食べきれないほどと聞いていたのですが、普通サイズでした。

PASTi PASTi PASTi

しかし、本当に残念だったのはサイズではなく、料理の味そのもの。

いろいろなブログ記事や、移転前の PASTi で食べたことのある奥さんの感想は
なかなか美味しく、ボリュームもあったとのことだったのですが今回は……。

トマト系のほうはエビに火を通し過ぎですし、味付けもぼやけた感じで今ひとつ。

カルボナーラに至っては、本当にこれがカルボナーラかという味付けで
滑らかな濃厚さがないうえに異常に薄塩で、正直にいうと美味しくありません。

双方ともパスタが茹で過ぎなうえに、かなり冷めているという体たらく。

今回のオーダーがハズレだったのか、それとも普段からこうなのかは不明ですが
どう考えても自宅で自分で作ったほうが美味しいと思えるレベルでした。

ひょっとすると移転に絡んで、オーナーが変わったなどの事情があるのかもしれませんね。

 

-------------------------------------------------
PASTi
上海市静安区北京西路1228号 (北京西路 x 西康路)
営業 11:30~14:30 / 18:00~22:00
電話 021-6279-4726
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-24 23:12 | 街角グルメ
 
掘り出し物を探せ (七浦路)
先日、初めてお会いしたこちらのお方が着ていた、ANAPURNA のマウンテンウェア。

ブログ上の記事を拝見したときからちょっと興味があったのですが
実物を拝見させて頂いたところ、すっかり惚れてしまいました。

欲しいと思ったら居ても立ってもいられず、さっそく七浦路を訪れました。

七浦路 七浦路 七浦路 七浦路

七浦路と河南北路の三叉路を中心としたエリアは、上海最大の服飾市場街。

河南北路を挟んで建つ上海新七浦服装市場と上海興旺服飾市場を中心として
小さな個人商店やバラックがひしめく、上海ローカルファッションの中心地です。

洋服がメインですが、小物や靴にカバン、アクセサリーなど何でも揃います。

服飾市場といえば襄陽が有名ですが、ここは観光地化していないので値段も安く
しつこい客引きなども少ないので落ち着いて買い物をすることができます。

ただし、地元民の数も半端ではなく多いので、人ごみに弱いかたはご注意を。

狭い通路や掘立小屋のあいだを、地下鉄のラッシュなみの人たちが行き交い
まるで年の瀬のアメ横のような大混雑と活気に溢れていました。

考えてみれば上海は今まさに年の瀬となので、あながち間違っていないのかな。

七浦路 七浦路 七浦路

まずは新七浦服飾市場に入ってみたのですが、あまりの暑さと人口密度に負けそう。

扱っている商品は激安品から、海外のブランド物(本物?)まで多様なのですが
どうもローカル色が濃すぎるようで、日本人に好まれそうな衣料は少ないようです。

5階建の上から下まで一通り見学しましたが、ビルを出るころにはヘロヘロでした。

あまりに目指すものが見つからなかったので萎えそうになっていましたが
せっかくなので上海興旺服飾市場のほうも覗いてみることにしました。

あまり期待していなかったのですが、入ってすぐに目当ての ANAPURNA を発見。

その他にもそこそこ良さそうなものを扱っているお店がいくつかあり、さきほどの
上海新七浦服飾市場に比べると、それなりに見る部分もありそうです。

B品や過剰生産品の横流しもあるようで、根気よく探せば掘り出し物もありそうです。

七浦路 七浦路

上の写真は今回手に入れた ANAPURNA のマウンテンウェア。

はじめは280元を提示されましたが、ちょっと値切ってみたら190元になりました。
意外とあっさりだったので、もう少し下がったかもしれませんが十分満足です。

糸があちこち出ていることを除けば縫製もしっかりで、素材も悪くありません。

ニセ物なのか本物なのかは見極められませんでしたが、裏地にちょっと破れが
あったので本物のB品が放出されたのではと、自分で勝手に満足しています。

保温性も抜群で今の上海では、ちょっと暑いと感じるくらいでした。

チャイライさん、よい物を紹介してくださってありがとうございます。
思わず同色を買ってしまいました。かぶったらごめんなさい。

 

-------------------------------------------------
上海新七浦服飾市場
上海市閘北区七浦路179号 (七浦路 x 河南北路)
営業 05:00~17:00
電話 021-6357-1060

上海興旺服飾市場
上海市閘北区七浦路168号 (七浦路 x 河南北路)
営業 不明
電話 不明
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-23 23:06 | 観光情報


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク