excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2005年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
めん処サガミ
奥さんのリクエストで、来福士の裏手にある『めん処サガミ』へ行ってきました。

出張で3週間滞在したときは毎日中華でもへっちゃらだったのですが
奥さん的にはすでに和食が恋しくなっているようです。

もっとも出張と駐在では違いますから、ぼくもそのうち恋しくなるのかも。

郷に入っては郷に従えとは申しますが、やっぱりぼくらは日本人。
銀シャリに漬物だとか明太子をそえて食べたくなる日もありますよね。

閑話休題。

さて、サガミといえば日本でも馴染みのチェーン店ですが
上海にも進出していたとは知りませんでした。

以前、待ち合わせ場所として利用したことありますが、そのときはビールのみで
今回のようにきちんと食事をするのは初めてです。

サガミ サガミ サガミ

入り口の扉(引き戸!)をくぐると、「いらっしゃいませ」と日本語でお出迎え。

落ち着いた内装の店内は貼り紙やメニュー、小物に至るまで和で統一され
店内のBGMはなぜか森山直太郎だったりして、上海に居ることを忘れてしまいそう。

挨拶だけかと思ったんですが接客も、たどたどしいながらもきちんと日本語で
厨房の「○○あがりました!」のかけ声まで日本語なのはご立派。

どうやら、かなりしっかりと教育がなされているようです。

メニューはめん処とは思えない充実ぶりでいろいろなものを取りそろえていますが
考えてみれば本国のサガミも居酒屋+ファミレス的なメニュー構成でしたっけ。

お値段も思っていたより高くないのが嬉しいですね。

サガミ サガミ

ぼくはすき焼きうどん、奥さんはカツ丼セットを注文。

店員さんが「スキ焼キウドン、イッチョウ。かつ丼せっとイッチョウ」と
きちんとした日本語で復唱するのが微笑ましいですね。

奥さんの頼んだカツ丼はちょっと学食チックな味わいでしたが
全体的にはまずまず合格点ではないでしょうか。

すき焼きうどんも少し甘すぎな気もしますが、一応は及第点。

ただ、普通のうどんだしは関東系なのか、薄口のだしに慣れたぼくらには
ちょっと違和感のあるものだと感じてしまいました。

もっともサガミは中部系のお店なので、これは仕方ないのかな?

今はまだ滞在期間が短いので感動は薄いのですが、長らくここに暮らしていると
すごく懐かしい、美味しいと感じるようになるかもしれませんね。

いずれうどんが恋しくなったら、また訪れてみたいお店デス。


-------------------------------------------------
盛賀美(サガミ)福州路店
上海市黄浦区福州路666号 金陵海欣大厦1楼
営業 11:00 - 23:00 (22:45オーダーストップ)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-12 18:15 | 街角グルメ
 
Come on a my house (うちにおいでよ)
いろいろとありましたが、ようやく新居へ入居することができました。

引っ越し当日はよりにもよって、本社への納品日の前日。
判りやすく言い替えれば、修羅場の真っ最中です。

こんな日に終日休みを取るわけにもいかず、かなり忙しい1日となりました。

新居 新居

前回、下見をしたときは空っぽの部屋だったので、家具の入った新居は初めて。

ちょっとチープっぽい気もするけれど、思っていたほど変な家具でもなく
全体的にすっきりとした印象の部屋に仕上がっていたのでひと安心。

いろいろと見学した物件の中には、あまりにあまりな部屋も多々ありましたので(笑)

新居  なぜかダイニングの上には、お皿やグラスが並べられ
  中央には花瓶に生けた花まで飾られています。

  こちらでは家具だけでなくいろいろ付いているとは
  聞いていましたが、こんなサービスまであるとは。

センス云々はともかく、その心遣いは嬉しいですね。


しかし、オーナーからの引き渡しが終わったあと
あちこちチェックしていくと問題が多発。



(;´Д`) しゅうです、……鍵穴に鍵を差し入れたら、抜けなくなったとです。




(´Д⊂  ……テレビのリモコンが思い通りに動きません。




ヽ(`Д´)ノ  ……そもそもアンテナがささっていませんでした。




_| ̄|○  ……シャワーから冷たい水しか出て来ないとです。




何だか問題ばかりのような気もしますが、住めば都って言いますし
いずれは慣れてしまうんではないでしょうか。


(;´Д`) ……って、お湯が出ない生活には慣れたくないなぁ。



新居 新居 新居

いろいろ不満をあげつらってしまったけど、基本的には気に入ってますし
分不相応なくらい立派な物件なんではないかと思います。

とくに地上35階からの夜景は最高!

繁華街から離れているので100万ドルの夜景とは申しませんが
20万元くらいはあげてもよいかなってくらい。

ともかく、これでようやくこの街に暮らしていると、胸をはって言えそうです。



-------------------------------------------------
補足
夜景の写真の大きいのを GREE のフォトアルバムに
登録しました。興味ある方はご覧あれ~。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-11 20:14 | 中国的生活
 
いってらっしゃい
Fuyu さんの壮行会が行われるとの情報を聞きつけ
仕事帰りにフラリと045に顔を出してきました。

Fuyuさんと初めてあったのは、今年3月に行われた76会でのこと。

初めてお目にかかる人ばかりの76会の中で、彼女はぼくの心に
ひときわ強い印象を刻みつけていってくれた人でした。

それからブログのほうも拝見するようになり
日夜繰り広げられるエロネタにはいつも笑わせてもらってます。

それ以降もGREE上海の会や、はらけんさんの結婚式
さらには中国歴史教科書勉強会など、いろんなところでお会いしましたっけ。

Mintで楽しそうに踊る彼女の姿が、とてもカッコよかったのを覚えています。

壮行会 壮行会 壮行会

この日の TATAMI は超満員。

いろいろなところから、いろいろな人たちが集っており
彼女の交友関係の広さと人徳を再認識することができます。

ひとりでゆっくりと嗜むお酒もいいけれど、大勢で酌み交わす酒は最高ですね。

以前に何度かお目にかかった顔見知りの方々や、新しく知り合った人たちと
楽しい語らいのひとときを過ごすことができました。

壮行会 壮行会 壮行会 壮行会


って、肝心のFuyuさんとおしゃべりしてないやんっ Σ( ̄□ ̄;


思い返せば彼女とは何度も同席しているにも関わらず
ゆっくりとお話したことないんですよね。

その日の主役はそっちのけで、違うとこでマターリしてました(汗)


壮行会  ブログ上で恐縮ですが
  どうか気をつけて行ってらっしゃいませ。

  帰ってきたときには今度こそ
  お近づきになれれば光栄です。

[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-10 19:03 | 交流
 
役に立たないビザ取得マニュアル
当初の予定では30日、上海上陸と同時に新居へ入居。

臨時住宿登記表なる書類を手に入れて居留許可を申請しつつも
労働局へ就業登記を行ない、ビザの申請までこなす予定でした。

ところが、30日には新居が決まっておらず、中国全土はそのまま国慶節に突入。

その後の予定がどうなったのかも判らないまま、諸手続を行なってくれる
コンサルタント会社も音信不通となり、悶々とした日々を過ごすこととなりました。


ようやく連休が明けた8日。

そろそろ手続きの準備をしておかないと、Fビザを持っているぼくは良いものの
ノービザの奥さんの滞在可能期限が、刻一刻と迫りつつあります。


まさかこのまま強制送還っ?! Σ( ̄□ ̄;

それはそれでネタとしては面白いんですが(奥さん的には面白くないし)
しばらく中国に入国できない身になっても困ります。

コンサルタント会社にいったいどうなってんのと連絡すると
「それじゃ、今から行きましょう」と即答です。

対応が速いのは良いけれど、こちらからアクション起こさないと駄目なのね(汗)

VISA申請 VISA申請 VISA申請

住居も決まらないまま滞在中のホテルから、臨時住宿登記表を貰います。

そのまま中山南路にある『上海市労働局外国人就業管理オフィス』と
思われる場所までタクシーで移動します。

と思われるってのは、コンサルタント氏は何の説明もないまま
あちらこちらへ引き回すので詳細が不明瞭なんです。

そこに座っていろと指示されて、パスポートを渡すと
あとは待っているだけで手続きは完了してしまいました。

VISA申請 VISA申請

再びタクシーに乗り込み、たどり着いたのは虹橋付近にある
『上海市出入境管理局』だと思われる場所。

すみません、やっぱりどこだかよく判っていません。

なんせ無口なこのお方、ほとんど何も言わずにズンズンと先へ
進むばかりでまったく説明してくれません。

ここで再びコンサルタント氏にパスポートを渡し、待つこと十数分。

結局なにもしないまま、手続きはすべて終わってしまったようで
木曜日には就労ビザと居留証が手に入るようです。


(;´Д`) ……ぼくらが一緒に行く必要、あったんでしょうか?


このあと、コンサルタント氏は「ぼくはここで……」と言い残し
タクシーにぼくらを押し込めて去っていきました。

最後まで説明らしい説明もないまま……というか
日本語はあまりお上手ではないようですね。


そんなわけで訳のわからないまま、あちこち連れまわされているうちに
すべての手続きは完了してしまったようです。

きちんとまとめて、これから駐在員になるであろう人たちへの
マニュアルを残そうとの計画は、もろくも崩れ去りました。

結論、ビザの取得など事務手続きは専門家に任せると簡単!


……駄目? (´д`*)ノ


VISA申請  写真は中山南路付近で撮った写真。

  上海でもこんな鮮やかな青空を
  見ることができるんですね。


どうやら、この街にもようやく秋が訪れたようです。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-09 20:23 | 中国的生活
 
上海のネットワークインフラ
今さらながら、インターネットって便利ですよね。

お家に居ながらにしてショッピングや振込み、いろいろな情報収集ができたり
遠く離れた外国とも気軽にコミュニケーションを取ることができます。

かつて多くの個人は情報の受け取り手でしかなかったのですが
今では普通の会社員でも世界に情報を発信することができるんです。

とくに上海で生活するようになってからは、ネットの便利さを痛感する毎日。

E-mail  しかし、ここ中国では日本に比べて
  インフラの整備はまだまだ遅れています。

  そして、扱える情報の自由度も低いのが現状。
  ここからでは見られないサイトも多々あります。

この辺りが完全にフリーになれば、この国はもっと変わるかもしれませんね。


ところで、こちらでのインフラの不安定さは、どうにかならないものでしょうか。

日本では普通に使っていたメールサーバーのひとつが
上海からではなかなかアクセスできません。

いっそ、まったくアクセスできなければ諦めもつくのですが
メールボックス内のリストだけは取得できます。

けれど、いざメール本文を取得しようとすると、なぜかエラーで切断されるんです。

メールのタイトルや差出人は判っているにも関わらず
その内容が読めないもどかしさ_| ̄|○


さらに先日。連休明けの仕事初めの日に、会社から社外へのアクセスが不能な事態に。

社内のパソコン同士は大丈夫なのですが、社外のインターネットは
メールもブラウジングも、FTPまでもが全滅状態でした。

その後の調べによるとビル全体が遮断状態に陥っていたそうです。

結局、原因は不明のままでしたがお昼過ぎにはどうにか復活。
思うに休み明けでアクセスが殺到して、システムがダウンしたのでは?(汗)

もっともこんな状況でも内陸部とかに比べたら
かなりインフラ整備は進んでいる状況なんでしょうけどねぇ……。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-08 11:53 | 中国的生活
 
お大事に
奥さんが寝込んでしまいました。

慣れないホテル暮らし、慣れない食べ物、急激な気候の変化などなど。
そんなものが積み重なって、体調を崩してしまったのでしょう。

病床に臥せっていると弱気になるのか、ちょっとした泣き言もこぼしていました。

彼女は結婚前までずっと親元で暮らしてきたので
一人で寝込むなんて経験は少ないのではないでしょうか。

ぼくはひとり暮らしが長かったので普段はぜんぜん平気なのですが
それでも病床にあるときは、妙に寂しくなったりするもんです。

まして知り合いも居ない遠い異国の地でひとり、ぼくの帰りを待ちながら
ベッドで寝込んでいるのは、さぞ心細かったことでしょう。

こんなとき、側に居てあげることすらできなかった自分がもどかしい。

残念ながらぼくはお医者様でも神様でもないから、病を治すことはできないけれど
どうか一刻も早く元気になって、いつものような笑顔を見せてもらいたいものです。


-------------------------------------------------
■後日談
完調とはいきませんが、翌日にはどうにか体調も持ち直したようです。

けれど、相変わらず新居に移れるのはいつになるのか判らない状態。
早くこの宙ぶらりんな状況をなんとかせねばなりませんね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-07 21:13 | 日々雑感
 
太湖の船にゆられて
150元分の割引券があったので、無錫料理の店『太湖船菜館』へ。

ここは会社や宿泊先ホテルに近いこともあって何度も利用している店で
オーダーによって高級なものから、リーズナブルなディナーまで楽しめます。

太湖船菜 太湖船菜 太湖船菜

無錫料理といえば白蝦、銀魚、そして白魚の「太湖三白」が有名ですが
これらの料理はどれも量が多くて、ふたりで食べるには向きません。

おまけに割引券が使える料理は限られているらしく
あれも駄目、これも駄目だと断られてばかり。

結局、どれを頼んで良いのか判らなくて、かなり適当に数品をオーダー。

太湖船菜 太湖船菜 太湖船菜

白菜を大きなまま煮込んだのや、肉団子の中に蟹の身とミソが入った物
白蝦と野菜の炒め、牡蛎のチリソース、海鮮炒飯などなど。

中にはどんな料理かも判らず注文したものもありますが、ほとんどアタリでした。

しかし、日本語のメニューとまでは言いませんが、メニューに写真すらないお店も多く
そういったところでの注文は、半ばギャンブルのようで楽しいですね。

名前から肉料理かなと想像して注文するんですが
ときにはまったく見当違いの料理が出てきてビックリ。

けど、その何が出てくるか判らないドキドキ感が良いんですよね。

見たことも聞いたことも無いような料理が出てきて
しかも、それが美味しかったときはかなり嬉しいもんです。


この日はかなりお腹いっぱい食べて、フルーツの盛り合わせまで注文したのに
割引券のおかげでふたり分でもたったの72元(約1,000円)でした。

いつもはローカルな食堂などが多いのですが
たまにはこんなご馳走中華も良いですね!



-------------------------------------------------
太湖船菜館
上海市黄浦区淮海中路98号 金鐘広場6F
営業時間 - 22:00
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-06 21:14 | 街角グルメ
 
上海で新疆料理を食らう
そろそろ奥さんの手料理が恋しい頃ですが、ホテル暮らしでは仕方ありません。

本日の夕ご飯は雲南南路にあるウイグル・イリ地方料理のお店
『新疆伊犂餐庁』へ行ってきました。

新疆料理 新疆料理 新疆料理

このお店は店先で売っている羊肉串が有名で
いつもモウモウと煙を立てながら大量の串を焼いています。

串焼きは何度も食べたことあったのですが、中で食事をするのは初めて。

店内はやはり普通の中華料理店とは一線を画しており
イスラムテイストな内装やウイグル文字が目を引きます。


(;´Д`) ……でも、メニューを見たら普通に中華料理みたい


その中から出来るだけ変わっていそうなものを注文。
と言っても、何が書いてあるか判らないので当てずっぽうなんですが。

新疆料理 新疆料理 新疆料理

左端は「餅包肉」と名付けられた料理。

パンのような、ナンのような生地の上に羊肉と野菜を
甘めに炒めたものを載せ、タレがたっぷりかかっています。

このタレの染み込んだパン風のものがグッド!


真中は「涼拌油白菜」と「回鍋肉」。

「涼拌油白菜」を注文したんですが、出てきたのは明らかにチンゲン菜。
でも、美味しかったので良しとしときましょう。

「回鍋肉」は名前だけで、実態はまったく別の料理のようでした。
味付けもかなり違いますし、そもそもこれって羊肉のような。


右端は「那仁」という、まったく聞いたことない料理。

ラビオリの皮みたいなのと、角切りにした小さな羊肉を
インスタントラーメンのスープみたいなので煮込んだもの。

なんだかホッとする味で、満腹だと言いつつ食べすぎてしまいました。

回鍋肉は肉がぱさついていて味付けもイマイチでしたが
その他の料理はどれも日本人の口にあう味付けでおすすめ。

変わった料理が食べたくなったら、また訪れてみたいお店でした。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-05 22:03 | 街角グルメ
 
上海よくばりアテンド・ツアー その7
○Sat, 3 Sep. 2005 14:27 +800 七宝古鎮

I氏のハイペース観光に合わせていたら、次に行くべきネタが尽きてきました。

豫園やその周辺、外灘を観てまわり、浦東ではテレビ塔や水族館を見学。
全部まわれば半日近い時間が潰れる予定だったのですが、まだお昼過ぎです。

止むを得ず、翌日に行こうと考えていた七宝古鎮まで足を伸ばしました。

七宝古鎮は古い街並みの残る水郷で、周荘ほど有名ではありませんが
距離も近いので気軽に訪れるには良い場所でしょう。

市内から地下鉄を乗り継ぎ、1号線の終点に近い外環路まで移動し
駅前でタクシーに乗り込んで10~15分程度のところにあります。

七宝古鎮 七宝古鎮 七宝古鎮

北側の広場から古鎮へ入っていくと、すごい数の観光客がひしめいていました。

ぼくの中ではそれほどメジャーな観光場所ではないと言う
位置づけだったんですが、意外と賑わっているようです。

細い路地の両側にみやげ屋が並ぶ通りを抜けると、大きな水路に出くわします。

両側には古い建物が立ち並び、岸辺には小舟がたゆたっていたりと
歴史ある水郷の雰囲気を味わうことが出来ました。

アーチ橋を渡って向こう岸へ。

再び、みやげ物屋の立ち並ぶメインストリートを通り抜け
ズンズンと突き進むとあっと言う間に古鎮の外れ。


(;´Д`) ……あいかわらずペース早すぎです。


I氏は店の売り物や、立ち並ぶ飲食店には目もくれずに先へ先へ進むので
狭い七宝の観光は、あっというまに終わってしまいました。

有料ですが古い史物が展示されている場所が何ヶ所もあったり
名物の乞食鶏(叫化童鶏)を食すなど観光スポットもいくらかあるんですけどね。

どうやらI氏は、これらには興味ないようです。(お金がもったいないだけかも?!)

七宝古鎮 七宝古鎮 七宝古鎮 七宝古鎮

このまま立ち去るのはさすがに忍びないので、裏通りに入って
古鎮の周りに住まう現地の人たちの暮らしぶりなどを見学。

観光客とは無縁の生活感あふれる通りに立ち並ぶ民家は、今にも崩れそうです。

無人の廃屋に見える建物にも多くの人たちが賑やかに暮らしており
貧乏そう(?)だけれども、どこか楽しそうにも見えました。

物質的な豊かさだけがすべてではないなと、改めて考えさせられつつ
次の目的地へ向かうべく市街地へと引き返しました。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-04 22:11 | 観光情報
 
スリにご用心

_| ̄|○ ……デジカメをスラれてしまいました。


人民広場周辺はかなりの人出だったので、気をつけていたつもりなんですが
いつ盗られたのかも判らないくらい、鮮やかにやられてしまいました。

こちらのブログでカバンを盗まれた話を読んだばかりなので
注意しなければいけないなと思っていた矢先の出来事です。

残念ながらぼくのデジカメとSDカード、そしてたくさんの想い出は
人ごみと喧騒の中に、人知れず消えていきました。

皆さんもくれぐれもスリにはご用心ですよ。



最近外食続きで野菜不足を感じていたので、夕飯は火鍋を食べに行ってきました。

粥底火鍋 粥底火鍋 粥底火鍋

火鍋といえば鴛鴦鍋が有名ですが、奥さんは辛いものが苦手ですので
あっさりさっぱり食べられる、粥底火鍋をセレクト。

以前にも紹介しましたが、鍋底にご飯が入っており
具材を食べ終わる頃にはお粥ができあがるアイデア鍋料理です。

様々な具材から出た旨味がたっぷりとけ込んだ、濃厚スープで作るお粥は絶品。

すでにかなりの量を食べて満腹になっているはずなんですが
不思議と何倍もお替わりしてしまう美味しさでした。

粥底火鍋 粥底火鍋

ところで、デジカメを盗られてしまったのに
写真があるのは何故でしょう?


じつは新しいの買っちゃった (´д`*)ノ


いつまでも落ち込んでいても仕方ないので、さっくりと新しいデジカメをゲット。

そんなわけでこれからも、『上海deデート』は
写真つきでお送りしたいと思います。

-------------------------------------------------
川妹子
上海市黄浦区延安路445号(大世界近く)
営業 不明
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-03 22:49 | 中国的生活


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク