excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2005年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
Music, No border.
上海へ引っ越すにあたって、持ってきたものは衣類がほとんど。

その他の家具家電や雑貨、書籍やCDなどのお気に入りまで
すべて日本の自宅に置いてきてしまいました。

バタバタと忙しかった時期は気にならなかったのですが
生活が安定してくると時には音楽など聴きたくなります。

近所の CD ショップへ行って、以下の2枚を買ってきました。

CD CD

左側は韓国のアーティスト、BoAの5枚目のアルバム『Girls on Top』。

かつてソウルにホームステイしたときから K-POP には注目しており
彼女のことも日本上陸以前からひそかにチェックしていました。

デビュー当時、たしか彼女は14くらいだったと思いますが
今ではもう二十歳ですよ。歳を感じるハズですね。

右側は香港の実力派シンガー、容祖兒(ジョイ・ヨン)のアルバム。

彼女については日本にいる頃は知らなかったのですが
先日、たまたまテレビの歌謡ショーみたいな番組で知りました。

歌詞の意味がまったく判らないにも関わらず、透き通るような彼女の歌声は
聴くものになんとも言えない、切なさのようなものを感じさせてくれます。

日本人のぼくがここ上海で、韓国や香港の歌手の歌声を聴く。

音楽に国境はないと申しますが、よい音楽は
どこで聴いたって色あせないものですね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-21 22:02 | 日々雑感
 
上海で出会い系
新居のほうは奥さんの努力の甲斐あってか、ずいぶんと片付いてきました。

ただ、部屋の片付けもない。働き口もない。友達もいないとなると
ぼくが仕事に行っている日中は、あまりすることがありません。

ここしばらくは、ぼくの仕事が忙しくて連日のように深夜の帰宅ですから
奥さんのことはすっかりほったらかし状態。ちょっと心配していました。

中国語  けど、それほど心配する必要もなかったようです。

  先日、そろそろ語学学校に行くと宣言したかと思うと
  その翌日にはもう、近所の学校を見つけて入学していました。

  初授業の日にさっそく、クラスメイトの皆様方と
  お茶などして親交を深めてきたそうです。

一日中、話し相手がいないと会話に飢えてしまいそうですが、これでひと安心ですね。


しかし、ぼくもそろそろ中国語の勉強を再開せねばなりませんよね。

奥さんにいくらかは先んじているとはいえ、ここしばらくはまったくの手付かずですし
うかうかしていると彼女のほうがペラペラ……なんてことにもなりかねません。

それはそれで便利なのですが、なんとなく負けたくない男心(笑)

同じように学校に通うことができれば良いのですが、昼間は仕事がありますし
終業時間が不規則ですから夜間もなかなか難しいんですよね。

そんなとき、Mahoo上海FIND TEACHER を教えてもらいました。

外国語の家庭教師を探している人、家庭生徒(?)を探している人を繋ぐ
登録制のサイトで、ここにデータを載せておけば問い合わせが殺到するそうです

家庭教師なら比較的時間の融通も聞きそうですし、自宅で気軽に受けられます。

さっそく登録を行ない、問い合わせが多すぎてメールボックスが
パンクしたらどうしようかと、ドキドキしながら待つこと丸1日。


_| ̄|○ ……1通もメールは届きませんでした。


条件はそれほど悪くないとは思うし、希望する内容など
判りやすく書いたつもりですが、敷居が高かったのでしょうか。


やはり声がかかるのを待つなんて、消極的な方法は駄目なのでしょう。

こちらから条件に見合う先生を探して、ガンガン声をかけるようにすれば
きっと何人かは返事を返してくれるに違いありません。

中国語・上海市内の条件での検索結果は398件。

そのリストをもとに詳細なプロフィールを拝見して
条件に見合う先生をひとりひとり探していきます。

中国語  しかし、考えてみたらこれって
  一種の出会い系サイトですよね。

  目的が恋愛メインか、家庭教師かの違いで
  やってることは、ほとんど同じだったりします。

まさか、こんな形で出会い系デビューするとは思いませんでした。

とりあえず条件の合いそうな方々にはメールしましたので
あとは結果が返ってくるのを待つのみです。

どうか、良縁にめぐりあえますように……。結果は乞うご期待!
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-20 22:16 | 普通話学習
 
安全な食品を求めて
さきほどのバトンに関連して、調味料に関するこだわりを書いてみたいと思います。

旨い料理を作るためには、調理人の技術ももちろん大切ですが
美味しい食材と美味しい調味料を使おうってのがぼくの持論です。

もっともこだわりの食材をいつも揃えるには、とてもお金がかかるのも事実。

そこでせめて調味料だけでも美味しいもの、正しいものを使いたいと
昔っから家庭で使う調味料には、ちょっとしたこだわりを持っています。

調味料 調味料 調味料

写真は我が家で使っている(使っていた)こだわりの調味料の一部。

左端は以前にも紹介した徳島県は光食品のウースターソースと濃厚ソース。
フルーティで芳醇な味わいは、これまでのソースの常識を覆します。

真ん中の写真は順に堀河屋野村の三ツ星醤油、角谷文治郎商店の三河みりん
そして、京都三条にある村山造酢の千鳥酢です。

どれも真っ当な原料と、昔ながらの製法を頑に守り続けて造られた逸品。

右端は福井県にある永平寺御用達の米五が、原料と技法にこだわって作る
数量限定受注生産の究極の味噌、極味(きわみ)です。

9月いっぱいのみ注文を受けつけ、手に入るのは翌年の11月という不器用な味噌。

これらの調味料は、大手食品メーカーが大量生産で作るものに比べると
どれも数倍から数十倍の値段ですが、それだけの価値はあると思っています。

ぼくがこれらの調味料を買い始めた頃は、メーカーから直接購入していました。

例えば三ツ星醤油などは個人向けの販売は行なっていないので
最低販売本数は6本単位から。そんなたくさん、どうしろと(汗)

最近は健康ブームに乗り、安全で正しい食材や調味料が市民権を得ており
通販やこだわり食品のお店などで手に入れることが可能となりました。

なんとも嬉しいことですが、さすがに上海でこれらは手に入りません。

中国では農薬まみれの野菜や、商品価値をあげるために化学薬品を使ったもの
その他にも土壌や河川に残留した危険物質の問題にさらされています。

家楽福(カルフール)などで有機栽培の野菜なども扱っていますが
まだまだ数も少なく、値段も通常の倍近くします。

安全で美味しい食品を気軽に手にできるようになるには
残念ながらもう少し時間がかかりそうですね。

ああ、美味しい醤油と極上のわさびで、旨い刺し身が食べたい(笑)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-19 20:48 | 日々雑感
 
調味バトン
はらけんさんより、調味バトンなるものがまわってきました。

Q1.次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。

 ・目玉焼き x 醤油
  調理過程で岩塩と黒胡椒をふるとグッド。サニーサイドアップが好き。

 ・納豆 x 付属のタレとからし
  付属のタレは全部入れると塩辛いのが多く、半分くらい使います。
  あと調味料じゃないけど、めかぶやオクラと一緒に混ぜるのが好き!

 ・冷奴 x 醤油
  まあ、基本でしょうか。でも、ぽん酢で食べるのも好きだし
  塩と香酢で食べるのも美味しい。潰した皮蛋とからめるのも良いですね。

 ・餃子 x 香酢
  下味が薄い場合は少しだけ醤油を混ぜますが、香酢のみでもOKです。

 ・カレーライス x 基本はなし
  味が薄い、物足りないと感じたら醤油をかけるときもあり。
  調味料じゃないけど、ひじきをトッピングすると美味しいですよ。(変?)

 ・ナポリタン x タバスコ
  ナポリタンをあまり食べませんが、食べるとすればタバスコでしょうか。
  あとパルミジャーノ・レッジャーノを山盛りでふりかけます。

 ・ピザ x タバスコ
  お手軽なのでタバスコが多し。イタリアンな感じでチリオイルとか
  クラッシュド・レッドペッパーなんかも好きです。

 ・生キャベツ x キューピー焙煎ゴマドレッシング
  とんかつソースで食べるのも捨てがたいですが、常用するのはゴマドレ。

 ・トマト x 何もかけない
  何も足さない、何も引かない。ってことで、生のまま食べるのが好き。

 ・サラダ x 焙煎ゴマドレ
  あとは内容に応じて自作でドレッシングを作ったりします。

 ・カキフライ x タルタルソース
  タルタルソース最高! でも、レモン汁だけで食べるのも好き。
  素材がよければ何もかけなくっても美味しいですよね。

 ・メンチカツ x ウースターソース
  美味しいソースがあればかけます。外食時にはかけないこと多し。

 ・コロッケ x ウースターソース
  メンチカツに同じ。そのまま食べても美味しいですよ。

 ・天ぷら x 天つゆまたは塩(ネタによる)
  素材によって使い分けるので、一概にこれとはいい難いですね。

 ・とんかつ x おろしぽん酢
  何もつけないこともよくあります。最近は名古屋風の味噌ダレもお気に入り。

 ・ご飯 x 香酢
  調味料バトンなのでふりかけとか、明太子とかは無しですよね?
  なにげにウースターソースなんかも、少しだけなら美味しいです。


Q2.周囲に意外と驚かれる好きな組み合わせは?

  肉まんにとんかつソース+練りからし。以前はいつもこの取り合わせ。
  でも、最近は肉まんに香酢がお気に入りです。

  あとはお粥に香酢とか、鶏空揚げに香酢とか。
  いろんなものに酢をかけます。


Q3.それが一般的だと分かっているのに苦手な組み合わせは?

  先日、回転ずしでトロに甘ダレをかけて食べている親子を見ましたが
  あれに関しては、ちょっと遠慮したいかな(一般的じゃないですね)。

Q4.バトンを回したい5名は誰ですか?
  よしけいさんmamiさん青二才さんジェンシさんhuimuseumさん

このサイトをいつも見ていてくれそうな人、5人にバトンを託します。
(2回以上コメントくれたことのある人に振らせて頂きました)

もし、このメッセージに気がついて、受け取っても良いよと思われたら
時間のあるときにでも、続きを書いて頂ければ光栄です。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-19 20:45 | 交流
 
中国茶を楽しもう (天山茶城)
普段から仕事中に飲んでいるお茶は、ローカルな市場で買った格安のお茶です。

それほどお茶の味が判るとも思えないので安価な物でも十分なのですが
たまには良いものをと考え、噂の『天山茶城』へ行ってきました。

天山茶城は上海観光協会より推薦されている、世界最大のお茶市場。

観光協会から推薦されているってことは、お値段も観光客向け価格な気もしますが
言葉の壁がありますので、外人慣れしてそうな天山茶城のほうが良いかも。

何も考えずに「これ、ちょうだい」と買うならローカル市場で十分ですが
いろいろ試飲させて貰いながら選ぶのには不向きですものね。

天山茶城 天山茶城 天山茶城

名前に城と付いているだけあって、入り口には城門のようなものがありました。

3階建てのビルの内部は細かく仕切られ、数多くの小さなお店が軒を並べています。
1階は主に茶葉を、2階が茶具、3階はその他の書画や骨董などを扱っているようです。

いろんな種類を取りそろえているのもあれば、とある種類を専門に扱う店も。

あれこれ試してみるなら前者ですが、今回はプーアル茶が欲しかったので
店先を拝見してプーアルを専門に扱っていそうなお店にお邪魔しました。

あちらこちらに無造作に積み上げられた餅茶(円盤状に固められたお茶)を
さも興味ありげに眺めていると、店主が声をかけてきます。

店主「なにを探しているんだい?(たぶん、そんな内容)」
ぼく「プーアル茶が欲しいんだ。どれが美味しいの?(カタコト)」

かなりシロートまる出しな聞き方のような気もしますが
中国茶に関しては本当にシロートなので仕方ありません。

天山茶城 天山茶城 天山茶城

さっそく店の奥に案内してもらい、試飲タイムです。

鮮やかな手つきで茶具を用意し、餅茶をバリバリと崩してからお湯を注ぎ
一煎目はそのまま捨ててしまいます。たぶん、洗茶ってやつでしょう。

可愛らしい茶器に注がれた琥珀色のプーアル茶は……美味しいっ!

難しいことは判らないけれど味に深みとほのかな甘味があって
全体的に苦味がなくまろやかで飲みやすいお茶です。

おそろおそる値段を聞いてみると、餅茶1枚(375g)が450元!

筆談を交えて子細に伺った話では1999年ものの熟茶だそうで
値段相応美味しいんだけど、普段から飲むにはちょっと高い。

ランクを落としてもらい色々と試飲するんですが、最初に飲んだお茶の
インパクトが大きかったので、どれも今ひとつと感じてしまいました。

おそらく最初に美味しいお茶を飲ませたのは、店主の策略に違いありません。

1番目のお茶にかなり心引かれたのですが、やはり予算的にオーバーなので
2001年もの野生種熟茶を購入しました。ある程度値切って130元のお買い上げ。

あれこれ買っても、そんなにたくさん飲みきることはできないんですが
ついつい色々な種類のお茶を買い集めたくなってしまいますね。

中国茶、ちょっとはまってしまいそうかもデス。


天山茶城  付記
  せっかくなので、別のお店で茶器もゲット。

  茶漉し付きの可愛い感じのやつで
  左がぼくの、右が奥さんのセレクトです。



-------------------------------------------------
天山茶城
上海市長寧区中山西路518号(中山西路×玉屏南路)
営業時間 中のお店によってまちまち
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-18 22:19 | 観光情報
 
再見!
たけぽんさん の送別会がひそやかに行われると聞いて
仕事帰りに彼の自宅へと駆けつけました。

たけぽんさんと初めて出会ったのは、3月に訪れた屋内カート場

まだ上海にほとんど知り合いがいない時期にお目にかかったので
こちらでの友人としては古株に入るのかも。

カメラの話、クルマの話、その他にもいろいろと語り合いました。

ぼくがサーキットを走っている話を聞いて、ぜひ日本に帰国した折には
誘ってくださいとおっしゃっていたのを覚えています。

その予告通り、彼は日本に完全帰国することになったのだけれど
時を同じくしてぼくは上海駐在員としてこちらに赴任することに。

残念ながらすれ違うこととなり、約束は果たされないままとなりました。

たけぽん送別会 たけぽん送別会 たけぽん送別会

あれ以来、カート場以外でも歴史教科書勉強会に誘ってくださったり
GREE上海や上海76会など、いろいろな場面でお世話になりました。

ようやく駐在も決まり、いよいよこれからってときに訪れた早すぎる別離。

サルサに連れていって欲しかったし、彼の好きな旅行もご一緒したかった。
モノポリーの仲間に入れて貰う約束もまだでしたよね。

彼から教わること、彼といっしょにやりたかったことはなにひとつ叶っていません。

けど、距離は遠く離れてしまうけれど、きっと何処かでまた会える。
そう信じて笑顔で握手を交わして、再会を誓いあいました。

立場は逆になってしまったけれど、上海へお越しの際はぜひ声をかけてください。

そして、ぼくがタイミングよく一時帰国できたならきっと
約束のサーキットにてお目にかかりましょう。

また会える日を信じて、さよならはいいません。


どうか、お元気で。再見っ!
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-17 23:00 | 交流
 
新たな目標(CoCo壱番屋)
日曜日の昼下がり、カレーハウス『CoCo壱番屋』の中山公園店へ行ってきました。

先日、チャイライさんのブログにて紹介されていたのを見て以来
なんだか無性に食べたくなっちゃったんですよね。

ココイチと言えば日本ではお馴染みのチェーン店で、過去に何度かお世話になりました。

日本で暮らしていた頃には、特別な思い入れなどはなかったのですが
ここ上海で気軽に日式カレーを食べるには、打ってつけのお店ではないでしょうか。

ココイチ  先日、タクシーで通りがかったときに、店の場所は確認済み。
  中山公園を左手に見ながら、カレーを目指して突き進みます。

  やがて前方に見えてきた黄色の看板は、たしかにココイチ!
  憧れの日式カレーはすぐ目の前です。

  真っ白な銀シャリに盛られた、 黄土色のカレールー。
  想像するだけで、ちょっと興奮してきました。 (*´д`*) ハァハァ

お店に入ると「いらっしゃいませ」とごあいさつ。

先日のサガミほどではありませんが、日本語での接客のための
必要最低限の教育は施されているようです。

中国に出店しているんですから中国語のままでも良いとは思うんですが
やはり日本語で応対してくれると、ちょっとした安心感は得られますね。


少なくとも注文してみたものの、何が出てくるか判らないってことはありません(笑)


奥さんはチキンカツカレーに、サラダとドリンクのセットを。

ぼくはアスパラとトマトのカレーに、ほうれん草と茄子、きのこをトッピングして
ライスは400グラム、4辛を注文しました(注文つけ過ぎ!)

こんな細やかな 我が侭 要望が通るところも、なんだか嬉しいもんです。

ココイチ ココイチ ココイチ

奥さんの分は早めに出てきたのですが、いつまでたってもぼくのカレーは来ません。
焦らしに焦らしてから出てくる、心憎い演出でしょうか?(注文つけ過ぎのせいです)

まだかな、まだかな~っと待っていると、小姐がお皿を持ってこちらへ。
 
 
 
キタ――――(゚∀゚)――――!!!!!
 
 
 
柔らかく炊き上がった日本米の上に、色とりどりの野菜やきのこがトッピングされ
それをひとつにまとめ上げるように、懐かしい香りのルーがたっぷり。

久しぶりに食べるココイチのカレーは、普通にココイチのカレー味でした。

香菜が入っていたり、得体の知れない香辛料が効いていたりする
中式カレーもたまにはいいですが、やっぱこの味が安心しますね。

とりあえずココイチ・スタンプを10個溜めて、VIPカードを手に入れなければ!

上海駐在員になるという目的は果たしたものの、次の目標を見失っていた今日この頃。
どうやら、新たな目標をここで見つけることができました。


(;´Д`) ……って、志が低くない?



-------------------------------------------------
CoCo壱番屋 中山公園店
上海市長寧区長寧路730-738
営業時間 11:00~22:00
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-16 13:43 | 街角グルメ
 
ウオルマート
奥さんのリクエストで『ウオルマート』南浦大橋店へ行ってきました。

詳細な位置が判らなかったのですが、現地でタクシーを捕まえれば
たどり着けるだろうと、いき当りばったりで地下鉄の東方路駅へ。

駅前のタクシーに「到 沃尓瑪購物広場(ウオルマートへ)」
告げたのですが、なかなか上手く伝わりません。

紆余曲折の末にたどり着いたのは、ドイツ系会員制スーパーの『METRO(メトロ)』。


今日の目的地はそこじゃないよっ Σ( ̄□ ̄;


その後も住宅地に迷いこんで出られなくなったり、マンションを挟んだ向こう側の道に
それらしい建物が見えているのに近寄れなかったりと大迷走。

途中からメーターを起こしてくれましたが、それにしたってかなりの遠まわり。

日本国内でならともかく、知らない場所に出向く場合には
事前にきちんと下調べしといたほうが良さそうですね
 

ウオルマート ウオルマート

ようやくたどり着いたウオルマートは、住宅地のど真ん中。

まずは遅めの昼食をと考えていたのですが、内部にはフードコートの類はなく
周りを見ても飲食店などはまったく見当たりません。

上海を重要な市場と考え、かなり以前から入念な計画を立てて出店した
ウオルマート上海一号店ですが、立地条件はあまりよくないような……(汗)

周辺道路も狭く騒音問題などで付近住民から苦情も出ているそうです。


それでも、どうやら集客には成功しているようで(苦情が出るくらいだし)
かなり広い店内にも関らず、あちらこちらに黒山の人だかりが出来ています。

狭い店内に大型カートがひしめいているので、あちこちに渋滞ができてました。

ウオルマート ウオルマート ウオルマート

品ぞろえも充実していますが、家楽福(カルフール)で多く見られる
日本食品の類はほとんど見られないのが残念。

価格もまあまあお手ごろで、頑張っているのがよくわかります。

悪くはない、悪くはないんですが……やはり自宅からはかなり遠い割りに
ここでしか手に入らない商品ってのが少ないんですよね。

ご近所にお住まいの方には便利でしょうが、我が家ではちょっと不便かな。

たまに足を延ばしてみるのも良いかもしれませんが
どうやら普段から利用するってことはなさそうです。



-------------------------------------------------
沃尓瑪購物広場 南浦大橋店
上海市浦東新区臨沂北路252-262号
営業時間 07:00 - 22:30
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-15 11:44 | 中国的生活
 
金曜日にはおうちでご飯
新居に移ってはみたものの、連日の加班(残業)で買い物へも行けません。

お家でお留守番の奥さんが荷物の整理をしたり、あちらこちらに出かけて
色々とアイテムを買い揃えてくれるものの、一人では限度があります。

彼女は中国語はまったく駄目なので、徒歩と電車が移動手段なのも問題です。

タクシーが使えればもう少し大きなものも買いに行けるのですが
さすがに電車では持ち運べる荷物に限度がありますもんね。

お家ご飯 お家ご飯 お家ご飯

おかげで上海に来てからずっと、外食かパンなどが主な食事でした。

けど、奥さんの日々の努力が実を結び、何も無かった台所やその他の部屋に
いろいろと物が増えてきて、ようやく生活感も出てきました。

少しずつ鍋や調味料、炊飯器などなどが揃いつつあり
どうにか食事の支度もできるようになりました。


そんなわけで今日ははじめて、おうちでのきちんとした夕食。

お家ご飯 お家ご飯 お家ご飯

帰宅するとテーブルの上に食事の支度がしてあったのが
なんだかとっても嬉しかったです。

まだ道具も少ないので、カレーと生野菜サラダだけのシンプルな夕食ですが
やっぱり自宅で食べる食事は、ゆっくり落ち着いてできますね。

最初のご飯がぼくの大好物のカレーだってのも、嬉しい心配りじゃないですか。



国慶節中からの11連勤も終えて、今度の土日はひさしぶりの休日。

また、来週からは忙しくなりそうなので、あっちこっちへ出かけて
足りないものを一気に買い揃えなければなりませんね。

忙しくなりそうですが、それもまた楽しみです。

こうやっておうちの中に必要なものを、あれこれ相談しながら買い揃える。
なんだか新婚のころに戻ったみたいで、いいなって思う今日この頃です。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-14 20:27 | 中国的生活
 
真夜中のお散歩デート
「ちょっとご近所、歩いてみよっか?」


引っ越してきたばかりでご近所を探検したい気持ちはあるものの
連日連夜の加班(残業)で帰宅はいつも夜遅く……。

夜食探しを兼ねての、夜のお散歩デートv

夜のお散歩 夜のお散歩

ホテル住まいをしていた頃、ご近所はかなり賑やかでした。

夜遅くでもたくさんの屋台や、煌々と明かりを灯した飲食店
何処から来て、何処へ行くのか判らない沢山の人々。

けど、新居の周りはちょっと大通りをそれると、たちまち寂しくなります。

空いているお店も少ないし、屋台みたいなのも見かけません。
洒落た雰囲気の並木道も、夜中ではいっそう寂しげで……。

今まで住んでいたところとは、かなり雰囲気が違うみたい。

けど、ひとりならちょっとつまらないかなって通りでも
奥さんとふたりだと、なんだかとっても楽しいかも。


あっちの奥には何があるのかな? あの大きな家は誰が住んでるんだろ?


他愛もない会話ばかりなんですけど、いっしょに歩いてくれる人が
隣にいるだけで、なんだか楽しくなってきちゃいます。

思わず、手なんか繋いじゃったりなんかして(笑)


仕事が忙しくて家の片付けはすっかり任せっぱなし。
ここしばらくずーっと苦労をかけてしまってます。

今はまだ無理だけれど、仕事が落ち着いたらい~っぱいデートしようね♪



-------------------------------------------------
夜のお散歩  食後のデザートに巨大かき氷をセレクト。

  赤、緑、黄色のソースがかかった氷の周りに
  色とりどりのフルーツが強引に貼り付けられています。

  頂上にはアイスクリームも乗っかっていて
  全部食べたら、お腹を壊しちゃいそうかも。


日本のように荒挽きではなく、粒子の細かい氷は
独特の食感でけっこう美味しいかも。

思っていたよりは、甘さも控えめなのでサッパリと頂けます。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-13 23:50 | 日々雑感


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク