excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
パーフェクト達成ならず
日本に帰ってきたら、まずはボウリングでしょう。

たかが2週間ですが、されど2週間のようで
久しぶりのボウリングはどっと疲れます。


さて、気になるゲーム結果は……。

5ゲーム平均 148
ハイゲーム 183

_| ̄|○ ……また、アベレージを下げてしまいました

ボウリング ボウリング ボウリング ボウリング

今回、ROUND1の新しいキャンペーンボールが発売になってましたが
こいつがなかなか良さそうなので、かなり食指が動いています。

けど、考えてみたらもうすぐ上海へ行っちゃうわけで。

ニューボールを抱えて上海まで行くのも大変ですし
あっちへ行ったら道具をどうするかは悩みどころですね。

ボウリング
  写真はお隣のレーンのスコア。

  ご覧のように9フレームまでは
  すべてストライク。


このまま行けばパーフェクトかと思われたのですが
プレッシャーに負けたのか10フレで痛恨のミス。

本人のみならず、周りからも思わずため息が漏れ聞こえました。

ぼくもかつてセブンパック(7連続ストライク)を出したときは
ストライクが出るたびに重圧が圧し掛かり、逃げ出したくなるほどでした。

もう少しでパーフェクトともなると、そのプレッシャーはすごいでしょうね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-09-10 23:32 | ボウリング
 
上海よくばりアテンド・ツアー その3
○Sat, 3 Sep. 2005 10:36 +800 上海老街~豫園

上海観光をするうえで外せないのが、この豫園ではないでしょうか。

正確にはここと外灘くらいしか観光地らしい観光地ってないので
とりあえずは周っとかないと、他に行く場所がないんですけどね。

豫園 豫園 豫園

まずは豫園の周りにある豫園商城を散策。

多くの商店が軒を連ねる地域で、いわゆるお土産らしい
お土産を手に入れたいならここを訪れるべきでしょう。

値段はちょっと高めですが、値切りが基本なので自信のある方はぜひ。


豫園商城を抜けると豫園入り口の手前に
緑波池と呼ばれる蓮の池があります。

この池の真ん中に湖心亭という名前の古い茶館があり、九曲橋というジグザグに
かかる橋があって美しい景色が見られるはずなのですが……。

豫園 豫園 豫園


池の水がないっ?! Σ( ̄□ ̄;


緑色の池の水はすっかり抜き去られてしまい
湖底では土木作業が繰り広げられています。

湖心亭もリニューアル作業中で、足場が組まれて工事の真っ最中でした。

ある意味では貴重なものを拝見させて頂きましたが
豫園に初めて訪れるIさんに対しては、ちと申しわけないですね。

このあとはいよいよ豫園に入って庭園を散策するハズだったのですが
氏の希望により入場料を払っての見学はパスすることに。

豫園老街の土産物店を横目に見ながら、次の目的地へと向かったのでした。


-------------------------------------------------
今回はパスしてしまいましたが、古い建物や庭園などに興味ある方は
豫園に入場(30元)して散策してみるのも良いでしょう。

豫園は16世紀のお役人さんが18年の歳月をかけて完成させた庭園が元で
時代とともに荒廃と再建をくり返して今の姿になりました。

興味のない人にはどれも同じに見えますが、細かく見ていくと
いろいろと興味深い建築物や、ダイナミックでかつ繊細な庭園を楽しめます。

さらに時間のある人は小龍包で有名な南翔饅頭店へ。

ただ、個人的にはスゴイ行列が出来ている割りには
それほどでもないような気もします(汗)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-09-09 10:36 | 観光情報
 
ゴールではなく、スタート
直接お会いした方々にはすでにお伝えしましたが
ようやく上海への駐在が決定しましたっ!

思い起こせば昨年の11月に初めて上海を訪れ
この街を満たす生きるパワーに圧倒されました。

2度目の訪中で上海への駐在を決意し
それ以来、会社への働きかけを行い続けてきました。

あれからもう9ヶ月、いよいよ希望が現実になろうとしています。

上海へ 上海へ 上海へ

決まってしまえばあとはあっという間で
手続きさえ間に合えば10月1日よりの上海勤務となります。

かなりギリギリになっての決定なので、書類の準備などは大変ですが
問題がなければ晴れて上海駐在員です!

上海でいろいろとご指導くださった諸先輩方や
日本で応援してくださったすべての人たちにありがとう。

希望がかなったものの、これからが本当のスタートです。
どうか、今後ともよろしくお願いします!
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-09-08 23:38 | 日々雑感
 
ラスト・ラン
今年夏には長風公園に最大規模の屋内カート場が完成し
澳門路のコースは閉鎖されると以前から聞いていました。

屋内カート 屋内カート 屋内カート

ところが7月が過ぎ、8月になっても新カート場がオープンした話は聞かず。
9月になった今現在(9/7)でも、移転の日程は未定のままでした。

しかし、近日中に移転することは間違いないようです。

この日、澳門路でのラストランを飾るべく
上海に住まう走りを愛するものたちが集結しました。

屋内カート 屋内カート 屋内カート

もともとは知り合い数人を誘ってのカートの話だったはずですが
気が付けばあれよあれよと参加者が集まり、総勢16名の大所帯に。

初対面同士も多く、会場では名刺交換会まで行われていました。

おかげさまで今回も多くの人たちと知り合うことができ
改めてここは紳士淑女の社交場だと感じました。

屋内カート 屋内カート 屋内カート

走りの内容自体は、あまり満足の行くものではなかったのですが
上海最速の男(?!)イガリRさんにご指導を賜り、得るものも多かったです。

次回、上海を訪れるときには、新カート場も完成していることでしょう。

新コース完成の暁には再び相まみえることを誓い合いながら
澳門路の夜は更けていったのでした。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-09-07 21:30 | 交流
 
上海よくばりアテンド・ツアー その2
○Sat, 3 Sep. 2005 10:14 +800 人民路沿いの屋内市場

ちょっぴり胡散臭い骨董街を散策したあとは
人民路沿いにある大きな屋内型の複合市場を見学しました。

屋内市場 屋内市場 屋内市場

敷地の半分は1階部分に生活雑貨や携帯、オーディオ、その他諸々。
2階部分では冷蔵庫などの大型家電や、靴、バッグなどを扱っています。

狭い売り場に所狭しとガラクタのようなものが並べられていたり
なぜかリモコンの専門店もあったりして、見ていて楽しいですね。

残り半分は食品のお店が集まっていて、1階部分は精肉や魚介類を
2階部分は野菜や加工食品などをメインに扱っています。

Iさんは寝酒の肴にナッツ類を買ってました(500g/1元)。

旅行者にとってはあまり縁のない場所かもしれませんが
上海で暮らすようになれば、ここで価格交渉しながらの買い物も楽しそうです。



○Sat, 3 Sep. 2005 10:23 +800 大境路の路上市場街

屋内市場の次は、通り全体にいろいろなお店が密集する大境路へ。

ここは当ブログでも何度も紹介してきたぼくのお気に入りスポットで
誰もが思い描いていたような、ローカルな中国の雰囲気を味わうことができます。

大境路 大境路 大境路

生活感のあふれる通りには多くの人たちが行き交い
いつ来てもスゴイ賑わいに圧倒されます。

見学するだけでも楽しいのですが、やはり飛び込んでみたほうが良いでしょう。

お茶であるとか、その場で食べられるような食べ物
道端に置かれたガタガタのテーブルで供される料理などなど。

旅行者でも入り込める部分はありますので、ぜひ体験して頂きたいですね。

もっともここは好みが分かれる場所でもありますので
アテンドする相手によってはパスしたほうが良いかも。

幸い、Iさんは気に入ってくれたようで、毎朝の散歩でも大境路へ行きたがります。

大境路  こちらのお店で売っている
  葱を練りこんだ生地を焼いた料理。

  アツアツにかぶり付くと
  ふわりと葱の風味がただよい旨い!

いつもは行列が出来ていてなかなか買えないのですが
この日は時間のせいか空いていたので、すぐに買えました。

おすすめですよ♪
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-09-06 10:14 | 観光情報
 
TATAMI BAR 045
思わぬ時間が出来たので、フラリと TATAMI BAR 045 へ。

土曜日に顔を出したばかりだけれど、そんなことは関係ありません。
よい場所ってのは何度訪れたってよいものではないでしょうか。

オーナーの青二才さんとも、一度ゆっくりとお話してみたかったですしね。


青二才さんは夢を追い求めて上海へ渡ってきた方で
NeoAsia って言うステキな理想を掲げて頑張っておられる方です。

最近、TATAMI BAR のオーナーになられたのも、この理想への第一歩なんだとか。

TATAMI BAR 045 TATAMI BAR 045 TATAMI BAR 045 TATAMI BAR 045

上質な音楽が流れる店内は、月曜日だと言うのにほぼ満員。

青二才さんはあちらのテーブル、こちらのテーブルと精力的に飛び回っていて
残念ながら今回もゆっくりとお話することはできませんでした。

でも、その代わりにステキな出会いが待っていました。

上海に留学生としてやってきたTUMYさんと、そのお友達の YUKA さんと
お知り合いになることができ、とても楽しい時間を過ごすことができたんです。

#そして、藤野さんも DJ ブースにこもっておられました(笑)

TATAMI BAR 045 TATAMI BAR 045 TATAMI BAR 045

これまで関わりのなかった日本人同士が、遠い異国の上海で出会う。

縁(えにし)ってやつの不思議さを感じるとともに
そのような場をここ上海に持つことが出来たことに感謝しました。

ひとり寂しい夜を過ごしているなら、TATAMI BAR 045 のドアを開いてみませんか?
もしかすると新しい出会いが、あなたを待っているかもしれません。


-------------------------------------------------
TATAMI BAR 045
住所:上海市永嘉路21号(永嘉路×茂名南路)
電話:021-6474-2732
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-09-05 20:51 | 交流
 
上海よくばりアテンド・ツアー その1
週末は本社からきた上司Iさんのアテンドで、市内観光を行なってまいりました。

これまでの上海出張で培ってきた知識を総動員しての言わば総決算。
上海駐在員としての資質が問われる正念場ではないでしょうか。

彼は物好きにもぼくの毎朝の散歩についてくるツワモノです。

ローカルな雰囲気とか好きみたいですし、いわゆる大人のナイトスポットにも
興味が無いようです。ぼく的には案内しやすい人物ではないでしょうか。

KTVとかナイトクラブに連れていけって言われても、ぼくも行ったことないもんで(汗)


○Sat, 3 Sep. 2005 09:52 +800 花鳥魚虫交易市場 ~ 東台路骨董街

9時半過ぎに人民広場付近のホテルを出発して、最初にたどり着いたのは
動植物や昆虫を扱う上海万商花鳥魚虫交易市場です。

花鳥魚虫交易市場 花鳥魚虫交易市場 花鳥魚虫交易市場

我々出張者にとっては必要ないかも知れませんが、見ているだけでも楽しめます。

小鳥の餌や水棲爬虫類の水槽の匂い、動物や昆虫の鳴き声
そして人々の喧騒が混ざり合い、独特の空間を作り出しています。

I氏も気に入ってくれたのか、あれこれを興味深く眺めていました。

東台路骨董街 東台路骨董街 東台路骨董街

交易市場の次は、すぐ目の前にある東台路の骨董街を散策します。

あいかわらずおもちゃ箱をひっくり返したような雑然とした雰囲気で
陶器や古書、アクセサリー、その他にも得体の知れないものがたくさん。

そもそも本当の骨董品がどれだけあるのか判りませんが
少なくともその雰囲気は楽しめるのではないでしょうか。

ただ、骨董好きなら別かもしれませんが、一般的には見て楽しむくらいでしょうか?

たしかに見ていて楽しいんですけれど、いざそれをお金を出して
欲しいかと問われると、ちょっと微妙なものが多い気がします。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-09-04 09:52 | 観光情報
 
僕の朋友を紹介します。
週末の夜。

ホテルの前で藤野さんと待ち合わせて、タクシーで夜の上海へ。

食事の約束なので、てっきり飲食店へ向かうものと思っていたら
立ち寄った先は一軒のテーラーでした。

仕立て上がったばかりのシャツに袖を通しながら
彼はキラキラと目を輝かせて、プロダクトの説明をしてくれました。

F.Original  写真は彼のこだわりがいっぱい詰まった
  Fオリジナル・ボタンダウンシャツ。

  けして奇を衒ったデザインではないけれど
  細部に彼の個性が活かされています。

  この形にたどり着くまでに5回も
  仕立てをくり返したんだとか。

この強いこだわりこそが、彼を形作っている要素なのかもしれません。

その後も夕飯の席でクルマのチューニングや、『3:4』の魅力についてを。
TATAMI BAR 045 に移動してからは、DJについて熱く語ってくれました。

おかげで時を忘れて夜遅くまで居座り、翌日はあくびを噛み殺すことに。


ぼくが上海に知り合いを作るきっかけを与えてくれたのがはらけんさんだとしたら
藤野さんは人脈ばかりでなく、ぼくの上海CityLifeを広げてくれた人。

いわばもうひとりの大恩人です。

彼はいろいろな場所や多くの人たちを紹介してくれただけでなく
これまで知らなかったジャンルについても、ぼくの世界を広げてくれました。

30歳からの峠、30歳からのDJ、30歳からのロングなどなど……。
彼は多くの目標を標榜し、それに向かって邁進を続けています。

これからも藤野さんについていけば、楽しいことがいっぱい待っている。

そんなことを予感させてくれる
ぼくの大切な友達を紹介させて頂きました。


-------------------------------------------------

今月10日。

GREE上海とJSASのコラボレーション企画『留学生*社会人』が開催されます。

新学期に入り多くの留学生が新たに上海を訪れるこの季節に
こうして交流の機会が持てるのは、双方にとって大きな刺激となることでしょう。

残念ながらぼくは参加できないんですが、新たな出会いが生まれるのでしょうね。

はらけんさんの意志を受け継ぎつつも、新たなステージへ飛翔しようとする
二代目モデレーター藤野さんを迎えた GREE 上海。

これからも目の離せないコミュニティとして、上海の耳目を集めそうです。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-09-03 21:00 | 交流
 
水果(フルーツ)天国
街角の果物屋さんで桃を買いました。

普通は1斤(500g)で1元とか2元程度で山積みになっていますが
その桃は見るからに特級品だと思わせる、それはそれは立派なお姿。

緩衝材を入れた箱の中に鎮座まします姿には、ほのかな気品すら感じられます。

お値段も1玉が5.5元と、他の追従を許さない価格設定ですが
きっと岡山産の3,000円くらいする高級白桃に匹敵する味に違いありません。

冷蔵庫でよ~く冷やして、いざ食べようと思ったのですがナイフがない。

仕方ないので手で皮をむこうと思ったのですが、ぴろーっとむけずに
爪を立てた部分がちょっと剥がれるだけで、なかなか一気にはむけませんでした。

水果 水果

おまけに果肉が固いので、爪と指のあいだが痛くなってきました。

リンゴの皮を爪だけでむくところを想像していただければ
その苦労が伝わるのではないかと思います。

果物ナイフを買いに行こうかとも思ったのですが、意地でも今すぐ食べたい!
っていうか、既に4分の1くらいはむいてしまったので、引っ込みがつきません。

人間は道具を使う生き物です。

ナイフがないなら、別の道具を使えばよいってことで
選ばれたのはホテルのアメニティの櫛。

皮をむくってよりは、表面をこ削ぎとっている感じですが仕方ありません。

ようやく皮がむけた(と言うかボロボロ)桃のお味ですが
山桃に近い感じでしょうか、シャッキリした歯ごたえで酸味があります。

想像していた白桃とは違いますが、酸っぱくてぼく好みかも?

水果 水果

果物を買うのに味を占めて、今度は1斤2元の桃を6個と
ザクロを2つほど買ってきてしまいました。

もちろん今度はナイフもいっしょにゲット。
もう櫛で皮をむくのはコリゴリです(汗)

上海に駐在した暁には、毎食後に季節のフルーツを付けることができそうです。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-09-02 19:20 | 街角グルメ
 
上海の便利なカード
出張者の身分ながら、上海での総滞在日数はそろそろ3ヶ月に届こうかと言う勢い。

これだけ長いあいだ上海で暮らしていると
いろいろと現地で便利なカード類を駆使するようになります。

今日はその一部をご紹介しましょう。

カード



左から順に貴賓カード、IP電話カード、ICテレフォンカード、公共交通カード。

貴賓カードは行きつけのマッサージ店のプリペイドカードで
20回分前払いで50分38元のところを、30元で受けることができます。

初期投資はちょっとかかりますが、何度も行くなら160元もお得!


IPカードとICカードは、日本に残してきた奥さんに電話をかける為の必需品で
これらを使えば非常に低価格で日本に国際電話をかけることができます。

使い方は簡単。まずはICテレカで市内アクセスポイントに電話をかけて
IPカードのIDとパスワード、通話先の電話番号を入力するとIP経由となります。

100元のIPカードで日本まで27分くらいかけられますし
表示価格は100元なのに相場は50元くらいと、とってもリーズナブル。

これなら毎日のように電話をかけても、懐が痛みません。


交通カードとはSUICAやICOCAのように好きな額だけチャージできる
公共交通機関用の非接触型ICカードなのですが、対応の幅が広いんです。

地下鉄、バス、タクシーはもとより、川を渡る渡し舟にまで対応!

いつも行列のできる地下鉄の券売機とはもうさようなら。
タクシーでも面倒な小銭の清算がいらなくなるので、たいへん便利なんです。

チャージ可能な場所が限られているのが難点ですが、一度使うと手放せませんね。



しかし、日本でもそうなんですがこの手のカード類って
どんどん溜まってしまって邪魔になるんですよね。

1枚の汎用カードにお店の会員証、各種プリカ、キャッシュやクレジット機能まで
統合可能なスーパーカードみたいなのって出来ないもんですかね。

あ、でも1枚無くしてしまうとダメージも大ですね(汗)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-09-01 23:31 | 中国的生活


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク