excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
5月度スコア統計
5月度の統計情報が発表されました。

■5月度スコア統計 ()内は前月比
アベレージ 157.1(-11.2)
ハイゲーム 219(-39)
総ゲーム数 31(+6)

やはり慢性的な不調が響いたのか、アベレージで 11 も下げてしまいました。

とは言え、昨年 11月からのトータルアベレージよりは上がっているので
考えようによっては、それほど悪いスコアでもないのかも知れません。

やはり、先月の調子が良すぎたってのが真相かもですね。

来月の目標としては1球、1球の質を高め
考えるボウリングをしたいですね。

目指せ月間アベレージ 170!
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-31 23:00 | ボウリング
 
天王山
京都府南部、乙訓郡大山崎町にある天王山へ登ってきました。

天王山といえば本能寺の変の後、秀吉と光秀が天下をかけて激突した舞台。
現在では勝敗の分かれ目を意味する語ともなっています。

戦国期の日本史に興味あるぼくにとっては、なかなか感慨深い地であります。

天王山 天王山

JR大山崎駅前の町営駐車場に車を停めて、閑静な住宅街を登ります。

さわやかな新緑に囲まれたステキな場所だとは思うんですが
住んでいる人たちは大変かも知れませんね。

かなりの急勾配をえっちらおっちら登っていきます。

途中、山麓に建つ宝積寺や大山崎山荘美術館に寄り道。
山荘美術館については、また後日お伝えしようかと思います。


大山崎山荘の裏手から、いよいよ登山道へと分け入ります。

天王山 天王山 天王山 天王山

はじめのうちは整備されていた道も、途中からゴツゴツとした岩場を越えたり
滑りやすい場所を登らされたりと、挑み甲斐のあるコースへと変貌していきます。

もっとも、山頂ではスカートにサンダル履きの女性も見かけたので
普段着(?)でも何とかなるようです。

しかし、いったいぜんたい、どうやって登ってきたんでしょう?

天王山 天王山 天王山

今回の山は歴史の舞台となっていただけあって
いろいろな遺物や記念碑などが目に付きます。


そして、もっとも強く感じたのは、山そのものがとても豊かなこと。

天王山 天王山 天王山

萌ゆる若葉、苔むした岩肌、まっすぐすらりと伸びる竹林……。

これまで登った山々はどこか荒れて、痩せ枯れたイメージでしたが
天王山は豊穣たる自然の息吹を感じさせてくれました。


のんびりと歩いても1時間程度の山頂は、木々に囲まれた小さな広場。

天王山 天王山

かつてはここに、秀吉の築いた城が建っていました。
今はかすかに、古井戸や石垣の残骸が残るのみです。

国破れて山河あり。

悠久の時の流れの中では、
人の一生は澱みに浮かぶうたかたの夢。

……そんなちっぽけな人生だとしても
人は生きている証を求めて、前へ前へと進み続けるのでしょうか。

な~んてね。ガラじゃないですね。

天王山 天王山 天王山

大きな自然と歴史に彩られた天王山。

秋の訪れがこの山を染め上げる頃に
再び訪れたいなと思いながら、山頂を後にしました。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-30 23:36 | 観光情報
 
可も無く不可も無く
週末恒例ボウリング。

夕飯(フォルクスでハンバーグなど)を食べたあと
重いお腹を抱えて投げてきました。

5ゲーム平均 162.3
ハイゲーム 170

特別良いゲームはなかったですが、特別悪いゲームもなかったので
スコアもそのまんま平均気味です。

今回は大事な局面でのミスが目立ったので、その辺りをなんとかできれば
平均をもう少しくらいは引き上げられるのではないでしょうか。

どちらにしても、まだまだ修行が足りませんね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-29 00:20 | ボウリング
 
バラ園
ポンポン山に登った帰り道に、茨木のバラ園へ立ち寄りました。

バラ園 バラ園 バラ園

赤や黄色に白、ピンク。

色とりどりのバラが咲き乱れる植え込みの間を
のんびりとお散歩してまいりました。

すでに日が暮れかけていたので薄暗かったのが残念。
次はもっと明るいうちに、お弁当を持って訪れたいですね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-26 00:03 | 観光情報
 
上海支社失踪事件
先日のこと。

上海支社御一行様(総経理から開発人員まで全員)は
江西省と湖南省の境にそびえる、とある山へ登ってきたそうです。

本社に提出された書類によれば、チームの結束を固める為の研修だとか。

期間は金曜日から月曜日にかけて。
土日を挟んで3泊4日の日程です。

たしかに、皆で一丸となって困難に立ち向かうのは効果ある研修かも知れません。
出来たばかりの上海支社をまとめ上げようとの思想は素晴らしいと思います。


しかし、ひとつだけ問題があります。

昨年末から取り組んで貰っているプロジェクトが未だに現在進行形であり
しかも、すでに大幅に納期を過ぎているんですよね。


_| ̄|○ 山登りも良いけど、まずは目の前の仕事を片付けようよ


本社QAチームなどは上海支社の遅れにつき合って
ゴールデンウィーク返上で頑張っています。

それなのに、当の本人たちが山登りでは報われませんね。

本社のプロジェクトマネージャ氏も、研修は納品後に延期してくださいと要請しました。
しかし、上海の総経理は「もう予約しちゃったから」との理由で強行です。


PM氏の胃に穴があくのも、時間の問題かもしれません。


明けて火曜日、研修を終えた上海チームは今日から出社予定です。

彼らが山登りしているあいだにもQAチームからは
新たな不具合の報告がいくつも提出されています。

スケジュール的に厳しい状況での空白期間は痛かったですが
リフレッシュして能率が上がってくれたりしたらまだマシでしょうか。

ところが、お昼を過ぎてもメールの返事が返ってこないではありませんか。
電話をしてみても誰も出ず。完全に沈黙状態を保っています。




まさか、またも納期を守れそうにないんで、ついに失踪?! Σ( ̄□ ̄;




それとも山で遭難っ?! ガ━━ ("Д";)━━ン!




あれこれと想像を膨らませていたんですが、結局
その日は夜になっても上海支社とは連絡が取れずじまいでした。

翌日、総経理から『列車が大幅に遅れたので火曜日も休みにした』とのメール。



_| ̄|○ ……連絡くらいしろよ


場所が中国ですから、列車や飛行機が遅れたのかなくらいの予想はしてましたが
それにしたって連絡くらい出来るでしょうに。

この辺の感覚のズレと言うか考え方は、未だに理解できません。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-25 20:33 | 日々雑感
 
実力発揮?!
スランプの原因も見えてきたので、今日こそはアベレージを稼ぎたいところ。

先日の反省のもと、基本を大切にしてナチュラルフックで攻め込む。
久しぶりにアベレージ 170 台くらいは出したいところです。

さて、気になる結果は……

5ゲーム平均 158.6
ハイゲーム 219


_| ̄|○ ……今までとあまり変わってないよ


ハイゲームがそれなりに取れたのでアベレージ自体は 150 を越えていますが
全体的に見てあまりパッとしないゲームが多かったです。

フックがかかるときとかからないときの落差が大きいようで
未だにヘットピンを逃してしまうことが多い。

他にも大事な局面でスプリットを出してしまったり
取れるはずのスペアをミスったりとボロボロでした。


ここまで不調が続くと、むしろこれが今の実力かなと思えなくもないです。

じつは先月がたまたま調子がよかっただけで
ぼくの本来の実力はまだまだこの程度なのかもしれません。

どうやら、まだまだ修行が足りないようです。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-22 10:44 | ボウリング
 
スランプ脱出か?!
下山後の疲れた身体を引きずって、ボウリングへ行ってきました。

3ゲーム平均 150
ハイゲーム 190

1、2ゲーム目までは相変わらずのひどいスランプで
平均が 130 という体たらく。

これではいけないと、改めて原因について考えてみました。

そういえば、こないだからフックにこだわるばかりに
ついつい無理やり捻じ曲げようとしていたようです。



3ゲーム目は初心に帰って、ナチュラルフックに徹することに。
すると久しぶりにノーミスで 190 点をマーク。

ストライク率は低かったので点には結びつかなかったものの
素直にうれしかったですね。

長かったスランプも、ようやく脱出できたかな?
次回もこの調子でいけるとよいのですが……。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-21 22:56 | ボウリング
 
釈迦岳とポンポン山
高槻市と京都市の境に位置する釈迦岳・ポンポン山へ登ってきました。

ポンポン山とは俗称で、正式には加茂勢山と呼ぶらしいのですが
国土地理院の地形図にもポンポン山と記載されていますし
地元民もみんなポンポン山と呼んでいるようです。


西国三十三所巡礼のひとつ、善峰寺付近に車を停めて登山道へ。

釈迦岳・ポンポン山 釈迦岳・ポンポン山 釈迦岳・ポンポン山

前回登った剣尾山はひたすら登り続ける難コースでしたが
今回は登ったり、下ったり、平坦だったりと起伏に富んでいます。

整備状況はあまりよくないようで、木の根に足を取られそうになったり
崖際に幅30センチの道がついていたりで、ちょっぴりスリリング。


途中、樹林に囲まれた釈迦岳山頂を経由。

釈迦岳・ポンポン山

展望がまったくないので、山頂へ来た気がしません。
なんだか田舎のバス停のようなショットをパチリっ!


ここから東海自然歩道へ合流。

釈迦岳・ポンポン山 釈迦岳・ポンポン山

これまでのような獣道みたいなルートではなく、
立派に整備された山道がついているので歩きやすいです。

登山というよりは森林散策といったイメージで、あれこれ冗談を言う余裕も。




山頂はちょっとした広場になっており、周囲の山々や市街地を一望にできます。
ぼくたちのほかにも、多くの登山者たちでにぎわっていました。

釈迦岳・ポンポン山 釈迦岳・ポンポン山 釈迦岳・ポンポン山

ここで恒例のお弁当タイム。

緑と山々に囲まれた美しい風景を眺めながら食べるお弁当のおいしいこと。
少し作りすぎたかなと思っていたのに、ペロリと平らげてしまいました。


帰り道は別ルートを使って下山。

沢のせせらぎを聞きながら下っていくと
目の前にどこか郷愁を誘う田園風景が広がっていました。

釈迦岳・ポンポン山 釈迦岳・ポンポン山

ゆっくりとお散歩気分で車を停めたところまで歩き
岐路に着いたのでありました。


極端に暑くもなく、寒くもなく。

山登りを楽しむには、今頃がいちばんよい季節なのかな。
すっかり山登りを趣味にしてしまいそうな今日この頃。

さてさて、次はどこの山へ行こうかな。


って、ブログの主旨が変わりつつあるような気がっΣ( ̄□ ̄;
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-21 22:55 | 観光情報
 
遮断されちゃいました
中国からエキサイトブログへのアクセスが遮断されているそうです。

日本で暮らしているとまったく気が付かなかったんですが
5月1日くらいから、まったくもって繋がらない状態なんだとか。

上海ブロガーの皆さんのあいだでもいくつか 取り上げられて いますし
早々に別システムで 支店(?)を立ち上げた方 もいるようです。


中国では反体制的な内容やポルノサイト、他国のニュースサイトなどに対して
アクセス制限が行われていると言う話は、以前から耳にしていました。

けど、まさかぼくのところにまで影響があるとは思ってもいなかったのでびっくり。


たしかにインターネット上には、有害な情報もたくさん流れています。

でも、それが有害であるかどうか見極めるのは情報の受け取り手であって
国や機関が行なうべきものではないと思うのですが……。


って、こんなこと書いていると、ますます制限対象にされるかもっ?! Σ( ̄□ ̄;

せっかく書いた記事に、アクセス制限がかけられるだなんて悲しいことです。

もし、このような状態が長く続くのであれば
移転も考えなければいけないのかもしれませんね。


もっとも、ぼくの場合は移転云々よりも
まずは日々の更新をきちんとしなければいけない気がしますが(汗)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-16 17:23 | 日々雑感
 
週末は山へ行こう
ゴールデンウィークを利用して、ハイキングへ行ってきました。


場所は大阪府北端に位置する剣尾山。
恵まれた展望と整備されたコースで、人気の登山スポットです。

事前にネットで調べたところ、登山口近くに駐車スポットがあり
コースも公園の遊歩道のように歩きやすいと記されています。

これなら、登山初心者にはおあつらえ向きだと思っていたのですが……


クリックで拡大表示 クリックで拡大表示

スタートからかなりハードな登りが続いてますよ! Σ( ̄□ ̄;


かつては修験道の修行場としても使われていたそうで
慢性運動不足のぼくにはキツイ。

けど、大変だった分だけ山頂にたどり着いたときの達成感は大きいですね。

クリックで拡大表示 クリックで拡大表示 

火照った身体に、山頂を吹き渡る風が心地よいです。
北摂の山々を見渡しながら食べるお弁当は絶品でした。



帰り道はずっと下り坂。

これはこれで大変なんですが、登りよりは楽チンです。
といいつつ、足はガクガクでひざが笑いっぱなしでした(汗)

クリックで拡大表示 クリックで拡大表示 

下山後はふもとの温泉でほっこり。

気持ちよい汗をかいたあと、温泉でのんびり。
なんともゼイタクなひとときです。

山登り、ちょっとクセになりそうかも。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-15 20:59 | 観光情報


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク