excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
<   2005年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
wish
クリックで拡大表示  上海(中国?)の郵便ポストはみどりいろ。
  
  郵便ポストは赤いものだって思い込んでいたのですが
  国が違えばポストの色や形が違うのは当たり前ですよね。
  
  身近なこと過ぎて、逆に気がつかないのかもしれません。


国が違えば文化や風習、考え方すら変わってきます。

自国の文化や考え方とは違うからだとか、認識が異なっているからと言って
それを一方的に批難するのはなんだかおかしいです。

批難された側としても、それはおかしいだろうと
やみくもにやり返すのはどこか間違っているような気がします。

我が国から見れば、おかしな理論に基づいて批難されたと感じるかも知れませんが
その国の文化・風習、教育の中では、正しい考え方なのかも知れません。

それを否定してしまうのは、けっきょく同じことじゃないかなと思うんです。

まずは相手が自分たちとは違うと言うことをしっかりと認識したうえで
お互いに歩み寄ることから始めてほしいものです。



国や政治の舞台では、様々な利権やなにかが複雑に絡み合っていて
内心ではこちらに非があると思っていても、素直に認められないかもしれません。

けれど、そんな矛盾に、個人を巻き込むのはやめて欲しいものです。

誰もが良い部分と悪い部分を持っていると思います。
それらを知ったうえで嫌われてしまうのなら、仕方ないかもしれません。

でも、そんな個々の性格ではなく、国籍だけで嫌われてしまうとしたら
こんなに悲しいことはないと思います。

国や文化は違っても同じ人間同士。きっと仲良くできるんじゃないかな。

個人の力は微々たるものかも知れないけれど
まずは自分に何ができるのか、考えてみるくらいは良いんじゃないでしょうか。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-04-21 17:42 | 日々雑感
 
新リスタイをゲット
新しいリスタイを購入。

締めた感じはしっかりしているんだけれど
投球する段になると、いまひとつ違和感があります。

まだ慣れてないだけなのか、合ってないのかは不明。
もうしばらく投げ込んでみてからですね。

今回は5ゲーム平均で157.2。
ハイゲーム192。

平均点としては最低ラインは保っているものの、
2ゲーム目、3ゲーム目ともに120台。

思うようにフックがかからず、納得のいかないゲーム内容でした。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-04-17 23:10 | ボウリング
 
今日のスコア
5ゲーム平均164
ハイゲーム203

やはり258なんて、そうそう出るもんじゃありませんね。

前半、かなり調子が悪かったので、もう少し安定したスコアを
取れるようにならないと駄目だなと思う今日この頃。

レーンコンディションを掴むのに、どうしても時間がかかるようです。
まだまだ修行が足りませんね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-04-16 22:50 | ボウリング
 
掛け違えたボタン
駐在の件に関して、専務や総務に相談すると言われたのは先々週のこと。

それからまったく進展がないので、先週末に部長に問い合わせたところ
関係各部署からは特に反対意見は出なかったとのお言葉を賜りました。

ただ、上海での作業が追い込みに入っており、現段階では赴任とか
そういう処理をしている余裕がない状態なので、保留にして欲しいとも言われました。

今は日本からしっかりサポートを行ない、上海で今の仕事が片付いてから改めて
駐在の日程や、手当てその他について考えようとのことでした。

ぼくとしては、行くか行かないかだけでも早めに決定して欲しいのですが
たしかに目の前の作業を片づけるのが先決ってのも頷けます。

ここは部長の言うとおり、今の仕事を終わらせることに注力することにしました。



ところが先週末。

北京を皮切りに大規模な反日デモが行われ、
上海でも日本人留学生を狙った傷害事件が発生しました。

これらの事件をうけてか、部長の意見が急変。
事態が沈静化するまでは、駐在の話は無期延期にすると言われてしまいました。

たしかに良い時期ではないかも知れませんが、少し気にしすぎではないでしょうか。

もしこれが、イラク駐在の話であればぼくも躊躇しますが
上海なら今すぐ行けって言われても喜んで行くと思います。

とは言え、心配な部分があるのも事実。

早期解決は難しいかも知れないけれど
早く双方が納得できる形での終息を望みます。

誰かを憎んだり傷つけたり……誰だってほんとうは
そんなこと望んでなんかいないでしょう?
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-04-15 18:32 | 日々雑感
 
声調とメロディー
中国語のアクセントは音楽的で美しい響きを持っています。

普通話(標準中国語)には四声と呼ばれる声調があり、高い状態から低く下げる
低めの状態からさらに下げたあと上げるなど、音の高低が大切となってきます。

例えば同じ[ma]と言う発音でも1声なら母、2声は麻、3声で馬、4声だと罵るなどなど
声の高低を表わす声調のつけ方で、まったく意味が違ったものとなってしまうんです。

たとえば[上海]と発音したつもりでも、声の高低によっては[傷害]と取られてしまいます。
中国語にとって、声調が如何に大切かがわかりますよね。



先日、購入した amin の『おなじ空の下』。
日本語や英語の歌詞もありますが、大部分は中国語の歌詞です。

音楽を聴きながら楽しくヒアリングの勉強になるかと思ったんですが
メロディーとしての高低はあるものの、声調に則った発音ではない気がするんです。

考えてみたらメロディーとしての高低をつけながら
さらに歌詞によっても高低をつけるなんて、普通は無理ですよね。

多分、歌詞の場合は声調は付けずに、メロディー優先で歌うものなんでしょう。

けど、それだと聴いただけでは意味が判らない気がするんですが
ネイティブな中国の人たちはどうやって歌詞を理解しているんでしょう。

日本語の歌詞でさえ、聴いただけではよく判らない場合も多いですよね。
まして声調が重要な意味を持つ中国語では、なおさらではないかと思います。

前後の意味である程度は推測できるとしても、かなりあやふやな解釈になりそう。

実は我々には聞き取れないような微妙な声調がついているのか
はたまた彼らもやっぱり、聴いただけでは理解できないのか。

謎が深まる中国語の歌、どなたかご存知の方っています?
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-04-14 17:09 | 普通話学習
 
上海の歌姫
NHK教育の中国語会話が、4月になって大幅にイメージチェンジしました。

これまでは素朴と言うか、ちょっと野暮ったいイメージがあったのですが
全体的にスタイリッシュな雰囲気に様変わりしたんです。

そんな新しい中国語会話のオープニング曲『如果』は
艶っぽさを感じさせるお洒落な1曲。

なんだか妙に気になったので、主題歌を歌っているamin(*1)さんの
1st フルアルバム『おなじ空の下』を衝動買いしてしまいました。

おなじ空の下

  『おなじ空の下』 / amin
  東芝EMI TOCT-25425 ¥3,000-


何の予備知識もなく購入したんですが、何処かで聴いた声だと思ったら
サントリー烏龍茶のCM曲や、NTTグループのテーマ曲とかを歌っている人でした。

世界中からいろいろな民族楽器を集めたと言う音作りは
彼女の柔らかく透明な歌声と相まって、不思議な癒し空間を作り出してくれます。

曲調も癒し的なものばかりでなく、切ないほどに情熱的なナンバーや
可愛らしさを感じさせるもの、エキゾティックな雰囲気漂うものなどバラエティに富んでいます。

日曜日の昼下がりにぼーっとしながら聞きたい、そんなオススメの1枚です。

上海で生まれ育ち、現在は日本と中国を行き来しながら活躍中と言う彼女。
中国では反日感情が高まっていますが、両者を繋ぐ友好の掛け橋となればいいですね。



--------------------------------------------------
*1 amin
上海の音楽家族の次女として生まれる。父親は、中国で著名な作曲家。
13歳のときに弾き語りコンテストで優勝し、その後も数々の賞を受賞。
19歳のとき「もっと自由に音楽をやりたい」と日本へ。現在は中国、
日本の両方で平行して、精力的に音楽活動を続けている。

なお、1982年にデビューした、岡村孝子と加藤晴子の女性デュオ
グループ『あみん』(代表曲:待つわ)とはまったく関係ない。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-04-13 13:42 | 日々雑感
 
上海プロボウラーへの道
マイボールやマイシューズを手に入れ、本格的にボウリングに打ち込みはじめてから、
もうすぐ半年もの月日が経とうとしています。

始めたばかりの頃は、ハウスボールで投げていた時よりもスコアが落ち込んだり
壁にぶち当たって苦悩したりでしたが、最近は練習の成果が目に見える形で出てきています。

1日5ゲームくらいは投げるんですが、アベレージは低くても150くらい。
調子が良ければ170~180くらいは出るようになりました。

練習の成果がこうして結果として残るようになると、俄然やる気が出てきますよね。

継続は力なり。
今後も壁にぶつかることは多いでしょうが、続けていきたいものです。


先日、いつものように練習していると、突然ボウリングの神が降りてきました。

ボウリングの1投目では、ポケットと呼ばれる1番ピンと3番ピンの間を
狙うのがセオリーで、一番ストライクが出やすいと言われています。

ところがいつも同じ位置から、同じ力で、同じ場所を狙って投げてもポケットに
入るとは限りません。むしろ、駄目なことが多いかもしれません。

レーンにはオイルが塗ってあるんですが、これは決して均一ではないんです。

レーンによってオイルの量が多かったり少なかったりしますし
同じレーンの中でも内側と外側で濃さが違ったりします。

これらはボウリング場ごとに違いますし、同じボウリング場の同じレーンだとしても
日や時間によって刻一刻とレーンコンディションは変化していきます。

フックボウルを投げる場合、これらのレーンコンディションに応じて投げ分けねば
決して狙った位置にボールを届かせることはできないんです。

上手な人であれば1~2投も投げればレーンコンディションが掴めてくるんですが
ぼくのようなビギナーではなかなか見極めることができません。

7フレーム目くらいでようやく、おぼろげにレーン特性が見えてくるレベルなんです。

ところがこの日は、何故かレーンの特性がバッチリ判ったんです。
まるで濃いところと薄いところが色分けされているかの如くハッキリと。

内側が濃い目で外側の薄い、理想的なハイスコ(*1)でした。

このレーンコンディションに従って投球すると、面白いように
ボールはポケットへと吸い込まれていきます。

気がつけば初のセブンパック(*2)達成、初のノーミス(*3)達成、初の250up達成と
初々尽くしで、ハイスコアの258点をマークすることができました。

半分以上はまぐれでしょうけど、それでも嬉しいし自信にも繋がりますよね。

今までは奥さんといっしょにひたすら投げ続けるばかりでしたが、
そろそろ大会などにも参加してみようかなと考える今日この頃。

目指すは、夫婦プロボウラー。
いずれはこのブログも『上海プロボウラーへの道』に変わるかも知れません(嘘)



#しかし、一週間以上も放置した揚げ句に、ボウリングに
#興味ない人たちを置いてきぼりにするような内容ですね(汗)

--------------------------------------------------
*1 ハイスコ
高いスコアの出やすいレーンのこと。内側はオイルが多く、
外側はオイルが少ないのでフックがかかりやすく、理想的な
入射角でポケットを狙うことが可能。

*2 セブンパック
7連続ストライクのこと。2連続でダブル、3連続でターキー。
4~5連続で4th、5th。6連続以降はシックスパック、セブンパック。
8~11連続はすべてインナロー。そして12連続でパーフェクト
ゲームとなる。パーフェクトだと300点で、これがボウリングの満点。

*3 ノーミス
1ゲーム中のすべてのフレームでストライクまたはスペアを取った状態。
逆にストライクまたはスペアを取れなかったフレームを、オープン
フレームと呼ぶ。オープンフレームがあると点数がグッと下がるので、
いつでもノーミスを狙いたいが、初心者には敷居が高い。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-04-12 15:44 | ボウリング
 
一歩前進?!
日本に戻ってきたら仕事が山積みでして、多忙な毎日を送っています。

忙しさに感けて上海のことは、しばし放置状態だったんですが
向こうの仕事がなくなったわけではありません。

上海支社からは毎日のように、戻ってくれと催促のメールや電話が届きます。

そりゃ、ぼくだって上海へ戻りたいけれど、自分の判断だけでは戻れません。
あちらの仕事も重要ですけど、日本での仕事だって大切ですしね。

そんなとき、部長から次の上海行きの話しを振られました。
ぼくに頼んでも無駄だと気づいた上海支社が、上司のほうに直談判したようです。

「上海がまた来て欲しいって言ってるけど大丈夫?」
「大丈夫ですけど、行ったり来たりは手間なんで、いっそ駐在にしてくださいよ」
「そっちのほうがいいなら良いよ。とりあえず期日とか条件とか出して!」


そ、そんな簡単な話でいいんですか?!Σ( ̄□ ̄;


部長の話ではどちらにしても、立ち上げたばかりの上海支社を監督する
立場の人間は必要だと思うので、駐在員を置くのはアリらしいのです。

ただ、うちの会社としても前例がないので、具体的にどうするかは部長も判らない。

まずはぼくのほうから、どれくらいの期日が良いとか
家族はどうするかなどの条件を出して欲しいのだそうです。

ひょっとしてこれはチャンスではないでしょうか。

さっそく駐在員を向こうへ置くことのメリットなども含めた駐在プラン書を作成。
部長に提出したところ、あっさりと了承をいただいてしまいました。

前々から転勤希望は出していましたが、まさかこんな簡単に通るなんて。

もっともこの部長、安請け合い、いい加減で有名です。
事実、彼の了承を得ただけでは何もなく、これから専務と総務に確認するんだとか。

まだまだどうなるかは不透明なままですが、とりあえずは一歩前進かも。

しかし、専務やうちのプロジェクトマネージャーなど、難関は多そうです。
晴れて駐在員第一号になれるよう、ますます頑張らなければなりませんね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-04-02 16:26 | 日々雑感


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク