excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
カテゴリ:中国的生活( 107 )
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
お散歩は危険がいっぱい!?
毎朝、毎晩のように上海の街を徘徊しているのだけれど、
周りは常に危険で満ちあふれています。

上海に来て最初に驚いたのは混沌とした交通マナー。

歩行者信号が青でも、クルマやバイク、自転車までもが
おかまいなしに突き進んできます。

歩行者優先と言う考え方はまったくないようで、前に出た方が勝ち。
青信号で渡る場合でも、常に左右に気を配らないと非常に危険です。

でも、歩行者だって負けていません。

赤信号だろうがかまわず横断します。
片側4車線とかあるような大きな道路でもおかまいなし。

車線と車線のあいだで立ち往生、目の前や後ろ30センチの距離を
猛然とトラックが駆け抜けていくなどは日常茶飯事だったりします。

ぼくも今ではすっかり慣れてしまい、ついつい信号無視しちゃうことも。

交差点以外にも危険は満ちあふれています。
音もなく忍び寄る電動自転車がそれで、こいつはかなりクセモノです。

道路わきの出店に気を取られてよそ見などしようものなら、
スーッと近付いてきた電動自転車に、ピピーッと警笛を鳴らされます。

大きな幹線道路以外では、人もクルマも自転車も、すべて車道を通ります。
歩道もあるにはあるんですが、出店やなにかで塞がっていることが多い(汗)

しかたなく車道を歩くんですが、自転車やバイクが3列、4列に広がって
人と人との間を縫うようにしてすり抜けていきます。
急な方向転換などはかなり危険なので気をつけましょう。

さて、そんな上海の道なのですが、
前後左右にだけ気をつけていれば安全かと言うとそうではありません。

自分の足下にも気を配って歩く必要があります。

上海の路面状況はあまりよくありません。
何気なく歩いていると、とつぜん穴が開いていたりします。
まあ、穴と言っても凹んでいるとか、ちょっとしたひび割れ程度なので
落ちて足を挫くなんて事態はあまり起きないのですが……。

そのかわり穴の中に水が溜まって、澱んだ水たまりを形成しているんです。

上海では生活排水、その他がけっこうな確率でたれ流しです。
屋台の茹で汁、洗濯の排水、食べ残しのスープまでもが路上に放棄されます。

うっかりよそ見をしていると、これらの水たまりに足を突っ込んでしまうことに。
気をつけないと、靴はたちまちドロドロです。

で、ここまで来ると上にも気を配っときましょう。

道路沿いの窓から路上に張り出した洗濯物からは、常にポタポタと
しずくが垂れてきます。あまり脱水とかせずに干すようなので要注意。


このように上海の通りには、様々な危険が満ちあふれています。
でも、その危険を冒してでも出かけようと思わせる何かがあるんですよね。

そしてぼくは今日も、これらの危険をかいくぐって(笑)
ぶらぶらと上海ウォークを楽しむのでありました。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-03-04 12:15 | 中国的生活
 
中国式接待!?
上海への2度目の出張のとき。支社長からお誘いがかかりました。
おお、ひょっとしてこれは、噂の接待ってヤツでしょうか?

支社長「Sangyuanさん、これからいっしょに髪を切りに行きませんか?」

な、なぜに散髪?!
まさかこれは、中国式の歓迎の儀なんでしょうか。

しかし、幸いにも残念ながら、ぼくは出張前に髪を切ったばかり。
これ以上は切る必要はありません。って言うか、あまり切りたくない。

すると支社長はさも残念そうに、洗髪マッサージだけでもと
薦めてくるではありませんか。

これはやはり、中国式の歓迎なのに違いありません。
お互いが腹を割るには、まずはいっしょの床屋に行くぞ、みたいな。

ここで断ってしまっては、今後の関係に角が立ちかねません。
潔く喜んでお供しようではありませんか。

さて、連れてこられたのは街の床屋さん。
美容店なのか理容店なのか、ちょっと微妙な感じのお店です。

支社長は店員の小姐になにやら指示を出したあと、
「ぼくは髪を切るから」と言い残して奥へ引っ込んで行きました。

_| ̄|○ ひょっとして、あなたが髪を切りたかっただけなのでは……。

あとに残されたのは言葉も判らないぼくひとり。
店員の小姐はニコニコと笑って、席に着くよう身振りで示します。

しかし、シャンプーをすると言うわりには、洗髪台もなにもありません。

どうするんだろうと訝しんでいると突然、お好み焼き屋の
マヨネーズ入れのような容器からシャンプー液をふりかけられます。

続いて同様の容器から、水(だと思いたい)をかけられ、
ワシャワシャと洗髪が始まりました。かなりいきなりです。

ある程度、髪にシャンプーが馴染んできたところで、マッサージ開始。
頭のツボを押してくれているのか、これはなかなかに気持ち良いです。

しかし、流しもないのにどうやって後処理するんでしょう。
まさか、ふき取って終わりだなんてことはないと思うんですが……。

しばらくして小姐が何かを言いたそうなんですが、ちんぷんかんぷんです。
シビレを切らせた小姐は、ぼくの腕を掴んでこっちへ来いと引っ張ります。

あ、お店の奥にちゃんと流しがありました。って言うか、店舗にこれ
ひとつしかないんですね。混んでるときは順番待ちとか、ありそうです。

すすぎをするときは、わざわざここまで移動してから行なうみたい。

このあとは普通にしゃかしゃかと流して貰い、ドライヤーで髪を乾かしてスッキリ。
支社長のカットが済むまで、首やら腕やらをマッサージして貰いました。

これがぼくの上海理容店、初体験。
なんかシャンプーしてるより、マッサージの時間が長かった気がします。

そして、あれからもう2ヶ月。

すっかり髪も伸びてきて、そろそろ切り時ではあるんですが、その……。
もう少し、意思疎通が出来るようになるまで、カットはおあずけにしとこうっと。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-03-04 09:48 | 中国的生活
 
手に汗握る大勝負
夜の街を徘徊していると、歩道の一角に人だかりが……。

何ごとだろうと、やじうま根性まる出しで見に行くと、
中心ではふたりの男性が将棋(?)のようなもので対戦中です。

男性Aが次の一手を考えているのを、観衆は固唾を呑んで見守っています。
かなり難しい局面なのか、じっくりと熟考しているようです。

そしてついに、男性Aが次の一手を放つ!
それにどよめく観衆。こ、これはすごい手なのか?!

……ごめん、ぜんぜんルールがわかんないです。

なんだか平和でいいなぁと思いながら、その場をあとにしました。
結局、どっちが勝ったんでしょうね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-03-03 21:12 | 中国的生活
 
上海時間
宿泊先のホテルから会社までは徒歩5分。

朝は比較的に余裕があるので、いつも早めにホテルを出て
まだ見ぬ食べ物風景を求めて、ぶらぶらとお散歩してます。

朝の風景っていつも以上に活気に溢れていて、すっごく好きなんです。

西蔵南路沿いに北へ足を伸ばしたところ、賑やかな通りを発見。
いろいろな出店が立ち並び、あちらこちらに行列が出来ています。

ぼくもさっそく列に加わって、肉生煎をゲット。
片手で摘まみながらさらに北上して、賑やかそうな通りを今度は東へ。

両側にお店が立ち並ぶその通りでは、様々なドラマが展開中でした。

肉まんを頬張りながら歩いているサラリーマン風、
道路わきで口の回りを泡だらけにして歯磨きしてるおばちゃん、
華麗な手さばきで油餅を焼くおじさん、
その間をスイスイと走り抜ける自転車の人たち。

誰も彼もがマイペースで、慌ただしいような、ゆったりとしたような、
そんな不思議な時間が流れている通りでした。

そんな空間に浸っているうちに、ぼくもすっかりマイペース。
あわや遅刻しそうになってしまいました。たはは……。

旧きと新しきが同居する街、上海。
ここには他と違う時間が流れているのかも知れませんね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-03-03 08:06 | 中国的生活
 
IPカード
楽しい楽しい上海出張なのですが、ひとつだけ残念なのは
愛する嫁を日本に置き去りにしていること。

数ヶ月単位の滞在なら彼女も着いてきてくれると言うんですが、
たかだか一週間ではそうも行きません。彼女にも仕事ありますしね。

そんなとき、とても嬉しいのがIPカード。

日本でも最近はIP電話が普及してきて、遠距離恋愛の
カップルたちの強い味方になっていますよね。

しかし、これらは自宅では利用できるものの、出先では
役に立ちません。IP携帯とかあれば良いんですけどね。

ところが上海(中国?)では、自宅の電話でも、公衆電話でも、
携帯からだってIP電話が使えるんです。
それを実現してくれるのがIP卡(カード)なのです。

街中のいたるところで売っているこのカード。
価格は100元と書いてあるのに、売り値の相場は50元くらい。
値切ればもっと安く買えることもあるとか、ないとか……。

クレジットカード大のなんの変哲もないカードで、
裏面には取扱い説明が書いてあります(英語表記もあり)。

使い方は簡単です。

1.カードに記載の番号をダイアル。
2.言語の選択を問われるので中国語か英語を選ぶ。
3.次にカードに記載された ID と PASSWORD を入力。
4.最後に電話番号を入力。(日本なら0081+0を除いたTEL番)

たったこれだけで、公衆電話や携帯からもIP電話がかけられます。

カードにいろいろ種類があるようで、ID と PASSWORD を同時に
入力するものや、公衆電話からはかけられないものもあるようですが、
だいたいの操作手順は上記の通り。

100元(売り値50元)のカードで日本まで27分かけられますので、
1分間で約24円くらい。これなら長電話もへっちゃらです。
(微々たるものですが、別途市内通話料がかかります)

こんな便利なカード、日本でも出てくれば良いのにね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-03-02 11:54 | 中国的生活
 
ただいま
上海へ到着!

これまでの総滞在日数は2ヶ月にも満たないと言うのに、
市中心部までくると「帰ってきたな」って気がするのが不思議です。

飛行機は今日も遅れるし、イミグレでは延々と待たされました。
あいかわらず空気は悪いし、街はどこも薄汚れています。

悪いところをあげつらえば、いくつも出てきそうな街。
でも、そんなところすら可愛く思えてしまうんですよね。

とりあえず、またこの街に帰ってきました。
願わくば歓迎されることを祈って。

我回来了!(ただいまっ!)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-02-28 17:39 | 中国的生活
 
いざ、上海へ
ただいま関西国際空港で搭乗開始待ち。

という訳で今日からまた、1週間ほど上海へ行きます。

もう少し長い期間行けると良いのだけれど、
日本での仕事を考えるとそうも言ってられないようで。

今度はどんな人に、出来事に、そして食べ物に出会えるのか。
今から楽しみなのでありました。

それでは、行ってきまーす。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-02-28 13:11 | 中国的生活


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク