excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
2007年 08月 05日 ( 1 )
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
騎馬で大草原をゆく
大草原の朝は早い。

暖かなゲルから一歩踏み出すと、外はひんやりと冷たい空気。うっすらともやのかかった草原もまた、なかなか趣深い風景である。朝の散歩を終え、揚げマントウや臓物のスープなどで簡素な朝食を済ませたぼくたちは、大草原を満喫すべく馬に乗って草原を散策するツアーに参加した。

草原をゆく:クリックで拡大
遙か彼方を見つめながら、騎馬隊は草原をゆく
宿営地の近くでは、多数の馬がのんびり草を食んでいる。好みの馬を選んでおっかなびっくり乗り込んだら、いよいよ大草原へと出発だ。

出発前に簡単な乗馬法のレクチャーがあるものだと思っていたのだが、現実は乗りながら自らで習得するしかない。手綱を引いてくれる人もいなければ、曲がり方も判らない。大きく隊列を外れると、スタッフが馬を追い立て列に戻す。

はじめは辺りの風景に目をやるどころではなかったが、少しずつ景色を楽しむ余裕も生まれた。なだらかな起伏の草原は徐々にその姿を変えていくが、その果てがどこにあるのかはここからでは判別することができない。その雄大な自然の姿に、自らの心までもが広がっていく気がした。

それにしても乗馬というのは、思ったよりも体力を使う。腰を浮かすようにして乗るのは太ももに負担がかかるし、前後左右に揺れ動く馬上で上半身を安定させるには、常に腹筋がフル稼働となる。健康器具のジョーバではないが、なるほどただ乗っているだけで腹筋運動ができそうだ。

丘の上の小さなほこら:クリックで拡大
どこか神聖な雰囲気のほこら
そろそろ疲労がピークに達した頃(といっても40分くらいしか乗っていない)、1軒の民家にて休憩することとなった。すっかりガニ股になってしまった足と、擦れて痛み出した尻をさすりながら、暖かいモンゴル式ミルクティーと茶菓子を頂く。猫と戯れたり、民族衣装を着た人と記念撮影をしたり、のんびりした時間が流れる。

休憩中、別料金を支払うことで全力疾走を体験させて貰えるという。せっかくの機会だからとお願いしたのだが、これがなかなか怖かった。高さ1メートル50センチ程度の不安定な馬体の上で、2本の足と手綱を持つ手だけが頼り。下から突き上げられるような振動に何度も放り出されそうになりながら、草原を全力疾走で駆け抜ける。戻ったころには、恐怖で笑いが止まらなかった

宿営地への帰り道は別ルートだ。途中、小高い丘の上に立つ、小さなほこらに立ち寄った。積み上げた石の上に枯れ木を突き刺し、青と白の布が至る所に巻き付けられている。どんな意味があるのかは判らないが、おそらくここが神聖な場所であろうことだけは見て取ることができた。

ぼくらは小さなほこらに向かい、旅の平穏と、この豊かな草原がいつまでも続くことを祈った。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-08-05 01:00 | 観光情報


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク