excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
2007年 02月 01日 ( 1 )
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
上海できりたんぽを食らう (照ノ谷)
『きりたんぽ』とはどういう意味であろうか。

日常的に使っている言葉でも、その由来については知らないことのほうが多い。まして島根出身のぼくにとっては馴染みの薄いきりたんぽの由来なぞ、知らないほうが普通なのかもしれない。

気になって調べてみたところ、きりたんぽのたんぽとは、短穂槍から来ているらしい。短穂槍とは綿を丸めて革や布で包んだものを、穂先につけた練習用の槍のことだ。串に飯を巻きつけ焼いた姿がこれに似ており、それを切って食べるから「きりたんぽ」と呼ばれるようになったという。

絶品つくね串:クリックで拡大
手作りのきりたんぽ
きりたんぽちゃんこ:クリックで拡大
セリはかかせない
この料理、もともとはマタギ(東北地方山間に住む猟師)たちが日常的に食していたものだ。獲物を求めて何日間も山中を往来するマタギたちは、保存が利くように、木の棒にごはんを潰して巻きつけて焼いたものを携行食としていた。これを山で狩ったキジや野菜と煮た鍋に入れて食べていたという。

かつて南部藩主が領地の視察を行なった際に、この料理を振る舞われて感激したそうだ。今まで見たこともないものだったので料理名を訊ねたのだが、じつはこれまで名前らしい名前はついていなかった。困った料理番がとっさに思いついたのが槍の稽古に使う短穂槍で、思わずたんぽであると申し上げたのがきっかけだそうだ。もっともこれはやや作り話臭い気もするが、ものの名前の由来なぞは案外こんなものなのかもしれない。

そんなきりたんぽ発祥の地、秋田県出身の親方が作るきりたんぽ鍋が食べられるのが、虹梅路にある通称真珠城1階に佇む相撲茶屋 照ノ谷だ。元伊勢が浜部屋の力士であり、両国の有名ちゃんこ店で10年に渡って料理長を務めたという親方が、上海の地でも本格的なちゃんこ料理をと出店した店である。彼が故郷を懐かしんで作ったきりたんぽは、秋田仕込みの本格派だ。

絶品つくね串:クリックで拡大
豊富なサイドディッシュも魅力
きりたんぽの作り方は意外と簡単で、形にこだわらなければ家庭でも楽しむことができる。通常の手順で炊いたごはんをすり鉢に入れて、米の形を残しつつも粘りが出てくるまですり潰す。十分に粘りが出てきたら太めの竹串などに巻きつけて、直火で焙ってしっかりと焼き色をつける。出来れば炭火が望ましいが、家庭用のガスでも十分だ。米の焦げる香ばしい匂いがしたら、火から下ろして切り分けよう。

照ノ谷ではきりたんぽとちゃんこ鍋をあわせた、きりたんぽちゃんことして楽しめる。鶏肉とたっぷりの野菜やキノコを、厳選された鶏がらと醤油ベースのソップ出汁で煮込む。きりたんぽの定番、舞茸が入っていないのが残念だが、上海ではなかなか手に入らないのであろうか。

煮込み過ぎると煮溶けてしまうので、適度に柔らかくなったところで取り皿によそう。フワリと柔らかくなったきりたんぽを口に含むと、お米の香ばしい風味と、たっぷり染み込んだ出し汁の旨味が渾然一体となってダンスを踊る。セリのほろ苦さが加わったソップ出汁は、それだけでもグビグビと飲みたいほど滋味あふれる味わいだった。

この日は贅沢にも胡麻味噌ちゃんこもオーダーしていたので、親方の目を盗んでこちらにもきりたんぽを投入してみる。甘辛い味噌ダレの染み込んだきりたんぽは、通常とはまた違った味わいで美味。最後は胡麻味噌にはうどんを、ソップ出汁にはごはんを投入して雑炊を楽しもう。

鶏や野菜の旨味がたっぷり染み出した出し汁で作るうどんや雑炊は絶品だ。腹いっぱいだといいつつも、ついつい食べてしまうほど旨い。思いっきり飲み食いして、ひとり120元少々はかなりのお値打ち価格だろう。親方、今夜もごっつぁんです!

 

-------------------------------------------------
相撲茶屋 照ノ谷
住所 上海市長寧区虹梅路3717弄16号 真珠城1F (虹梅路 x 延安西路、交差点を南)
営業 11:30~24:00
電話 021-6401-0138
予算 コース料理 150RMB~ / きりたんぽちゃんこ 88RMB / 地鶏串焼き 12RMB
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 中国語 / 写真あり(一部)
備考 あれこれ食べたい照ノ谷、お出かけは大人数がお薦め!
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-02-01 01:00 | 街角グルメ


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク