excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
2006年 11月 01日 ( 1 )
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
大境路定点観測
上海には大境路という通りがある。

人民路と河南南路に挟まれた1キロもない短い通りには、上海の庶民の暮らしが詰まっている。
鶏の鳴き声、タライで跳ねる魚の水音、道行く人々の雑踏、物売りの声などが混沌とした場所。

ぼくは活気溢れるこの通りの雰囲気が大好きで、出張者だったころから足繁く通っていたものだ。

ところが、急速にその姿を変えつつあるこの街に於いては、時間に忘れ去られてしまったような
大境路すらも例外ではなく、再開発という時代の波に翻弄されて往時の活気を失いつつある。

取り壊しの進む通りを眺めながら、次に訪れたら更地になるのではとの不安を感じていたのだ。

かつてのお気に入り店:クリックで拡大 半ば廃墟に暮らす人たち:クリックで拡大 多くの建物は封鎖されている:クリックで拡大

そんな想いに突き動かされるように、久しぶりに訪れた大境路はまだ失くなってはいなかった。

ただし、通りとしては健在でも、そこに並ぶ建物の大部分は朽ち、封鎖され、取り壊されていた。
人の往来はあるものの、かつての活気は失われてしまい、まるで死期を悟った老猫のようだ。

そこはぼくの愛した生が満ち溢れた世界ではなく、死の匂いすら感じさせる寂しい場所だった。

せめてもの救いは露香園路より東側は、往時ほどではないもののまだ活気を保っていることだ。
現時点では再開発計画から外れているらしく、新しい店などもでき、人々も活き活きとしていた。

そんな通りの様子に、最近忙しくて疲れ気味だったぼくも、元気を分けて貰えた気がするのだ。

まだ活気を保った通り:クリックで拡大 夕飯の買い出しだろうか:クリックで拡大 庶民の暮らしが垣間見える:クリックで拡大

このままずっと変わらないで欲しい、そう願うのはただのエゴなのだろうか。

ぼくがここに暮らしているのなら、そう願う権利もあるのかもしれないが、現実にはそうじゃない。
近代的な公寓に暮らしながら、古いものは変わらずにいて欲しいと願うのはわがままだろう。

そう頭では理解していても、やっぱり感情では残して欲しいと思っているのも事実だけれど。

時間の流れとともに変わっていくのは仕方ないことだけど、大切なものまで失くさないで欲しい。
無味乾燥な未来都市よりは、魔都と呼ばれるのが相応しい混沌としたこの街が好きなのだから。

これからこの街がどう変わりゆくのか、今後もこの通りをサンプルとして観察していきたいと思う。

 

-------------------------------------------------
大境路
住所 上海市黄浦区大境路 (人民路と河南南路のあいだ)
交通 公交 小北門(11,220,736,911,930)、老西門(135,940)ほか
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-11-01 23:00 | 日々雑感


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク