excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
2006年 03月 21日 ( 3 )
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
七宝土産 (叫化鶏)
旅の楽しみのひとつに、お土産選びがありますよね。

渡したときのことを想像しながらこれは喜んでくれるかなとか、ウケが狙えるだろうと
想像しながら買い物をするのは楽しいですし、自分用として買うのもよいでしょう。

今日は七宝古鎮で買ってきた自宅用のお土産、叫化鶏をご紹介します。

叫化鶏 叫化鶏 叫化鶏 叫化鶏

叫化鶏はもともと杭州の名物料理で、日本でも乞食鶏の名前で知られています。

叫化子(乞食)が盗んだ鶏に泥を塗って隠しておき、そのまま焼いて食べたところ
とても美味しかった、とのいい伝えが名前の由来となっている伝統ある料理です。

泥のかたまりを木槌などで割ると、中から紙で包まれたものが出てきます。

この紙を剥がしてみると、今度は中から蓮の葉に包まれたものが出てくるので
さらに包みを解いていくと、最後に丸のままの鶏が出てくるという寸法。

この鶏がトサカやくちばし、足の先っちょまで残っている完璧なお姿。

もちろん毛はむしってありますし、内臓も処理して葱や椎茸、棗が詰められていますが
こういうのが苦手な人にとっては、かなり衝撃的な映像をともなう料理ですよね。

味は少し塩気がきついものの、旨みが凝縮されていて美味しかったですよ。

渡す相手を間違えてしまうと、ともすれば嫌がらせにもなりかねませんが
ひとつ20元とお求め易い価格なのでお土産には最適ではないでしょうか。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-21 23:00 | 街角グルメ
 
本場の定義とは (豚骨拉麺)
七宝を訪れたもうひとつの理由、豚骨ラーメンのお店へ行ってきました。

博多から本場の技と味を引っさげた三兄弟が、郊外に開いたという豚骨ラーメン店。
噂によれば本格博多風で、しかもお値段とってもリーズナブルと伺っています。

ラーメンなら迷わず豚骨を選ぶぼくですから、前々から気になっていたんですよね。

豚骨拉麺 豚骨拉麺 豚骨拉麺

七宝老街の正面玄関となる北街を真っ直ぐ進み、橋を渡って最初の角を右折します。
狭い通りの右側に直球勝負の店名『豚骨拉麺 日本風味』の看板が見えました。

ネイティブの発音による「いらっしゃい」のかけ声は、オーナーの田村三兄弟。

カウンター席がメインのようで、グラグラと沸き立つ寸胴や活気溢れる厨房が
いかにも日本のラーメン店のようで、いやが上にも期待が高まっていきます。

メニューを見るとラーメン以外にも、ちょっとした中国料理もあるようですね。

観光で訪れる多くの中国人も相手にするということで仕方ないのかもしれませんが
ここはやはり、ラーメン一本で勝負して欲しいと思うのですが難しいのかな。

今回は煮玉子ラーメンと、事前調査で美味しいと評判の葱油拌麺を注文してみました。

豚骨拉麺 豚骨拉麺 豚骨拉麺 豚骨拉麺

運ばれてきたラーメンは葱とチャーシュー、そしてチンゲン菜のみのシンプル指向。

これに注文の種類に応じてチャーシューが増量されたり、高菜や煮玉子が乗るようで
きくらげ、海苔、紅しょうがなどの定番アイテムはなく、ゴマだけはテーブルに用意。

まずはスープを含んでみるものの、こってりを選んだわりにはかなりあっさり目です。

麺に関しても中華料理屋の麺に比べればマシだとはいえ、固めをお願いしたのに
どうも柔らか目というか、針金やバリ固を好んで食すぼくには物足りません。

この辺は中国人を相手にするうえで、現地の好みにあわせてしまったのでしょうか。

もちろん上海では頑張っているほうだと思うし、不味くはないと思うのですが
どうも本格派を期待していただけに、肩すかしを喰った印象を拭えませんでした。

もっとも味の好みは千差万別なので、実際にあなたの舌でたしかめてみてくださいね。

値段的にはすごく頑張っていますし、普通に美味しいのではないかと思います。
ただ、今回はぼくが想像していたものとは、ちょっと違うかなとも思いました。

 

-------------------------------------------------
豚骨拉麺 日本風味
上海市閔行区七宝古鎮南西街32号
営業 09:00~21:00 (年中無休)
電話 021-2993-8688
交通 公交 漕宝路(753,763,莘江線)ほか
価格 豚骨らーめん 8RMB / 葱油拌麺 5RMB
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-21 17:53 | 街角グルメ
 
お手軽水郷観光 (七宝古鎮)
七宝古鎮は上海市の南西部にある、小さな小さな水郷の街。

見どころはさほど多くありませんが、半日もあれば十分楽しめる手軽さ故か
天気のよい休日ともなると、身動きの取れないくらいの人出で賑わいます。

日曜日の昼下がり、まだ七宝を訪れたことのなかった奥さんを連れて古鎮観光です。

七宝古鎮 七宝古鎮 七宝古鎮

タクシーを使ってもよいのですが、今回は天気もよいのでバスを使ってみました。

市の中心部から57路のバスで、韓国人が多く住むという龍柏新村まで向かいます。
終点手前の虹井路で753路に乗り換えて、漕宝路か宝南路で下車すれば目的地。

今まで大回りしていたのが莫迦らしくなるほど、バスなら簡単にたどり着けますね。

半年ぶりに訪れた七宝はさらに観光化と整備が進んだようで、裏口にあたる南街側にも
大きくて立派な門ができており、少しだけキレイな雰囲気になっていました。

辺りを見れば新築のマンションも立ち並び、再開発が急ピッチで進んでいるようです。

建設中の軌道交通9号線(申松線)が完成すれば、七宝から徐家匯エリアまで一本で
結ぶことになるため、今後はますます発展していくのではないでしょうか。

七宝古鎮 七宝古鎮 七宝古鎮 七宝古鎮

七宝での楽しみといえば、やはり街のあちこちで売られている小吃でしょう。

湯包(小龍包)はちょっと脂っこ過ぎでしたが、大判焼き(回転焼き)を思わせる
海棠糕はサッパリとした餡と、カラメルのパリパリ感のハーモニーがグッド!

湯葉を揚げた料理も美味しいですし、臭豆腐も好きな人にはたまりませんね。

今回は見学だけで購入には至らなかったのですが、上の写真の右端の小吃がスゴイ。
大きな鉄板を手で回転させながら、その上に生地を薄く薄く伸ばしていきます。

みるみるうちに直径1メートルくらいになるんですが、厚さが見事なまでに均一です。

これを折り畳んで袋に入れて渡してくれるのですが、ご夫婦の協同作業が
恐ろしいほど手際がよくて、焼き上げる様を何枚も見学してしまいました。

七宝古鎮 七宝古鎮 七宝古鎮

さて、今回の七宝行きの二大目的のひとつが『七宝周氏微彫館』です。

微彫館の名が示すとおり、ここでは微小彫刻により『紅楼夢』の世界を表現した
数々の展示が並べられた小さな小さな作品展示館で、入場料はたったの5元。

うちの奥さんがこういったものが好きなので、ぜひ見せてあげたいと思っていました。

一辺わずか数センチの石に数千の文字を彫り込んだ『石頭記』もすごいのですが
どちらかといえば芸術品や家具などのミニチュアが可愛らしくていいですね。

雛人形の飾り物をさらに小さく、しかも精密にした感じのミニチュアは超キュート。

ミニチュアの家具の中に置かれた書物や、掛け軸などにもちゃんと判別可能な
小さな文字がかかれていたり、その精巧さには驚かされるばかりです。

奥さんも期待通り喜んでくれたので、ぼく的にはそっちのほうが嬉しいかな?

移動を含めても半日程度で観光を終えることができるお手軽水郷ですし
いろいろな小吃を食べ歩きするのも楽しいので、訪れてみては如何でしょう。

ただしホントに小さいので、あまり期待して行くと拍子抜けするかもしれませんよ。

 

-------------------------------------------------
七宝古鎮
上海市閔行区七宝古鎮
電話 021-6461-5308 (上海七宝古鎮旅遊接待中心)
交通 公交 漕宝路(753,763,莘江線)ほか
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-03-21 00:06 | 観光情報


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク