excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
2006年 02月 03日 ( 2 )
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
秘境の天然プールにて
ビュッフェ形式の昼食を食べたあと、シュノーケリングを楽しむためにクルマで移動。

ちなみに昼食ではマグロの刺し身なども用意されていましたが
これは日本人向けというわけではなく、現地でも普通に食べるそうです。

切り方はかなりいい加減ですが、冷凍でない生のマグロはなかなかの美味。

現地人も醤油をつけて食べるそうなので、そのまんま日本のお刺し身と同じ。
かつて日本からの移民が多かったそうですが、その名残なのでしょうか。

Piscine Naturelle Piscine Naturelle Piscine Naturelle

クルマで走ること20分くらいで、椰子の林の中にある駐車場に到着しました。

ここからは歩きとなりますが、幅が150メートルくらいありそうな
幅広い大きな河を、ジャブジャブと水を蹴立てながら渡ります。

深さはくるぶしくらいまでなのですが、水の抵抗があるので意外と歩きにくい。

けれど、河の中を歩くなんて何だか子供のころに還ったようで楽しくて
美しい周囲の景色も手伝ってか、鼻歌交じりで渡河しました。

ここから鬱蒼とした茂みに分け入り、15分程度は歩くのでちょっとしたトレッキング。

先日、慣れないビーチサンダルで靴ずれを作ってしまった奥さんは
素足で歩くことを余儀なくされ、かなり大変な行程となってしまいました。

けれど、このあと目の前に広がった光景は、その苦労に見合うだけのものでした。

Piscine Naturelle Piscine Naturelle Piscine Naturelle

ピッシンヌ・ナチュレル(Piscine Naturelle)とは、天然のプールの意。

岩のすき間から染み出した海水が、入り江のようになった池にたまっていて
その周りを背の高い南洋杉がぐるりと取り囲んでいます。

海とは直接繋がっていませんから波もなく、その姿はまさに天然のプールです。

白い砂に囲まれた天然プールはすり鉢状になっていて、最深部は3メートルもあります。
水の中には珊瑚や岩が突き出しており、魚たちの恰好の遊び場となっていました。

いったい神はなぜ、このような場所を作り賜うたのでしょうか。

次から次へと見せられる大自然の芸術作品に、なんども心が震わされます。
ここはまさに、「天国にいちばん近い島」なのかもしれませんね。

Piscine Naturelle Piscine Naturelle Piscine Naturelle

起伏に富み、透明度の高いここでのシュノーケリングはとてもエキサイティング。

色とりどりの魚たちや珊瑚、イソギンチャクや巨大なナマコなどの命が溢れかえり
ここは彼らにとっても楽園なのだなと感じさせられる光景が広がっていました。

飽きることなく海中の散歩を楽しんだあと、ふと空に目を向けると青い空。

世界の大半が青と白で構成されたこの世界の中心に浮かんでいると
いつしか自分の心もおだやかに澄み切っていくような気がします。

極上の癒しに包まれながら、ニューカレドニア最後の日は過ぎていきました。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-02-03 14:30 | 観光情報
 
海の宝石箱
メラネシア人たちのあいだで Kounie(海の宝石)と呼ばれるイル・デ・パン島は
ヌメアから国内線で約25分の位置にある、南洋杉に囲まれた小さな島です。

そこには美しい自然が溢れていると聞き、現地ツアーデスクに申し込みました。

イルデパン イルデパン イルデパン

当日は朝からどんよりと曇り空で、ときおり小雨もぱらついています。

台風一過で、しばらくは好天が続くものと信じていたのでショックを隠し得ませんが
いまさらキャンセルするわけにもいかず、天候の回復を祈りつつ空港へ向かいました。

双発のプロペラ機に乗り込み、いざ出発という段になってエンジントラブルが発生。

全員、機体から下ろされてしまい、機材入換えのために空港内で待機を余儀なくされ
ドリンクと食べ物の無料券を貰ったので、カフェで春巻などを食べて過ごしました。

定刻から1時間以上遅れて舞い上がった飛行機ですが、下界は厚い雲に覆われています。

雲の切れ間からまれにのぞく景色は、鬱蒼としたジャングルや暗い色の海だけで
今日は1日、雨続きであることを覚悟しなければと思いながら、空港へ到着しました。

イルデパン イルデパン イルデパン イルデパン

ところが、島に到着した直後くらいから晴れ間が広がりはじめ
いつの間にかまた、焼けつくような夏の日差しが戻ってきました。

このあと島内観光の予定だったのですが、飛行機の遅れのせいで時間が押しています。

島で唯一の商店(ちっさい!)、病院、学校、教会などや、かつて宣教師が
上陸したという入り江を見学して周りましたが、どこもかなりの駆け足です。

1ヶ所5分から10分くらいの滞在ですし、場所によっては車中から眺めるだけ。

帰りの飛行機の時間や、このあとの予定が決まっているから仕方ないとはいえ
あまりにもあまりな内容で、ちょっとがっかりしてしまいました。

ただし、島内観光が短かった分だけ、このあとのクトビーチでの滞在時間が
長かった(といっても30分程度)ので、結果的にはよかったと思います。

イルデパン イルデパン イルデパン

クトビーチはニューカレドニアでいちばん、美しい砂がある場所といわれています。

まるで小麦粉のようにサラサラとしたパウダー状の砂は、これまでの常識を覆すもので
水を含むとねっとりとした粘土のようになり、スクラブ剤にも使われるのだそうです。

そして眼前に広がるビーチは、今までに見たどこよりも神秘的で美しい場所でした。

真っ白な砂浜からターキッシュブルーへと無限に変わっていくグラデーションは
言葉ではいいあらわせないほどの深い感動をともなうものです。

残念ながらぼくの拙い写真と言葉では、その美しさの半分もお伝えできませんので
実際に訪れて目で、耳で、心で感じてくださいとしかいいようがありません。

太陽と空と雲と、海と砂浜、そして匂いや音、風と光のすべてがあわさった
大自然が作り賜うたこの世の奇跡に、しばし声もなく立ち尽くしました。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-02-03 10:01 | 観光情報


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク