excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
2006年 01月 25日 ( 1 )
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
日本風大衆中華 (台湾料理味仙)
名古屋発祥の台湾ラーメンで有名な、台湾料理店の味仙へ行ってきました。

上海に来て改めて思うのは日本で食べる中華料理は、あくまで日本人好みに改良された
中華料理であり、本場のものとはひと味もふた味も違うものだっていうこと。

そんな日本で育った和製中華が、こうして本場に逆輸入されるのは興味深いですね。

味仙 味仙 味仙

お店の看板は黄色地に赤文字で描かれ、夜目にも煌々と輝いて見えます。

この黄色と赤の組み合わせのが、如何にも日本の大衆中華料理店や
チェーン系のラーメン屋さんみたいで、ちょっと笑えてしまいます。

お店の中も懐かしい「街の中華屋さん」的な匂いがぷんぷんしていました。

殺風景な部屋、無意味なポスター、壁一面に貼られた品書きなどの演出は見事。
これでもう少し狭くて、床が油でヌルヌルしたりしていたら完璧でしょう。

お値段は現地価格に比べると少し高めで、ひと皿の量も少なめです。

ただし、日本の感覚ではかなりリーズナブルであり、小人数で訪れるのなら
ひと皿が少なめなのも、いろいろと注文することができてよいですね。

味仙 味仙 味仙 味仙

かなり辛いと評判だった台湾ラーメンは、ちっとも辛くなかったのが残念。

でも、うちの奥さんはすごく辛いといいながらムセていたので
一般的な味覚の人にはかなり辛い部類なのかもしれません。

その他の料理はどれも、日本の大衆中華で食べるようなお馴染みの味がします。

どっちが美味しいとか、どちらのほうが優れているかは人それぞれでしょうが
日本の風土や嗜好にあわせた中華は、とても懐かしい味がしました。

大阪でいえば眠眠とか王将などで、安い中華料理を楽しんだイメージです。

これを台湾料理と呼ぶと台湾出身の人はちょっと怒っちゃうかもしれませんが
日本人的にはこういうお店もありなんではないでしょうか。

懐かしい日式中華を味わいたくなったら、訪れてみてくださいませ。

 

-------------------------------------------------
味仙
上海市長寧区仙霞路600号 (仙霞路 x 水城路、ビッグエコー隣)
営業 夜間のみ(詳細な時間は不明)
電話 021-6242-5821
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-25 23:51 | 街角グルメ


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク