excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
2006年 01月 02日 ( 2 )
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
 
上海でスノボデビュー
今年は挑戦の年。新春チャレンジ、第一弾として、スノーボードに挑戦してきました。

「上海でスノーボード?」と思われるかもしれませんが
じつは郊外に大型の人工降雪スキー場があるんです。

いやはや、上海には本当になんでもあるもんですね。

銀七星室内滑雪場は上海市の南西部に2002年にオープンした大型室内スキー場で
敷地面積は10万平方メートル、滑走場の長さは380メートルあります。

傾斜は3段階になっていて上から上級、中級、初級コースとなっていますが
一番上でも傾斜角は緩やかで、最下部に至っては滑走するのも困難なほど。

おまけに中級、上級コースへ上がるにはスノーボードの場合は徒歩で登る必要があり
滑っている時間よりも、えっちらおっちら登る時間のほうが多そうです。

銀七星室内滑雪場 銀七星室内滑雪場 銀七星室内滑雪場

建物に入ってすぐの受付けでチケットを買って、身長・体重、靴のサイズを記入。

2階に上がってすぐのカウンターでロッカーの鍵と、ウェア類一式を借りますが
このとき先程記入した身長と体重によって、ウェアは支給されるようです。

しかし、身長と体重だけではその人の体形を推し量ることは難しいでしょう。

支給されたウェアはぼくの肥大化したウエストを収めるには、あまりにも小さく
ボタンを留められずに、尻の部分に引っかけるようにして履くことに。

これが後に大きな悲劇を生もうとは、神ならぬ身の知るよしもありませんでした。

着替えが終わったら階下へ行き靴と板を借りて、入場証のようなものを見せると
ここからカウントダウンが始まります。料金は2時間で158元(週末価格)。

銀七星室内滑雪場 銀七星室内滑雪場 銀七星室内滑雪場 銀七星室内滑雪場

この日はAKIちゃん、げんちゃん、たけぽんさん、Mercyさんといっしょです。

ぼくとMercyさんはこの日が初めてですが、残りの3人は経験者で
さすがに慣れた感じで、華麗な滑りを披露してくださいました。

ぼくはといえば少し滑ってはべしゃっと転ぶのをくり返し、留めることの
できなかったウエストからは、粒氷のような雪が容赦なく入り込んできます。

お尻の部分はしっとり冷たくなってくるし、運動不足がたたって足はヘロヘロ。

皆さんのご指導のおかげで後半なんとか少しだけ滑られるようになりましたが
相変わらず転んでばかり。スキーは得意なんですが、まったくの別物ですね。

それに対して、同じく本日デビューのMercyさんはスイスイ滑っていきます。

ウエイクボードの経験を積んでいるので上達も早いとのことですが
やっぱりセンスとか基礎体力の違いとかもあるんでしょうね。

 

平坦なゲレンデに飽きたのか、経験者の面々はこのあと、ジャンプ台にチャレンジ。

銀七星室内滑雪場 銀七星室内滑雪場 銀七星室内滑雪場

たけぽんさんが、げんちゃんが、そしてAKIちゃんが華麗に宙を舞います。
とくにAKIちゃんは誰よりも高く舞い上がり、トリックを決めていました。

「しゅうさんも、どうですか?」といわれましたが、初日からジャンプは無理でしょう。

しかし、同じく本日がスノボデビューのMercyさんは違いました。
果敢にもジャンプ台に向けて、決死の滑走を開始!

 

銀七星室内滑雪場
 
  と、飛んだ?! Σ( ̄□ ̄;


Mercy、カッコ良いよ! グレートだよ!

迷うことなくジャンプ台へと向かい、粉雪を舞いあげながら
宙を舞う彼の姿は、キラキラと輝いていました。

そのチャレンジングスピリッツは、素直に見習わなければならないですね。

どうせ飛べないから、痛いのは嫌だからと挑戦しようともしなかったぼくとは大違い。
今年は挑戦の年だと宣言しておきながら、初回から逃げてしまっていました。

ちょっと反省したり凹んだりしましたが、スノボ自体はとても楽しかったです。

連れていってくれた皆さん、ありがとうございます。
そして、次回こそは飛びますんで、骨は拾ってください!(笑)

 

-------------------------------------------------
上海銀七星室内滑雪場
上海市閔行区七莘路1835号 (地下鉄1号 莘庄駅よりタクシーで十数分)
営業 9:30~21:30
電話 021-6478-8666
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-02 23:59 | 観光情報
 
上海自炊日誌4
先日、寝正月だったせいか早朝に目が覚めました。

このまま寝直すのも勿体ないので、朝からご近所をふらふらと散歩。
新年2日目とは思えないほど、街はいつも通りの風景でした。

やはり、中国では新暦の正月はそれほど意味がないものなんでしょうね。

朝から中華 朝から中華 朝から中華

近所の生鮮食料品市場にて、朝食の食材の買い出し。

日本の市場のような威勢の良さはありませんが、朝も早いというのに活気に溢れ
スーパーでは見られないような、新鮮なお野菜が山のように積まれていました。

市場の野菜は農薬が心配なんて声もありますが、どうせ外食したら同じことですよね。

あまりにも不注意なのもどうかと思いますが、気にしすぎると
何も食べられなくなるので、あれこれ買い物してきました。

値札とかはなく、相場も判らないのですが、値切る気にもならないほど安い。

ついつい、あれもこれもと欲張ってしまい、気がつけば両手が
ビニール袋でいっぱいになってしまいました。

朝から中華 朝から中華 朝から中華

出来あがったのはこちら、朝から中華料理です。

番茄滑蛋はトマトと玉子の炒め物。油で炒めたトマトは甘味が出て美味しく
玉子との相性もばっちり。簡単なので、昔からよく作る定番の一品。

麻婆豆腐はぼくの大好きな料理。食べるのはぼくひとりなので、気にせずにめいっぱい
辛くしています。花椒がなかったのが残念ですが、ご飯が進むこと請け合い。

こちらの木綿豆腐はしっかりしていて、麻婆豆腐にはぴったりですね。

最後の一品は野菜たっぷりの酸辣湯風スープ。トロミのついた酸っぱ辛いダシの中に
たっぷりの野菜がこれでもかってくらいに入っています。野菜不足もこれで解消?!

 

普通、外食ばかりだと太るなんていいますが、ぼくの場合は自炊のほうが太りそう。

ついつい作りすぎてしまいますし、作った分はお腹いっぱいと思いつつ
ついつい全部食べてしまうんですよね。

今日も朝からお腹いっぱいになってしまいましたとさ。とほほ……。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-02 15:20 | 中国的生活


メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク