excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
中国式接待!?
上海への2度目の出張のとき。支社長からお誘いがかかりました。
おお、ひょっとしてこれは、噂の接待ってヤツでしょうか?

支社長「Sangyuanさん、これからいっしょに髪を切りに行きませんか?」

な、なぜに散髪?!
まさかこれは、中国式の歓迎の儀なんでしょうか。

しかし、幸いにも残念ながら、ぼくは出張前に髪を切ったばかり。
これ以上は切る必要はありません。って言うか、あまり切りたくない。

すると支社長はさも残念そうに、洗髪マッサージだけでもと
薦めてくるではありませんか。

これはやはり、中国式の歓迎なのに違いありません。
お互いが腹を割るには、まずはいっしょの床屋に行くぞ、みたいな。

ここで断ってしまっては、今後の関係に角が立ちかねません。
潔く喜んでお供しようではありませんか。

さて、連れてこられたのは街の床屋さん。
美容店なのか理容店なのか、ちょっと微妙な感じのお店です。

支社長は店員の小姐になにやら指示を出したあと、
「ぼくは髪を切るから」と言い残して奥へ引っ込んで行きました。

_| ̄|○ ひょっとして、あなたが髪を切りたかっただけなのでは……。

あとに残されたのは言葉も判らないぼくひとり。
店員の小姐はニコニコと笑って、席に着くよう身振りで示します。

しかし、シャンプーをすると言うわりには、洗髪台もなにもありません。

どうするんだろうと訝しんでいると突然、お好み焼き屋の
マヨネーズ入れのような容器からシャンプー液をふりかけられます。

続いて同様の容器から、水(だと思いたい)をかけられ、
ワシャワシャと洗髪が始まりました。かなりいきなりです。

ある程度、髪にシャンプーが馴染んできたところで、マッサージ開始。
頭のツボを押してくれているのか、これはなかなかに気持ち良いです。

しかし、流しもないのにどうやって後処理するんでしょう。
まさか、ふき取って終わりだなんてことはないと思うんですが……。

しばらくして小姐が何かを言いたそうなんですが、ちんぷんかんぷんです。
シビレを切らせた小姐は、ぼくの腕を掴んでこっちへ来いと引っ張ります。

あ、お店の奥にちゃんと流しがありました。って言うか、店舗にこれ
ひとつしかないんですね。混んでるときは順番待ちとか、ありそうです。

すすぎをするときは、わざわざここまで移動してから行なうみたい。

このあとは普通にしゃかしゃかと流して貰い、ドライヤーで髪を乾かしてスッキリ。
支社長のカットが済むまで、首やら腕やらをマッサージして貰いました。

これがぼくの上海理容店、初体験。
なんかシャンプーしてるより、マッサージの時間が長かった気がします。

そして、あれからもう2ヶ月。

すっかり髪も伸びてきて、そろそろ切り時ではあるんですが、その……。
もう少し、意思疎通が出来るようになるまで、カットはおあずけにしとこうっと。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-03-04 09:48 | 中国的生活
<< お散歩は危険がいっぱい!? 手に汗握る大勝負 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク