excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
普通であること (誠)
朝晩はめっきり冷え込むようになり、あったかい食べ物が恋しくなってきた。

おでんや鍋物などの定番はもちろんだが、ぼくが密かに愛してやまないのが風呂吹き大根だ。じっくりくつくつ煮込んだ大根に、甘辛い味噌ダレをかける。箸でスッと割って、フウフウ息を吹きかけながら口に含めば、舌の上でホロリと崩れていく。滋味深い味わいに身も心もあたたまるのだ。

風呂吹き大根:クリックで拡大
美しい飾り切りや添え物で、見た目にも楽しめるひと皿だ
そんなほっこりとあたたかな、風呂吹き大根を喰わせる店に、ここ上海の地で巡りあえた。

富民路に佇む日本料理の誠は、今年で12年目を迎えた老舗店である。今でこそ300を越えるという上海の和食店だが、当時はホテル併設店のみで、路面店は非常に珍しかったそうだ。8年前に店主が脳溢血で倒れ、現在はその息子が2代目として店を切り盛りしているという。

大きく『誠』と染め抜かれた暖簾をくぐると、そこは小料理屋といった雰囲気。板前の作業を楽しめるカウンター席と、それを囲むように掘りごたつの座敷がある。小姐たちの日本語はややたどたどしいが、日本人料理長やスタッフがいるので意思の疎通に困ることはなさそうである。

前述の風呂吹き大根に関しては、その見た目も含め満足いく仕上がりだった。ただ、その他の料理については丁寧な仕事を感じさせる反面、これといった驚きもない。和食とは名ばかりのなんちゃって料理が出てくる心配はないが、出来れば思わずうなるような皿に出会いたいものだ。

もっともここは異国の地であり、普通の和食というだけでもありがたいのかもしれない。ただ、上海和食界は群雄割拠の時代を迎えており、普通なだけではもはや生き残れないのではないだろうか。3ヶ月で閉店する店もある中、ここまで生き延びた老舗として頑張って欲しいものである。

 

-------------------------------------------------

種別 日本料理
住所 上海市静安区富民路177号甲 (富民路 x 巨鹿路、交差点を南)
営業 17:30~23:00 (ラストオーダー 22:30) / 日曜定休
電話 021-5403-1943
交通 地鉄2号 静安寺 / 公交 銅仁路(49,71,127路)ほか
予算 里芋のイカ煮 35RMB
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 写真なし
備考 今年で12年目になる上海日本料理の老舗
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-10-31 01:00 | 街角グルメ
<< イスラムの刑罰 クズルガハの烽火台と千仏洞 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク