excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
バザールをめぐる
その街の生活を知りたければ、スーパーマーケットに行くのがよい。

どこの街でもスーパーには、そこに暮らす人々の日常がある。普段から住民たちが食べている惣菜や食材、日用に使う雑貨類や衣類、その他の雑多なものがところ狭しと並んでいる。そういったものから彼らの日常を垣間見るとともに、その街の大まかな物価を掴むこともできるのだ。

職人街の子供たち:クリックで拡大
どの国、どの街でも、子供たちの笑顔は輝いている
カシュガルではスーパーマーケットよりも、シルクロードの要衝らしくバザールを訪れたい。

カシュガルで行われるバザールは日曜日のものが最大規模となるが、普段からも街のいたるところで行われている。中央アジアと天山南路、そして西域南道の交差点にあたるカシュガルのバザールは、昔から揃わないものはないと呼ばれるほど、あらゆるものが扱われていた。

現在のバザールといえば主に日用品が主となるが、それでも外国人のぼくからすれば用途の見当もつかないような雑多な品々が、広大なエリアにズラリと並んでいた。そのほとんどは観光客には用のないものだが、ウイグル族の人々の買い物風景を眺めるだけで十分に楽しめた。

民芸品を扱う土産物店を冷やかし、ナッツやドライフルーツをしこたま試食し、ウイグル帽を売る店で値段交渉の駆け引きを楽しんだりしながら、バザールの雰囲気を堪能することができた。

バザールの次に向かったのが、職人街と呼ばれるストリートだ。ここでは様々な職人たちが店先で銅製品木工製品楽器などを造りながら展示即売している場所だ。ここもまたバザールの一種ともいえるが、取り扱っている製品の製造過程を目の前で見られるのが興味深い場所である。

カシュガルのバザール:クリックで拡大   楽器屋の新疆風タンバリン?:クリックで拡大   職人街の路上:クリックで拡大
左:生活雑貨から食料まで何でも揃う  中:ダップと呼ばれるタンバリンの先祖  右:鉄器や工芸品、その他にも食料などが揃う

とある木工品の店先に吊るされた品を指差し、ガイド氏が何をするものか当ててみろという。見たところはキセルのようだが、そんな単純な問題ではないのだろう。だが、考えても判らないので、キセルを咥えて吹かすような素振りをすると、周りにいたウイグル人たちが失笑を漏らす。

じつはこれ、煙草を詰める部分に似た箇所を赤ん坊のおちんちんに装着し、咥える部分を服の外に出す導尿装置なのだ。赤子がおしっこをしても外に導かれるのでおしめいらずで、ちゃんと女の子用もある。なるほどそんなものを外国人が咥えていたら、失笑を買っても仕方ない。

上海人たちにいわせれば、新疆人は危険だとか胡散臭いとよくいうが、ここで会った彼らは皆陽気で人懐っこい笑顔の人たちばかりだった。もちろん悪意を持った人がいないとはいわぬが、むしろ上海人による外地人への差別が、そんな危ない印象を創り出しているのではなかろうか。

楽器屋の親父の演奏に耳を傾けながらふと、そんなことを考えさせられた職人街のひとコマだ。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-10-12 01:00 | 観光情報
<< 会社帰りにデート (PARROT) 神々の棲む場所へ その2 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク