excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
神々の棲む場所へ その2
山道を進んでいくとやがて、前方に検問所のような場所が現われた。

国境へと続くこの道では人の出入りが管理されており、ここから先へ進むには身分証明書と顔写真の照合が必要となる。島国に暮らすぼくらにはイメージし難いが、その気になれば徒歩で国境を越えることだって可能なのだ。普段はあまり意識したことのない境界線が、この先にあるのだ。

しかし、それは我々人間が決めたものであり、この雄大な自然にとっては意味を持たない。代わりに険しさを増す道の両側には切り立った山々がそびえ、人が住む世界との境界を成していた。

紅山:クリックで拡大   険しい山道:クリックで拡大   ブロンクリ湖:クリックで拡大
左:鉄分の多い紅山はその名の通り赤い  中:険しい山々に囲まれたハイウェイ  右:神秘の湖ブロンクリ湖は鏡面のよう

いくつ目かも判らないアップダウンを越えると、ふいに視界が大きく開けた。ブロンクリ湖だ。

広大な湿地は一部を除いて干上がっているが、まだ水が残っている部分は鏡面のように静かだ。遥か対岸には砂に被われた山々が広がり、湖面に移る姿が神秘的である。風に舞う細かい砂は刻一刻と姿を変え、強い風が吹くと山の形がすっかり変わってしまい、旅人を惑わせる。

バスを下車し湖面まで下りてみる。外気はひんやりと冷たく、半袖から突き出た腕の体温を容赦なく奪っていく。ここは既に標高3,200メートルの高地。岸辺に近い湖面は、すっかり凍っていた。ぼくらは逃げ込むようにバスに乗り込むと、さらなる高み、最終目的地のカラクリ湖へと走った。

出発から3時間半。ようやくたどり着いたカラクリ湖は、人間を拒絶するかのような場所であった。

キルギス族の住居:クリックで拡大   ラクダも寒そうだ:クリックで拡大   砂に覆われた山:クリックで拡大
左:こんな場所でも人間は暮らしている  中:強い寒風にラクダも心なしか寒そうだ  右:砂丘ではなく砂で被われた山々

青く輝く深遠とした湖は、常に氷温に近く小魚さえも見られない。湖面を渡る風は身を切るように冷たく、肌をなぶる。そびえ立つ山々は険しく切り立ち、生物の侵入を拒むかのようであった。ここは通常の生き物が暮らすべき場所ではなく、神々こそが棲まうに相応しい場所のように思えた。

それは神々しいほどに荘厳で、何ものも穢すことのできぬほど神聖で、そしてただ美しかった。

驚くべきはこんな極地にも、営みを行なう人間がいるということだ。遊牧の民キルギス族は、多数のヤクを引き連れ、夏の間はここで放牧を行なう。ガスも水道も電気もないこの場所で、ユルタと呼ばれる移動式テントで生活する様は、ぼくらから見ればまるで神の地の修験者のようである。

ぼくらは薄い大気に喘ぎ、肌を切る風に凍えながらも、神々とその使者たちが棲まう神聖な場所を、しっかりと記憶に焼きつけた。カシュガルに戻るバスからふと振り返れば、神々の峰が厳しさと優しさを兼ね備えた強い瞳で、そっとぼくらを見守ってくれているような気がするのだった。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-10-11 01:00 | 観光情報
<< バザールをめぐる 神々の棲む場所へ その1 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク