excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
天山南路シルクロードをゆく
東西を結ぶ交易路シルクロードと聞けば、誰もが眠っていた旅心を思い出すだろう。

現在の定義によれば、シルクロードとは海上交通路も含めた東西交易路だが、元々は陸上のキャラバンルートを指した。ドイツ地理学者のリヒトホーフェンが、その著書の中で用いたザイデンシュトラーセン(Seidenstrassen《絹の諸道》)を英訳したものが広く定着し、今日に至っている。

狭義には長安から河西回廊を経て敦煌に至り、3つのルートに分かれる陸上交通路とその支路を指す。敦煌から北進し天山山脈の北側を西に向かうルートを天山北路、天山山脈の南側を進むルートを天山南路、そして崑崙山脈北麓を西に向かう西域南道に大別されている。

ウルムチの空は青かった:クリックで拡大
上海暮らしで忘れていた、果てしない青い空があった
今回、国慶節休暇を利用して、かねてよりの憧れだった、シルクロード天山南路を旅することが出来たのは非常な幸運であった。旅の記録をここに留め、新たな旅人を彼の地へと誘いたく思い筆を執る。しばらくお付き合い願いたい。

旅の玄関口となるウルムチは、新疆ウイグル自治区の首府である。上海からは直線距離でも3,200キロ、飛行機で約5時間のフライトだ。

内陸性乾燥気候のウルムチは夏場には30℃を越え、冬場はマイナス20℃程度まで冷え込む厳しい気候だ。10月の平均気温は13.5℃。カラリと乾いた空気はやや肌寒いが、降り注ぐ強い日差しと、抜けるような青い空が心地よい。ただし、朝晩は冷え込むので上着が必要だろう。

ウルムチでは現地ツアーガイドと合流して、まずは腹ごしらえを行う。料理は一般的な中国料理だが、味付けはややスパイシー。残念ながら本格的な新疆料理ではないのでやや物足りぬが、それでも使用する食材は清真(豚肉や豚脂を使わないイスラム教料理)を意識したものだった。

食事を終えた我々はバスに乗り、ウルムチの東183キロにあるトルファンを目指すことになる。

地平の彼方へ続く道:クリックで拡大   アジア最大の風力発電所:クリックで拡大   荒野の果てに見えるは天山山脈:クリックで拡大
左:地平の彼方まで続く真っ直ぐな道  中:道の両側には風力発電器が並ぶ  右:どこを見ても何もない荒野が広がる







トルファンとはウイグル語で「低地」を意味しており、その名の通り中国でももっとも低い土地だ。市の南側にあるアイデン湖は海抜マイナス154メートルの塩水湖で、中国の死海とも呼ばれている。最高気温は48℃、最低気温はマイナス28℃と、ウルムチ以上に厳しい気候である。

トルファンまでの道程には立派な国道が通っているが、その周りにはほとんど何もない。左手に天山山脈の冠雪を見ながら、ひたすら真っ直ぐな道をバスは走る。時折、思い出したように列車を見かけたり、アジア最大だという風力発電所が目に入るが、それ以外は無人の荒野が続く。

はじめはその雄大な景色に釘づけだったが、延々とそれが続くと飽きてくる。バスに揺られて2時間半。半ばウトウトしつつ岩石の岩山を越えると、そこは砂漠のオアシス都市トルファンだった。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-10-01 01:00 | 観光情報
<< 沈む夕日と昇る朝日 組合わせの妙味 (Pankoo) >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク