excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
憂鬱な贈り物 (中秋節と月餅)
今年もまた中秋節(旧暦8月15日)がやってきた。

中国での月は一家だんらんを象徴している。月が1年でもっとも丸く輝く十五夜に、家族も同じく輪になって食卓を囲むのが、昔ながらの中秋節の過ごし方だ。このときに食べる菓子が月餅であり、家長が人数分に切り分け、ひとりがひと切れずつ食べる。月餅が大きいのはこのためだ。

杏花楼の月餅:クリックで拡大
ズッシリと重い月餅には、漉し餡がたっぷりと詰まっている
ところがこの月餅が、大きな弊害をもたらしている。この時期、多くの企業では社員に対して月餅の引換券が配られるのだが、その量はけっして少なくない。前述の通り、切り分けて食べることを前提とした月餅なので、核家族化が進む上海の家庭には過ぎたる量なのである。

我が社でも例年通り配布が行われたが、8個入りが2箱もある月餅は、もはや負担でしかない。

もっとも我が家はまだマシなほうで、取引先が多い会社などでは、事務所に山積みになるほどの月餅が届くのだという。大手新聞社のアンケートによれば約7割の人が貰っても嬉しくないと答えたそうだが、贈る側の面子などにも関わってくる行事だけに、まだ当分はなくなりそうにない。

今年貰ったのは、人気の杏花楼の月餅だ。甘さ控えめのしっとりした月餅はまだ食べ易いが、それでも家族2人には多すぎる。近年では過剰な包装や同梱品で、贈収賄に利用されることも多いと聞く。外国人のぼくがいうべきではないが、そろそろ月餅のあり方を考える時期かもしれない。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-09-25 01:00 | 中国的生活
<< 日本人向けでない和食 (愛奴蘭) ヘルシーな中国料理店 (味道淋) >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク