excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
異世界への扉 (キダム)
ぼくがまだ小学生のころ、地方都市に巡業に訪れた小さなサーカスを観に行った。

炎天下の空き地に立てられたテントに空調はなく、内部はサウナのごとき灼熱地獄だった。そんな劣悪な環境下で文字通り手に汗握りながら、空中ブランコや動物たちのショウに歓喜と賞賛の声をあげた。あの灼熱のリング(ステージ)は、幼少のぼくにとって異世界へ続く扉だったのだ。

CIRQUE DU SOLEIL - QUIDAM:クリックで拡大
まもなく舞台は幕を開ける、期待高まる瞬間だ
あれかれ二十数年の時を経て、ここ上海の地から再び異世界へと旅立つ機会を得た。世界中を熱狂させたという芸術集団シルク・ドゥ・ソレイユの上海初公演、QUIDAM(キダム)だ。

地鉄の上海科技館駅から流れに沿って歩くと、ビックトップと名付けられた大型のテントが視界に飛び込んでくる。内部は空調、音響、照明完備の大空間で、とても即席とは思えなかった。

やがてひとりのクラウンと、数人の白ずくめがステージに登場し、舞台は幕を開けた。アクロバットの技術は上海雑伎のほうが上のようにも思えるが、だからといってキダムがつまらないわけではない。まるでミュージカルのようなストーリー仕立ての舞台は、とてもアーティスティックだった。

不可思議な衣装に身を包むキャストがときには官能的に、ときには幻想的に、身体能力の限界に挑む技の数々を繰り広げる。それは凄いというよりも、美しいという形容がよく似合う。観客は固唾を飲んだり、うっとりしたり、腹を抱えて笑ったりと、キダムの世界に引き込まれていった。

深い満足感に包まれながら、サーカスは今も我々を異世界へと誘う扉なのだと感じたのだった。

 

-------------------------------------------------
QUIDAM -CIRQUE DU SOLEIL- / 神秘人 -太陽馬戯-
種別 エンターテインメント・サーカス
会場 上海市浦東新区世紀大道 太陽城堡 特設会場
日時 2007年6月28日~8月26日 19:30~22:00 (土日は日中公演もあり)
票価 150, 360, 680, 880, 2000RMB
備考 カナダのエンターテインメント集団が上海に初上陸
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-08-26 01:00 | 観光情報
<< 本物にはなれない (棗子樹) 祭りの空気 (花園広場夏祭り) >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク