excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
草原でモータースポーツ
ぼくがまだ20代のころ、バイクで風を切るのが好きだった。

夏は暑いし、冬は寒い、雨が降ればずぶ濡れになってしまう乗り物だが、それでも人車一体となって風を切る感覚は他に代え難いものがあった。こいつといっしょならどこへでも行けると、各地を旅してまわったものだ。そんな相棒と別れて10年近くになるが、今でも恋しく思うことがある。

草原ライダー
気持ちよさそうに風を切る友人f嬢
内モンゴルで乗馬体験を行っている最中、現地の人たちがバイクで移動しているのを見た。遮るもののない草原で、風になるのはさぞ気持ちよいことだろう。そう感じたのはぼくだけではなかったようで、元バイク乗り数人があれに乗りたいと声を上げた。相談の末、現地人に無理をいって愛車を貸してもらうことができた。

しかし、このバイクがくせ者で整備状況はかなり悪い。油断しているとすぐエンストするし、前輪のブレーキレバーは無くなっていた。ブレーキが使えないのは致命的ではないかと思ったが、走り出してみればそんなことは杞憂だと気がつく。見渡す限りの草原では、物陰から何かが飛び出してくることはないのだ。急制動を行う必要はないので、エンブレとリアブレーキだけで十分だった。

久しぶりのバイクでおっかなびっくり走り出すと、景色は後方へと流れ出す。ギアをかき上げながらアクセルを開けていくと、バイクは弾かれたように加速を開始した。懐かしい感覚に心を振るわせながら、このまま地平の彼方まで走り続けていきたいような気持ちに支配されるのだった。

日本にいたころもバイクは自由な乗り物だと思っていたが、ここでのそれは桁違いだった。ヘルメットやグローブも付けずに風を切るのは初めての感覚だし、スピード制限などの交通ルールもない。何よりここでは道すら存在せず、すべての制約を解き放ち好きな場所へ行けるのだった。

草原をゆく:クリックで拡大
荒れ地をものともせず、ぐんぐん進むATVも楽しい
思う存分バイクを楽しんだあとは、ATV(Allwheel Traction Vehicle:全輪駆動車)と呼ばれるバギーにも挑戦してみた。

かつてコタキナバルにて同様の乗り物を楽しんだが、その走破性は草原にぴったりの乗り物だ。デコボコ道や荒れ地、ちょっとした岩場などをものともせずに進む様はなんとも心地よい。水たまりや段差に自ら飛び込みたくなるのだ。

これらは内燃機関で走るので、排ガスが出る。そう考えると草原でこれらを乗り回すのは悪いことのようにも思えるが、それでも抗いがたいほどの魅力がある。上海に来て以来、すっかりモータースポーツから遠ざかっていたが、また自由に走り回りたいとの想いが強くなってしまったようだ。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-08-07 01:00 | 観光情報
<< ごはん泥棒、あらわる (安康魚館) 本格クレープの店 (BLUE ... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク