excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
ターゲットは中国人 (寿司王)
我々のイメージする寿司屋とはどのようなものだろうか。

色褪せたのれんをくぐり店内に足を踏み入れると、正面には白木のカウンターと色とりどりの食材が並ぶ保冷ケースが目を引く。カウンターの内側ではパリッとした調理衣に身を包む職人たちが、小気味良い動作で寿司を握っている。細かい差違はあるが、概ねこんなものだろう。

にぎり寿司盛り合わせ:クリックで拡大
ネタはともかくシャリが赤いことに度肝を抜かれた
ところが先日訪れた寿司王は、そんな既存のイメージを根底から覆すものだった。

薄暗い石造りの階段にはクラゲが躍る水槽が設えられ、店内に足を踏み込むとブラックとゴールドのゴージャスな空間に驚かされる。店内には光り輝くシャンデリアが揺れ、カウンターの上のボトルまでもが金色に輝いていた。それは寿司屋というより、80年代のディスコであった。

このセンスは台湾か香港系だろうと勘繰ったのだが、プロデュースするのはしんせん館でお馴染みの上海石橋水産品だというから2度驚かされる。じつはこちらのお店、上海によくある日本人による日本人を対象とした寿司屋ではなく、中国人をメインターゲットとした店なのである。

お得なコース料理は刺し身、山海の蒸し物といった和食ばかりでなく、中華の冷菜やステーキなどの折衷。魚介類は新鮮そのものだし、調理技法も意外と悪くはなかった。ただ、3度目の驚きはシャリが赤いこと。赤酢を使ったシャリは目にも鮮やかだが、味は正直なところ微妙だった。

日本人としてはどうも馴染めない雰囲気の店内だが、そもそもターゲットは我々ではなく中国人である。この店を通じて中国人のあいだに寿司文化が浸透することで、延いては上海の寿司業界全体のレベルが底上げされればよいなと願うばかりである。

 

-------------------------------------------------
寿司王 / SUSHI KING
種別 日本料理(寿司と各種一品料理)
住所 上海市長寧区婁山関路884号2F (婁山関路 x 雲霧山路、交差点付近)
営業 18:00~24:00
電話 021-6241-0217
交通 地鉄2号 婁山関路 徒歩12分
予算 コース 220~700RMB / 手巻き寿司セット 200RMB
言語 中国語
菜単 中国語 / 写真なし
備考 赤酢を使ったシャリは話のネタに
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-05-23 01:00 | 街角グルメ
<< 海鮮まつりにおいでよ (告知) ときにはジャンクで (CITY... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク