excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
料理人の国籍を問う (SAIGON BLUE)
『ベトナム人シェフが作る、本場仕込みのベトナム料理をご用意!』

そう書いてあるとさぞ旨そうに思えるが、ちょっと待ってみて欲しい。たとえばぼくが日本料理店の料理長に就任するだけで、『日本人料理長が作る本場仕込みの和食』と記載することができるのだ。幼きころから本場の味に触れてきたことは有利であるものの、だからといって旨い料理だとは限らないと考えるのは、あまりに捻くれたものの見方であろうか。

逆をいえば、日本人シェフのベトナム料理でも不味いとは限らない。むしろ本場の技法を受け継ぎつつも、より日本人の口にあったベトナム料理を供することができるかもしれないのだ。それでは料理長には誰がなればよいのかといわれれば、旨けりゃどっちでもいいのである。

鶏スープの炊き込みごはん 50RMB:クリックで拡大
さっぱりとしたごはんからは鶏の旨味が香る
延安西路にオープンした SAIGON BLUE は、日本人デザイナーが設計した店舗で、日本人シェフが監修した料理と日本人バーテンダーが作るカクテルを供する、日本人オーナーによるベトナム料理とカフェバーの店だ。

採光のよい店内は、リゾートを意識した可愛らしいアジアン雑貨や家具で彩られ、エキゾチックなムードが満点の空間作りだった。

38元からのランチメニューは、見た目に反してボリューム満点。ハーブのしっかり効いた料理はどれも本格派で、料理の味とそれを作る人間の国籍は関係ないことを物語っていた。お気に入りは鶏スープの炊き込みごはんで、そのままだとやや薄味と感じるのだが、ニョクマムなどを混ぜ合わせると、グッと鶏の風味が引き立って旨かった。

近所に旨いベトナム料理の店がないのが悩みであったが、これなら今後も利用できそうだ。次回は夜メニューを楽しんだあと、バーとしても利用してみたい。いろいろと活用できそうな店である。
 

 
-------------------------------------------------
SAIGON BLUE
種別 Cafe and Bar、ベトナム料理
住所 上海市静安区延安西路129号 華橋大厦1F (延安西路 x 鳥魯木齋中路、交差点付近)
営業 11:00~2:00(ランチは15時まで、ディナーは2時まで)
電話 021-6248-7386
交通 地鉄2号 静安寺から徒歩10分 / 公交 華山路(01,71,202,925,936路)
予算 フォーガー 38RMB / シェフのおすすめ 50RMB / 鶏スープの炊き込みごはん 50RMB
言語 日本語 / 英語 / 中国語
菜単 日本語 / 英語 / 中国語 / 写真なし
備考 5月末までオリジナルカクテル半額
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-03-13 01:00 | 街角グルメ
<< 白色情人節2007 (Gour... 寒い夜にはラーメンを (福島ラ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク