excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
元宵節の由来
今日は旧暦の1月15日、春節の最後を締めくくる元宵節だ。

元宵節には灯籠を飾り、家々には身内のものが集まって爆竹や花火を鳴らし、湯圓を食べながら佳節を祝う。地方から都会へ働きに出る日雇い労働者らは、この日までゆっくり郷里で過ごすことも多い。なので都市部ではこの時期、労働力が不足することもあるのだ。

打ち上げ花火:クリックで拡大
至近距離で打ち上がる花火は大迫力
元宵節の由来については諸説あるが、前漢時代の武帝の側室である元宵にまつわる故事が興味深い。

後宮入りして以来一度も実家に戻れない元宵は、悲しみのあまり自らの命を断とうとした。それを助けた大臣は一計を案じ、彼女を家族に会わせようとした。それは火の神が都を焼き払い、天帝が天上から見物するという噂を流すことだった。

噂を聞いた武帝が大臣に相談すると、大臣は火の神の好物が湯圓であることを告げ、これを供えるよう助言した。また臣民が灯籠を作り各家に火を灯し、花火を上げ爆竹を鳴らせば、天上からは都が炎上しているように見えると進言したのだ。

これを真に受けた武帝は、さっそく大臣の進言を実行するように手配した。満月の夜、都には一斉に灯籠が灯され花火が打ち鳴らされた。元宵の家族もこれを見学するため都を訪れたため、無事に再会を果たすことができたのだという。

おそらく作り話だと思うが、物事の由来にまつわる故事なんてものは案外そんなものだろう。ぼくらも敷地内で打ち上がる花火を見学し、湯圓を食べながら家族だんらんを楽しんだのだった。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-03-04 01:00 | 中国的生活
<< 二足の草鞋 ランカウイみやげ >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク