excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
正体不明の果実 (サポジラ)
食べ物は総じて安い上海だが、その中でもフルーツの安さは群を抜いている。

輸入物になるとさすがに高価だが、国産の果物ならば日本の10分の1以下の価格で手に入る。少し傷みかけた桃ならば、500gで1元なんてのも珍しくないだろう。

サポジラの外観:クリックで拡大
外観は毛のないキウィのようだ
また日本では百貨店の輸入食材コーナーでしか見られないような珍妙な南国フルーツを、スーパーや果物屋で気軽に見つけられるのも嬉しい。珍しいもの好きのぼくとしては、そんな果物を目にすると買わずにはいられないのだ。

今回見つけたのは人心果という名前で、海南島産であることから南国フルーツの一種だろう。毛のない大きなキウィフルーツといった雰囲気で、指で押すと硬くズッシリと重たい。

包丁を使って皮を剥くとシャリシャリと小気味良い音がする。黄色味がかった果肉は全体に筋っぽい感じで、4つ割りにしてみると柿によく似た種子がいくつかあるようだ。

中身は柿っぽい?:クリックで拡大
柿の種に似た種子が見える
ゆっくりと歯を立てて、ひと口大にかじり取る。筋っぽい果肉を静かに咀嚼すると、口の中に強烈な渋味が広がっていく。慌てて吐き出したが、口の中にはいつまでも嫌な後味が残った。見たところ柿に似ているとは感じたが、柿は柿でも渋柿であった。毒見役からの報告があるまで静観していた妻は、ぼくの顔色がみるみると変わっていくのを目撃したそうだ。

ネットで調べてみたところ、これはサポジラというアカテツ科の常緑高木で、果実を食用にするとともに、樹液から出来る特異なゴム質はかつてチューインガムの原料だったという。未成熟な果実は強い渋味を持つそうで、完熟して柔らかくなると干し柿にも似た甘味を持つため生食可能となるようだ。

大変な目にはあったものの、なかなか珍しいフルーツを喰うことが出来たのは嬉しい。もっとも食したのはひと口だけで、残りはすべて生ゴミとなってしまったのだけれど……。

今後も珍しいフルーツを見かけたときは、果敢にチャレンジして行きたいものだ。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-02-09 01:00 | 街角グルメ
<< そこにエビがあって (妃香酒館) 酒場の顔 (セイザバー) >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク