excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
おもてなしの心 (周荘)
WISH CLUBのもっちゃんと出会い、ぼくもいつか『おもてなし』活動に参加したいと感じていた。

彼らは人種・国境を越えた友達づくりを可能にするための、機会と場所を提供する非営利団体。
その活動の一環として『おもてなし』という、外国人旅行者を迎え入れる活動を行なっている。

具体的には歓迎の宴を開いたり、宿泊先の提供、また観光地へのアテンドなどなど多岐に渡る。

しかし、残念なことに主な活動の舞台は日本であることや、ぼくの言語力不足で参加は困難だ。
そこでせめて上海で出会いの場を創出しようと、ブログ上やmixiのコミュを使って活動を開始。

現地在住者だけでなく、旅行者への情報提供や、水産市場でのおもてなしを行なってきたのだ。

水路にたゆたう小舟:クリックで拡大 刺繍入りの小さな靴:クリックで拡大 昔ながらの糸車:クリックで拡大 仄暗い闇の中から:クリックで拡大

杭州で出会ったDidiは行く宛がないというので、上海に連れ帰って我が家でもてなすことにした。

見ず知らずを家にあげることを快諾してくれた妻や、おもてなしにつき合ってくれた仲間に感謝。
ぼくもちょうど正月休みで予定もないから、Didiへのアテンドも兼ねて近郊にある周荘を訪れた。

周荘は上海体育館の旅遊集散中心からバスで1時間半、古い街並みの残る美しい水郷の街。

同じく水郷の街である朱家角には何度も訪れているので、周荘も同じようなものだと侮っていた。
だが、実際に訪れた周荘はスケールが大きく、明・清代の建物が多く残る街並みは風情がある。

細い路地をのんびり散策すれば、中世中国の水郷都市にタイムスリップしたかのようであった。

路地裏の風景:クリックで拡大 アンティークな家具:クリックで拡大 提灯のある風景:クリックで拡大 立ち飲みカウンター:クリックで拡大

古いものでは元代から残る石橋を渡り、豪商の住居を訪ね、渡し舟に乗って水路から街を望む。

アテンド役というよりも、ぼくら自身がすっかり観光客となって、大いに水郷の街を楽しんだのだ。
ただ事務的に案内されるよりも、一緒になって楽しんだほうが相手だって嬉しいはずだと思う。

歴史を感じさせる食堂で特産の阿婆茶を飲みながら、なぜか合コン攻略法を語り合ったりした。

妻とふたり、観光地を巡る旅も楽しいけれど、こんな風に仲間とわいわいやるのも格別である。
願わくばいっしょに周ったDidiや仲間たちも、同じように感じてくれていればよいのだけれど。

帰りのバスにてうたた寝しながら、今後もこんな風に大勢で旅行できたらいいなと思うのだった。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2007-01-02 01:00 | 観光情報
<< 水産市場 de デート (第六回) 新年のご挨拶と杭州観光 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク