excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
ご結婚おめでとう
荘厳な雅楽の調べの高まりとともに、神殿を包む緊張感は最高潮へと達した。

斎主が読み上げる祝詞の朗々たる響きが新郎新婦の、そして参列者らの心に静かに沁み渡る。
神前に進んだ新郎新婦が誓書を読み上げ、彼と彼女は晴れて一組の夫婦となったのであった。

Zongちゃんとの出会いは2001年8月の暑い日のことだったから、かれこれ5年のつき合いだ。

当時はぼくの彼女(つまり今の妻)の友達であったが、今ではぼくにとっても大切な友のひとりで
皆で買い物したりバーベキューを楽しんだりと、日本在住時は夫婦共々お付き合い頂いていた。

そんなZongちゃんがいよいよ結婚すると聞き、ひとこと祝いの言葉を伝えたくて東京を訪れた。

拝殿外観 鴛鴦 ドレスアップ妻 しあわせいっぱい

式は純和風の神前結婚式で、寺社仏閣をこよなく愛するZongちゃんらしいなと思った。

これまで幾度も結婚式に参列してきたにも関わらず神前は初めてだが、意外といいものである。
高く、低く流れるように紡がれる祝詞の声や、巫女たちの優美な舞いに日本の様式美を感じた。

黒が基調の色打掛けに角隠しの彼女はやや緊張の面持ちだが、時折見せる笑顔が愛らしい。

実物は初めて目にする旦那さんは優しそうな人で、顔が崩れ落ちそうなほどの笑顔であった。
Zongちゃんもいつも以上に目を細め、身体中からしあわせオーラを発散しているようだった。

様式は違えど妻との結婚式を思い出したりして、改めて結婚ってよいものだなと噛み締めた。

鏡割り ベア 4人で記念撮影

披露宴も基本的には和式で、ケーキカットの代わりに鏡割りが行われたりと興味深いものだ。

席上には新婦からひとりひとりに宛てたメッセージが添えられており、細やかな心遣いが嬉しい。
他にもひとつひとつ折られた鶴や箸置きなども用意され、全体的に手作り感のある暖かな式だ。

途中、ここだけは洋装の純白ドレスにお色直ししたZongちゃんの笑顔は、誰よりも輝いていた。

これからの人生、辛いことや悲しいこともあろうだろうけど、きっとふたりなら乗り越えられるはず。
哀しみや苦しみは半分に、喜びは2倍にして、しあわせな家庭を築いていって欲しいものである。

ご結婚おめでとうございます。そして、今後は旦那さんも交えてお付き合いできたらと思います。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-12-16 01:00 | 日々雑感
<< 月島 de もんじゃ焼き (つ... こんにちは赤ちゃん >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク