excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
美ら海からの贈り物 (藍屋)
海ぶどうをご存知だろうか。

正式名はクビレヅタという海草で、俗称として海ぶどうやグリーンキャビアなどの名で呼ばれる。
ぶどうのように小さな粒が房状になっており、ぷちぷちとした食感が楽しい沖縄県の特産品だ。

鮮度保持が難しく、かつては現地でしか食えぬ珍味であったが、近頃は本州でも入手可能だ。

新鮮な海ぶどうを軽く水洗いしたのち、食感を出すためにこおり水で締めて、食卓へと乗せる。
三杯酢など好みのタレを付け口中に放り込めば、独特の食感とともに海の香りが広がるのだ。

そんな海ぶどうを上海で、しかも生きたままを喰えると聞いて、延安西路沿いの藍屋を訪れた。

海ぶどう:クリックで拡大 カウンター:クリックで拡大 鶏南蛮 ライスコロッケ:クリックで拡大

藍屋は沖縄、長崎の家庭料理が楽しめる居酒屋で、以前は茂名のBarストリートにあった店だ。

店内に入って最初に目につくのが、カウンターの上に所狭しと並べられた旨そうな惣菜の数々。
そして、その後ろにはこの店の売りである豊富な種類の泡盛や焼酎などが、棚いっぱいに並ぶ。

森伊蔵、魔王など日本でも入手困難なプレミアム焼酎が、ここ上海にてお目にかかれるのだ。

生きたまま喰えるという自慢の海ぶどうも、カウンター上の水槽でゆらゆらと揺れ動いていた。
鮮やかなグリーンに輝くそれを取り出し、さっと洗っただけで供された皿に思わず笑顔になる。

噛み締めるとぷちぷちとした食感とともに、口中に沖縄の美ら海(ちゅらうみ)が現出するのだ。

皿うどん:クリックで拡大 海ぶどうの水槽:クリックで拡大 豚足:クリックで拡大 タコライス:クリックで拡大

今回気に入ったのが沖縄や九州ではメジャーな豚足で、トロトロに煮込んだあと軽く焙ってある。

大きな塊にかぶり付くとパリッとした食感のあと、口の中でサッとほぐれるような柔らかさだった。
酸味の効いたかけダレがまた絶妙で、ともすれば脂っぽくなりそうな口をさっぱりと洗い流した。

付きだしの酢の物やおすすめの鶏南蛮も酢がよく効いており、ぼくの好みにとてもあっている。

極上の焼酎を旨い肴で楽しんだあとは、皿うどんやタコライスなどの多様な主食類で締めよう。
どれもこれも旨そうであれこれ食べたくなるが、かなりのボリュームがあるので要注意である。

馬刺しやクジラなど一部を除いて値段も手頃で、高い満足感を得られること間違いなしの店だ。

 

-------------------------------------------------
居酒屋 藍屋
住所 上海市長寧区延安西路2892号 (延安西路 x 虹許路、交差点を西)
営業 17:30~24:00
電話 021-6261-9970
交通 公交 虹許路(48路)ほか
予算 海ぶどう 40RMB / 豚足 20RMB / 特上馬刺し 150RMB / 皿うどん 40RMB など
言語 日本語 / 中国語
菜単 日本語 / 中国語 / 写真あり(一部) / カウンター上に本日のおすすめ品
備考 無料駐車場あり / プレミアム焼酎をはじめ80種類以上を用意
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-11-23 01:00 | 街角グルメ
<< ライラックの香る庭で (申粤軒) カフェで過ごす時間 (ging... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク