excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
テラスでランチ (KEVEN CAFE)
欧米系の人たちを観察していると、なぜもそこまでテラスでの食事にこだわるのか疑問に思う。

たしかに気候のよい日であれば、テラスで穏やかな風に吹かれながらの食事もありだとは思う。
ただ、彼らは真夏の炎天下であろうと、木枯らし吹きすさぶ真冬だろうと屋外での食事を好む。

空調の効いた店内から外を眺めれば、欧米人らが寒いテラスで談笑する光景が目に入るのだ。

そこまで屋外にこだわるのは、じつは陽光を浴びて光合成を行なっているのではと思えてくる。
その証拠に、彼らはリゾート地などでも心配になるほど日光浴をし、身体を焼こうとしている。

植物ではないので光合成はできぬが、彼らは日光浴でビタミンDを作っているのかもしれない。

アンティーク感のある案内板:クリックで拡大 肉厚なパテが食欲をそそる:クリックで拡大 テラス席:クリックで拡大 豪快なサラダ:クリックで拡大

衡山路沿いに位置するKEVEN CAFEには、そんな屋外を好む欧米人たちが集まっていた。

暑さも和らぎ過ごしやすい季節になってきたものの、通りに面したテラスはかなりうるさい。
道行く中国人はじろじろ覗き込むし、排ガスや埃が吹き込み居心地はあまりよくなかった。

それでもやはり彼らはテラス席を所望するようで、店内が空いているのに表に並ぶほどだ。

そんな KEVEN のランチセットはサンドイッチやピザ、パスタなどから1品とサラダかスープに
ドリンクもセットで48元と、欧米系の店舗としてはなかなかリーズナブルな価格設定だった。

塩、コショウのみのシンプルな味付けのパテは、肉の旨味がガッツリ感じられてなかなか旨い。

居心地が悪いと思っていたテラス席も、旨い飯を腹に入れれば景色を楽しむ余裕が出てくる。
なるほどテラスも悪くないとは思うが、やはり真夏や真冬に屋外は遠慮したいものである。

 

-------------------------------------------------
KEVEN CAFE / 凱文珈琲
住所 上海市徐匯区衡山路525号 (衡山路 x 宛平路、交差点)
営業 07:30~02:00
電話 021-6433-5564
交通 地鉄1号 衡山路 / 公交 宛平南路(42,236路)、宛平路(315,830路)
予算 ランチセット 48RMB
言語 英語 / 中国語
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-10-18 23:00 | 街角グルメ
<< セクシー美女軍団の華麗な舞い 寿司喰いねぇ (天狗) >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク