excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
味感への挑戦状 (海金滋酒家)
ごはん友のNさんが、上海を去る間際に紹介してくれたのがプーアルさん。

まだ1度しかお会いしたことがないので、知らないことのほうが多い彼女ではあるのだが
旨いものを喰うのには労力を惜しまない、ぼくらと同じ『食いしん坊』の匂いを感じさせる。

ぼくの人を見る目が正しいのかどうかを確かめるためにも、今後もごいっしょしたい方だ。

そんなプーアルさんに教えて貰ったのが、進賢路と陜西路の交差点付近にある海金滋酒家。
オススメの蟹粉蛋をはじめとして、何を注文してもハズレがないと聞けば行かざるを得ない。

混雑を避ける為、土曜日のランチタイムを外した時間に、妻とふたりで訪れてみた。

海金滋酒家:クリックで拡大 海金滋酒家:クリックで拡大 海金滋酒家:クリックで拡大

床が油煙でヌルヌルするような、超ローカル店を予想していたが内部は思いの外キレイだ。

メニューは上海家庭料理がメインのようだが、それ以外にも一通りの料理が揃っている。
ふたりでは多すぎるかと思いつつも、店の親父のオススメを取り入れつつ6品を注文した。

一品めに運ばれてきたのは鴨をぶつ切りにした料理で、見るからに濃いタレがたっぷり。

タレだけを舐めてみると甘辛い味はかなり濃いように思えるが、さっぱりした肉と絡めれば
思いの外にぴったりで、包んで食べる餅かごはんが欲しくなること請け合いの前菜だ。

油爆蝦も普通とは違う甘めの味付けだが、しつこくなくて非常に旨かったので期待が膨らむ。

海金滋酒家:クリックで拡大 海金滋酒家:クリックで拡大 海金滋酒家:クリックで拡大 海金滋酒家:クリックで拡大

適度な辛さの麻辣豆腐や野菜炒めを楽しんでいると、やがて件の蟹粉蛋が運ばれてくる。

パッと見たところ蟹のほぐし身に見えるのだが、よく見れば卵の白身に過ぎなかった。
非常にふんわりと軽く仕上がっており、立ち上る香気はただの炒り卵ではないようだ。

箸でつまんで口腔へと運びゆっくり咀嚼すれば、確かに蟹の存在を意識させる風味がする。

視覚や舌触りでは認識できないが、蟹が入っているといわれれば信じざるを得ないのだ。
だが、プーアルさんの知人曰く、調味料だけでこの味を出しているのではないかという。

残念ながらぼくの舌では、その真偽を確かめることは出来なかった……。

 

-------------------------------------------------
海金滋酒家
住所 上海市盧湾区進賢路240号 (進賢路 x 陜西南路、交差点付近)
電話 021-6255-0371
予算 油爆蝦 25RMB / 麻辣豆腐 10RMB / 蟹粉蛋 12RMB ほか
交通 地鉄1号 陜西南路 徒歩10分 / 公交 延安中路(41,301,128路)ほか
備考 店の老板らしき男性が少しだけ日本語を話す(挨拶程度)
言語 中国語
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-08-05 23:00 | 街角グルメ
<< 水産市場で会いましょう 桃狩りと夏休みの風景 (陽山) >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク