excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
雨の散策と小龍包
仕事で来ているのだから当たり前なのだが、出張中は自由に使える時間が限られている。

せっかく見知らぬ土地を訪れたのに、旨いものを探したり観光できないのがもどかしい。
仕事をほっぽりだして街へ繰り出したいところだが、そうもいかないのが会社勤めだ。

せめてもの慰みにと、仕事明けの夜間や早朝に、あちらこちらを歩き回ることとなる。

胡同:クリックで拡大 胡同:クリックで拡大 胡同:クリックで拡大 胡同:クリックで拡大

小糠雨の降りしきる朝、ホテル周辺に点在する胡同と呼ばれる古い街並みを散策する。

何でもない細い路地に人々の生活が見え隠れし、庶民の暮らしを垣間見たような気になる。
雨なのに放置された洗濯物、打ち捨てられたタライ、崩れそうな門扉が何故だか愛おしい。

迷路のように入り組んだ脇道に目をやれば、まるで何かの物語が始まりそうな予感。

今にもあの角の向こうから、黒づくめの男たちに追われる少女が駆けてきそうな気がして
無意識にカメラを構えてみたものの、いつまで経ってもそんなものは現われなかった。

そんな事件は現実にはないだろうが、それを感じさせるドラマティックな場所が多かった。

杭州小龍:クリックで拡大 杭州小龍:クリックで拡大 杭州小龍:クリックで拡大

雨に煙る街角で、小龍包を出す店を見かけたので迷わず飛び込んだ。

北京まで来て小龍包かと突っ込まれてしまいそうだが、好きなものは好きなので仕方ない。
まして、看板には『杭州小龍』と書かれており、今までと違うものが喰えそうな予感がする。

待つこと1分、熱々の湯気を纏って現われたのは、ぼくの想像を遥かに越えたものだった。

蒸篭の中にぎっしりと詰めこまれた自称小龍包は、ふわりと分厚い生地のミニ饅頭だった。
中身はよくある甘辛い肉餡が詰まっており、先日食べた狗包子のでき損ないに見える。

杭州で小龍包を食べたことはないが、どう考えたってこのような食べ物ではないはずだ。

果たしてこれを見た杭州出身の人たちは、どのような想いをその胸に抱くのだろうか。
たこ焼きを注文したのに、出てきたのは明石焼きだったくらいのショックかもしれない。

何だか釈然としないものを感じたものの、こんなアクシデントもまた旅の楽しみだろう。

 

-------------------------------------------------
杭州小龍
住所 北京市東城区景山東街15-3
予算 小龍包(10個) 3RMB
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-07-18 23:00 | 街角グルメ
<< 好立地条件のカフェ (iiiit!) 北京の夜にキミを想う >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク