excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
上海小龍包巡り (佳家湯包)
いろいろなお店を食べ歩いてきたけれど、旨い小龍包は小汚い店に多い気がします。

高級店がメニューの一品として作っているものは、意外と大したことがない場合が多く
薄暗いローカルなお店で、ハフハフいいながら食べるもののほうが旨かったりします。

価格相対比の問題もあれど、専売店ならではのこだわりが味に表われているのでしょう。

佳家湯包:クリックで拡大 佳家湯包:クリックで拡大 野外研修:クリックで拡大

そんなこだわりの詰まった小龍包を喰わせる店があると聞き、さっそく訪れてみました。

佳家湯包は豫園からずーっと南に下り、復興東路を越えた文廟路口にある小さなお店。
ローカルな街並みが広がる通りにあって、そこだけが多くの人だかりで目を引きます。

入り口で貰う整理券がトランプのカードなのが、如何にも中国らしくて面白いですね。

メニューの表記を見ると現買、現做、現蒸、現吃(その場で買い、作り、蒸し、喰う)と
キャッチコピーのように書かれており、店の強いこだわりを感じることができました。

朝の混雑時にもこの方針は曲げず、常に注文を受けてから包んでいるそうです。

おかげで回転率は極端に悪く、お昼時も相まってかなかなか順番がまわってきません。
けれど、満足そうに立ち去る人たちの笑顔を見れば、焦らされているのすら快感に。

ようやく席に案内されたときには、期待感で胸がはち切れんばかりになっていました。

佳家湯包:クリックで拡大 佳家湯包:クリックで拡大 佳家湯包:クリックで拡大 佳家湯包:クリックで拡大

豊富なメニューを取り扱っているのもポイントで、小龍包の種類は全部で7種類も。

スタンダードな豚肉を筆頭に、鶏、エビ、蟹など豊富なメニューが用意されています。
蟹肉100%の『純蟹粉湯包』はローカル店とは思えない、81元の高級小龍包でした。

これだけ種類があると迷ってしまいますが、この日は一般的な鮮肉と鶏肉をセレクト。

やがて運ばれてきた小龍包は、中のスープが透けて見えるほどの薄皮で驚かされます。
隣の人が食べていた『純蝦仁湯包』などは、皮の向こうに見えるエビの赤が鮮やか。

針生姜甘酢漬けをひとつまみ乗せ、皮の端を噛み破れば熱いスープがほとばしります。

これだけ薄い皮が破れずに、内部にスープを保持していることもすごいのですが
そのスープ自身も深いコクを湛えつつ、ちっとも脂っこくないのが驚きでした。

鶏のほうは角切りの鶏肉が入っており歯ごたえも楽しめますが、やはり豚がオススメ。

ひとつの蒸篭に12個入っているので2種類にしておいたのですが、あとになって
もうひと蒸篭を頼んでおかなかったことを後悔しながら、店をあとにしました。

アクセスはかなり悪いのですが、それでも再訪したいと思えるお店だと思いますね。

 

-------------------------------------------------
佳家湯包
住所 上海市黄浦区河南南路638号 (河南南路 × 文廟路)
営業 6:30~18:00 (土日は16:00まで)
電話 021-6366-3570
予算 純鮮肉湯包 6RMB / 純鶏丁湯包 8.1RMB / 純蟹粉湯包 81RMB / 針生姜 1RMB
交通 公交 蓬莱路(64,66,306,324,929,方川専線)ほか
言語 中国語
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-05-30 23:00 | 街角グルメ
<< 誕生日によせて (JINO生日晩会) 研修を通して得られたもの >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク