excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
夜の公園と都会の龍
淮海路沿いで食事をした帰り道、腹ごなしの運動をかねて付近の公園を散策しました。

今まであちこちの公園を散策してきましたが、ここは街中過ぎてノーチェックです。
まさか近場に、こんなにステキな公園があるとは今の今まで気付きませんでした。

広場公園は、人民広場の南側で延安路に沿って東西に伸びる細長い都市型公園。

西は瑞金一路から、東は西蔵南路までのエリアで、いくつもの道路で分断されており
どこまでが広場公園なのか定かではありませんが、全部あわせるとかなり広い。

付近には人民公園や淮海公園、太平橋公園もあるので憩い放題(変な表現)です。

夜の公園:クリックで拡大 夜の公園:クリックで拡大 夜の公園:クリックで拡大

公園に一歩足を踏み入れると、木々に囲まれたエリアに大きな湖が広がっています。
遠くに見えるビルや樹木のシルエットが、湖面に映り込んで幻想的な雰囲気でした。

湖畔をぐるりと歩いて公園の奥へと進むと、今度はどこからともなく小川のせせらぎ。

かなり暗いので川そのものはほとんど見えませんが、川面が反射するかすかな光と
暗闇から聞こえるせせらぎだけが、そこにたしかに小川があると主張していました。

黄陂南路を越えて次のエリアに進むと、蓮の浮かぶ池の上に長い橋がかかっています。

境界を越えた向こう側は多数の街燈や広告塔の灯に照らされ、まるで昼間のようですが
ここには原初の昔から存在する闇が広がっていて、そのコントラストが面白いですね。

ここ上海で闇に閉ざされた場所というのは、ある意味ではとても貴重かもしれません。

夜の公園:クリックで拡大 夜の公園:クリックで拡大 夜の公園:クリックで拡大

さらに歩を進めると、今度は背の高い木々に囲まれたちょっとした林の中へ出ます。

遠くのビルから届く煌めく光も、幾重にも重なった枝と枝のすき間をすり抜けると
まるで月明かりのように柔らかなものとなり、ぼくらの足下をそっと照らします。

クラクションの音さえなければ、夜の森の中を歩いているかのような気分なのですが
そこかしこの暗闇で中国人カップルたちが、熱烈に愛を囁き合っているのが難点。

出来るだけお邪魔にならないよう、足早に通り過ぎるしかありませんでした。

公園の分断するかのように、東西南北に走る延安路と南北高架路が交わるポイントには
銀色に輝く太い柱が建てられ、その表面には天に昇る龍の浮き彫りがあります。

以前より中国らしいなと思っていたのですが、こちらでその由来を見つけました。

この高架路が出来たのはそれほど昔ではないと思うのですが、それでもなお
こんな伝説が残っているというのが、なんだかとてもステキに感じました。

そういえば壁面に穴の空いたビルをよく見かけますが、これも龍の通り道だとか。

風水的な考え方が根強く残っているからこそなのですが、ひょっとすると上海市内に
これだけ多くの公園が存在するのも、風水に関係あってのことかもしれませんね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-05-25 18:00 | 中国的生活
<< 未完成のお店 (Tatami ... レトロモダンなとんかつ店 (浪... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク