excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
上海小龍包巡り (南京小龍湯包)
上海いたりして☆☆』 の masayo☆さんが、コメント欄に残してくれたメッセージを受けて
上海アートの発信基地と呼ばれる泰康路に位置する、小龍包のお店を訪れてみました。

瑞金二路を東に折れると、至って普通な上海の下町的風景が広がっています。

デザイン事務所やギャラリーが林立するお洒落なストリートだと聞いていましたが
どこかで道を間違えたのか、そのような気配はいっさい見当たりませんでした。

半信半疑で進んでいくと、薄汚い飲食店が並ぶ一角にてお目当ての店を発見しました。

南京小龍湯包:クリックで拡大 南京小龍湯包:クリックで拡大 南京小龍湯包:クリックで拡大

以前大好きだったお店も南京湯包という店名を掲げていましたが、ここのお店も
南京小龍湯包という名前なので、南京では小龍包と呼ばず湯包と呼ぶのかも。

業態はテイクアウト専門で、最低限に絞られた蒸気が寂しげに立ちのぼっていました。

客からの注文を受けると、いつ蒸しあがったのかも判らない蒸篭の中身を
愛想のないスチロール製の容器に移し変え、無言で手渡してくれます。

蒸したて以外は論外とされる小龍包ですから、この時点では諦め半分でした。

蓋を開けると、妙に光沢のあるつやつやとした皮に包まれた小龍包たちが
無造作に押し込まれた形で、今か今かと食べられるのを待っています。

持ち上げてみると予想に反してスープが入っているようですが、意外と大丈夫かも。

レンゲはないので一気に口中に放り込み咀嚼すれば、嬉しい誤算のスープが溢れます。
どうやらこの生地に秘密があるらしく、水分の吸収を最小限に押さえているようです。

餡の味は醤油系がよく効いており、濃い口ながらもこれがクセになる美味しさでした。

お持ち帰り専門店という、小龍包にはおよそ合わないだろうと思われる業態ながら
独自の工夫を凝らした皮や餡で、ピンチをチャンスにかえる姿勢には脱帽です。

店のオヤジに美味しかったよと告げる代わりに、もうひと蒸篭を注文しました。

 

-------------------------------------------------
南京小龍湯包 泰康路店
上海市盧湾区泰康路266号 (瑞金二路 x 泰康路、交差点を東へ)
交通 公交 瑞金二路(17,24,236,304,864路)ほか
予算 湯包 3RMB(8個入り)
言語 中国語
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-05-23 18:00 | 街角グルメ
<< 大腸内視鏡検査顛末記 お部屋に彩りを (曹家渡花市) >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク