excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
市場へ行こう
街までクルマで1時間程度かかることもあって、ずっとリゾートに引きこもってました。

けど、せっかく知らない国を訪れたのに、ホテル周辺の記憶しかないのも悲しいので
夕飯と土産物などの買い出しを兼ねて、市街地にあるマーケットを訪れました。

自由市場 自由市場 自由市場

名も知らない自由市場は、海にほど近い場所のテントの下で行われていました。

大きな広場の南側には野菜やフルーツ類などが所狭しと並べられており
北側には加工食品や土地の食べ物などを扱う屋台が密集しています。

そのあいだを縫うように多くの人出で賑わい、かなりの活気に満ちていました。

ホテル暮らしですから物価は高いだろうとは予想していましたが、市場での相場は
その10分の1以下で、300円もあればお腹いっぱいに食べることができそうです。

まさかリゾートとローカル地域で、これほどの経済格差があるとは思いませんでした。

なによりこの喧騒と活気に溢れる雑多な雰囲気は、かなりぼくのツボを刺激するもので
もっと早くにこの場所を知っていれば、毎晩でも通ったのではないかと思うほど。

自由市場 自由市場 自由市場 自由市場

さっそくあちこちの屋台を食べ歩き、炭焼き(イカ、エビ、手羽先)、ナシゴレン
麺料理(名前失念)などを、ふたりでお腹いっぱい食べて23RM(約713円)でした。

とくに炭火でじっくり焼き上げた辛口の手羽先は、土地の名物のようでかなりの美味!

一度では物足りず、帰り際にお持ち帰り用としてさらに買い足してしまいました。
その他、大判焼のような味のする、大きな丸い形のお菓子も美味しかったですね。

衛生状態はちょっと問題ありそうな場所でしたが、上海で鍛えた胃袋ならへっちゃら。

その土地を知ろうと思うなら、市場を訪れよと申しますがまさにその通りですね。
物の相場や産品、さらにイスラム系が多いことなどが手に取るように判りました。

たまにはリゾート暮らしでのんびりするのもいいものですが、やっぱりぼくには
ローカルな雰囲気にどっぷりと浸かれる場所のほうが、あっている気がしました。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-05-04 20:00 | 観光情報
<< 珊瑚の森と、死にいたる病 ボルネオの海賊と首狩り族の末裔 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク