excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
元宵節
この日は旧暦の1月15日、元宵節といい春節を締めくくる大事なイベントだそうです。

元宵節には湯圓と呼ばれる、家族だんらんという意味が込められた小吃を
家族揃って食べながら、春の訪れを祝ったりするそうです。

もっとも、ここは中国ですから、そんなささやかな行事だけでは終わりません。

元宵節 元宵節 元宵節

明るいうちから鳴っていた爆竹や花火は、7時過ぎ頃から一気に盛り上がりを見せます。

気にせずDVD(TRICK)を見ていたのですが、あまりにも連続して鳴り続けるので
たまらずベランダに出てみると、右も左も花火の大盤振る舞いでした。

多くはビルの影になって直接見えないものの、ときにはかなりの大玉が上がります。

マンションのベランダから火花の吹きだす花火をしている人もいるようですし
そこかしこの路地などからは、ひっきりなしに爆竹の炸裂音。

春節の規模には遠く及ばないようですが、それでも初めての経験にど肝を抜かれました。

元宵節 元宵節 元宵節

せっかくだから近場で見ようと外へ飛び出したのですが、場所の特定は困難です。

あっちで鳴っているぞと向かってみれば、たどり着いたときにはすでに終わっていて
今来た方向から爆竹の音が鳴り響き始めるなど、なかなか直接は見られません。

ようやく高昇(*1)を次々と打ち上げている現場にたどり着きましたが、マンションの下で
点火するものですから、ベランダに飛び込んで炸裂したりとかなり危険な光景です。

ひっきりなしにクルマが行き来する道路で爆竹を鳴らす人もいますし
狭い敷地内で素人が上げるとは思えない大型花火を打ち上げる人も多数。

結局、この狂乱は夜中まで続き、正月期間の最後の夜は更けていきました。

 

度が過ぎれば危険な花火ですが、同じ火薬でも人を殺傷するための
兵器などに使われるよりは、よっぽどマシですよね。

昔からの伝統行事ですから、今後も節度を守って楽しんで貰いたいものです。

今年の春節は残念ながら噂の花火を体験することができませんでしたが
来年こそはぼくも爆竹や打ち上げ花火をするぞと心に誓った夜でした。

 

-------------------------------------------------
*1 高昇
単発タイプの大型爆竹で1度目の爆発で本体を中に舞いあげ
2度目は空中で炸裂する危険きわまりないタイプ。
派手な音の割りに空中で火花が開かないのは、ほとんどコレ。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-02-12 19:38 | 中国的生活
<< 昼下がりの公園で (魯迅公園) 短期集中アテンドツアー >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク