excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
4号線の車窓から
今日は軌道交通4号線に乗車します。(ナレーション:石丸謙二郎)

4号線は昨年の大晦日より開通した、上海市内を走る新しい地下鉄路線で
上海初の環状線となる予定でしたが、工期の遅れにより一部分だけ開業しました。

大木橋路駅から藍村路駅を結ぶ、総延長27キロの新ルートとなります。

もっとも、そのうち虹橋路駅から宝山路駅は明珠線(3号線)との相互乗り入れで
駅施設や線路などはそのまま、これまでの3号線のものが利用されています。

軌道交通4号線 軌道交通4号線 軌道交通4号線

中山公園駅のホームで待っていると、やがて見慣れない新型車両がお目見えしました。

紫のラインが特徴的なシンプルなデザインの車両は、独シーメンスとの共同開発。
紫色は4号線のシンボルカラーで、路線図だけでなく内装まで紫を基調としています。

さすがにまだ新しい車両は内側もキレイだけれど、色合いのせいか少し寒々しい。

やがて静かに車両が動きだすと、窓の外を上海の街並みが流れていきます。
この辺りは高架路線ならではで、地下鉄にはない面白さがありますよね。

上海駅に近付くにつれ下町感が増していき、庶民の生活を垣間見ることができます。

その雑多で生活臭の漂う街並みを上から眺めていると、どこか懐かしい
大阪の環状線をからの景色を思い出してしまいました。

軌道交通4号線 軌道交通4号線 軌道交通4号線

宝山路駅を越えると、ここからは4号線のために作られた新しい駅と路線。

用地問題と黄浦江を渡るために、列車はここからは地下へもぐります。
残念ながら車窓からの景色ともお別れで、単調な旅が始まります。

駅は新しいだけあって広くてキレイですが、利用客が少ないのか閑散としています。

ホームと線路は透明な壁により仕切られており、列車到着後には
列車とホームの二重扉を経て乗り込むことになります。

転落防止に一役買うばかりでなく、ホームのエアコンの効きもよくなるそうです。

いずれは2号線との連絡駅となる、工事中で封鎖されている東方路駅を越えると
列車はやがて、現在の終点となる藍村路駅のホームへと滑り込みます。

短かった4号線の旅も、どうやら終わりを迎えたようです。

軌道交通4号線  とくにあてもなく訪れた藍村路駅。

  何があるかも知らないような、初めての場所でしたが
  地上に出ると、そこは綺麗な夕焼け空でした。
  これを見るだけでも、旅した価値はありましたね。


全線開通すれば南回りのほうが早いのですが、残念ながら今現在も工事中。

ぼくらは再び電車に乗り込んで、今度はぐるりと北回りで家路をたどります。
次回はいよいよ、地下鉄2号線へと乗り込みます。(ナレーション:石丸謙二郎)
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2006-01-09 21:23 | 中国的生活
<< 計画はお早めに 上海で眼鏡を作ろう (三叶眼鏡市場) >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク