excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
ぼくと吉牛
吉野家の牛丼にはじめて出会ったのは、いつのことだったろうか。
遥かな昔、もう10年以上も前のことをそっと振り返ってみました。

大阪へ出てきてすぐ、電気街の片隅のちっぽけなお店でぼくらは出会いました。

田舎者だったぼくは外食すること自体がとても珍しくって
少しおどおどしながらも、一杯の牛丼を注文しました。

どんぶりに盛られた輝くばかりの銀シャリの上に、豪快にかけられた牛肉と玉ねぎ。

箸ですくってひとくち頬張れば、タレの染みたご飯とたしかな歯ごたえを残す玉ねぎ
そしてじっくり煮込まれた牛肉が渾然一体となって、至福の時間を与えてくれました。

その甘辛い味付けはけっして高貴なものではなかったけれど、一瞬でぼくを虜にしました。

こんな旨いものがあったのかと、ぼくは言葉を発するのすら忘れ
ただひたすら、かき込むように胃の腑へと流し込んだっけ。

……あの日の感動は今も忘れません。

吉野家 吉野家 吉野家

残念ながら日本では現在、吉野家の牛丼を食べることは叶いません。

けれど、ここ上海ではアメリカ産の牛肉ではないけれど
今も変わらずに牛丼を食べることができるのです。

今回訪れたのは古北家楽福のフードコート内にある、虹橋家楽福店。

こちらの吉野家はまるでハンバーガーショップのように、カウンターにて注文して
会計を済ませてから、各自でテーブルに運んで食べるスタイルでした。

メニューは牛丼のほかにも、鶏丼や豚丼などと、豊富なサイドディッシュがあります。

これらも興味はありますが、やはり吉野家に来たからには牛丼でしょう。
スープが標準でセットされており、大サイズが20元でした。

気になる味付けのほうは紛うことなき、吉野家の牛丼の味で思わず感涙。

牛肉はアメリカ産に比べるとちょっとパサついた感もありますが
豪州産牛肉を使う某社よりは、よほど美味しいと思いますね。

あとはタレがかなり少なめなのですが、つゆだくって中国語でなんていうんでしょう?

生玉子や半熟玉子がなかったり、ふりかけや紅しょうがが取り放題ではない部分など
いくつかの不満点もあるにはありますが、しばし懐かしさに浸ることができました。
 

 
日本でも先日、いよいよアメリカ産の牛肉輸入再開が決定しましたね。

吉野家D&Cによれば、牛丼の販売再開にはもうしばらくの時間が必要だそうですが
もうすぐあの懐かしい味に再会できるようになるかもしれません。

コスト面などもあるので中国の吉野家がどうなるかは不明ですが
ぜひこちらでもアメリカ産牛肉にシフトして欲しいものです。
 
 

-------------------------------------------------
吉野家 虹橋家楽福店
上海市長寧区水城南路268号 (家楽福1Fフードコート内)
営業 不明
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-12-13 23:36 | 街角グルメ
<< 映画の日 その2 新疆の餅子 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク