excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
龍華樹の下で (龍華寺)
宗教にはまったく興味ないんですが、お寺とか神社ってけっこう好きです。

樹齢数百年にも及ぶような樹木に囲まれた、静謐な雰囲気溢るる境内に佇んでいると
信仰心はなくともここが神域だと感じられ、背筋がピンと伸びる気がします。

神域であるとか信仰なんてものは、そもそも人が創り賜うた物のはず。

それなのにこれだけ強い「気」のようなものを感じることができるのは
人の想いが持つ力の強さみたいなものが、そのまま反映されているからでしょうか。

龍華寺 龍華寺 龍華寺 龍華寺

そんなわけで日本に居た頃はいろいろな寺社仏閣を訪ね歩いていたのですが
ここ上海に来てからは、小さな氏神を祭る祠くらいしか参観していません。

一度くらい本格的な寺院を詣でようと、上海南西部の郊外にある龍華寺を訪ねました。

龍華寺の起源は三国時代、呉の孫権が母親を慰撫するために建立したというから
そのままの形で残っていたら世界遺産級の歴史的建造物となったでしょう。

残念ながら初期の建物は戦乱で焼失してしまい、光緒年間には再建されたものの
文化大革命でまたもや蹂躙され、1978年になって修復され現在に至ります。

けど、龍華寺のシンボル、龍華塔は宋代に再建されたもので1,000年の歴史を有します。

木とレンガで造られた高さ40メートルの塔にはぜひ登ってみたいのですが
残念ながら老朽化が激しいので、安全上の理由から立ち入り禁止でした。

龍華寺 龍華寺 龍華寺

境内に入ると最初の伽藍の前で盛大にかがり火が焚かれ、頭上に線香を掲げた
人たちが東西南北へ向かって三拝しながら、何ごとかお祈りしています。

見よう見まねでぼくらもお祈りをしてみましたが、もうもうたる煙が目にしみました。

伽藍は天皇殿、大雄寶殿、三聖殿、方丈室、蔵経楼と一直線に並び
それぞれに大きな仏像や仏具が並べられて見どころ満載です。

途中、夕方のおつとめに遭遇したので、いっしょにお祈りさせて貰うことに。

高く低く、ときには囁くように、ときには朗々と唱える読経の声は
日本のそれよりも音楽的要素が強く、とても耳に心地よい……。

しばし、時が経つのも忘れて祈りの声に耳を傾けました。

龍華寺 龍華寺 龍華寺 龍華寺

おつとめを終えた僧侶たちのあとをこっそりつけていくと
小さな建物の中で、これからお食事のようです。

そういえばずいぶん、お腹が空いてきました。

寺院内で美味しい精進料理が食べられると聞いて楽しみにしていたのですが
肝心のお店は改装中なのか、工事の真っ最中で食事どころではありませんでした。

昼食も食べずに広い寺院を歩き回っていたせいで、ふたりともお腹はぺこぺこ。

暮れなずむ初冬の空と、大伽藍の落とす影に言いようのない寂しさが募ります。
「そろそろ帰ろっか」と声をかけ、ぼくらは足早にお寺をあとにしました。

 

-------------------------------------------------
龍華寺
上海市徐匯区龍華路2853号 (地下鉄3号線龍漕路駅より徒歩12分)
拝観時間 8:00~17:00 (入場は16:00まで)
拝観料 10元
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-11-26 17:52 | 観光情報
<< Tatami Bar & Ga... 厚切りロースの魅力 (とんかつ... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク