excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
亀ゼリー
亀ゼリーこと亀苓膏を食べてみました。

亀ゼリーはその名の通り、亀板(金銭亀の腹の皮)といくつかの漢方を粉末にして
大鍋で30~40分ほどかけて煮込み、小分けしてゆっくり冷ましたものです。

美肌効果が高く、身体の熱や毒素を体外に排出するなどの健康食品。

日本ではゼリー、スイーツなどとして紹介されていますが
現地ではどちらかというと漢方食品という位置づけ。

ゼラチンや寒天を使わずとも、亀エキスと漢方で自然と固まるんだそうです。

亀ゼリー 亀ゼリー

上海で亀ゼリーといえば『海老亀伝統飲品店』が有名ですが
今回食したのはスーパーで買ってきたカップのもの。

本格的なものではありませんが、まずはお試しってことでお手軽なやつにチャレンジ。

上ぶたを取ると銀色のアルミシートで封がされているのですが
これが固くってまったく剥がれません。

よくよく見ると付属のスプーンの柄が鋸状になっていて、これで切り開けるようです。

無地のアルミシートに安っぽい鋸歯が出入りするたびに
すき間から黒っぽい汁がびゅっ、びゅっと飛び散ります。


(;´Д`) ……食べ物の汁というよりは、亀の住んでいる沼の水のようかも。


封印を解き放つと、限りなく黒に近いこげ茶色の物体がプルプル揺れています。
見た目はゼリーのようですが、スプーンを差し入れるとずっと固めなのが判ります。

匂いはほとんど無臭で、ほのかに漢方のような匂いがする気も……。

恐る恐る口に運んでみたところ、噂に聞いていたほどの強い苦味はなく
ほのかな甘味と独特の食感で、口中でくにくにと弾力を感じます。

食感的にはゼリーと言うより、水羊羹に近いかもしれません。

スイーツとして考えてしまうと、特別おいしいものでもありませんが
もともとが漢方であることを考えれば、十分に合格点ではないでしょうか。

ただ、苦味も少なく安物だったせいか、美肌効果その他はあまり感じませんでした。

『海老亀』の亀ゼリーは即効性で、翌朝の肌のハリが違うそうなので
機会があれば奥さんを連れて、本格的な亀ゼリーにチャレンジしてみたいですね。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-10-26 22:33 | 街角グルメ
<< 上海で韓流ディナー (高麗廳) 上海ローカルニュース >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク