excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
天王山
京都府南部、乙訓郡大山崎町にある天王山へ登ってきました。

天王山といえば本能寺の変の後、秀吉と光秀が天下をかけて激突した舞台。
現在では勝敗の分かれ目を意味する語ともなっています。

戦国期の日本史に興味あるぼくにとっては、なかなか感慨深い地であります。

天王山 天王山

JR大山崎駅前の町営駐車場に車を停めて、閑静な住宅街を登ります。

さわやかな新緑に囲まれたステキな場所だとは思うんですが
住んでいる人たちは大変かも知れませんね。

かなりの急勾配をえっちらおっちら登っていきます。

途中、山麓に建つ宝積寺や大山崎山荘美術館に寄り道。
山荘美術館については、また後日お伝えしようかと思います。


大山崎山荘の裏手から、いよいよ登山道へと分け入ります。

天王山 天王山 天王山 天王山

はじめのうちは整備されていた道も、途中からゴツゴツとした岩場を越えたり
滑りやすい場所を登らされたりと、挑み甲斐のあるコースへと変貌していきます。

もっとも、山頂ではスカートにサンダル履きの女性も見かけたので
普段着(?)でも何とかなるようです。

しかし、いったいぜんたい、どうやって登ってきたんでしょう?

天王山 天王山 天王山

今回の山は歴史の舞台となっていただけあって
いろいろな遺物や記念碑などが目に付きます。


そして、もっとも強く感じたのは、山そのものがとても豊かなこと。

天王山 天王山 天王山

萌ゆる若葉、苔むした岩肌、まっすぐすらりと伸びる竹林……。

これまで登った山々はどこか荒れて、痩せ枯れたイメージでしたが
天王山は豊穣たる自然の息吹を感じさせてくれました。


のんびりと歩いても1時間程度の山頂は、木々に囲まれた小さな広場。

天王山 天王山

かつてはここに、秀吉の築いた城が建っていました。
今はかすかに、古井戸や石垣の残骸が残るのみです。

国破れて山河あり。

悠久の時の流れの中では、
人の一生は澱みに浮かぶうたかたの夢。

……そんなちっぽけな人生だとしても
人は生きている証を求めて、前へ前へと進み続けるのでしょうか。

な~んてね。ガラじゃないですね。

天王山 天王山 天王山

大きな自然と歴史に彩られた天王山。

秋の訪れがこの山を染め上げる頃に
再び訪れたいなと思いながら、山頂を後にしました。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-05-30 23:36 | 観光情報
<< 5月度スコア統計 可も無く不可も無く >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク