excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
声調とメロディー
中国語のアクセントは音楽的で美しい響きを持っています。

普通話(標準中国語)には四声と呼ばれる声調があり、高い状態から低く下げる
低めの状態からさらに下げたあと上げるなど、音の高低が大切となってきます。

例えば同じ[ma]と言う発音でも1声なら母、2声は麻、3声で馬、4声だと罵るなどなど
声の高低を表わす声調のつけ方で、まったく意味が違ったものとなってしまうんです。

たとえば[上海]と発音したつもりでも、声の高低によっては[傷害]と取られてしまいます。
中国語にとって、声調が如何に大切かがわかりますよね。



先日、購入した amin の『おなじ空の下』。
日本語や英語の歌詞もありますが、大部分は中国語の歌詞です。

音楽を聴きながら楽しくヒアリングの勉強になるかと思ったんですが
メロディーとしての高低はあるものの、声調に則った発音ではない気がするんです。

考えてみたらメロディーとしての高低をつけながら
さらに歌詞によっても高低をつけるなんて、普通は無理ですよね。

多分、歌詞の場合は声調は付けずに、メロディー優先で歌うものなんでしょう。

けど、それだと聴いただけでは意味が判らない気がするんですが
ネイティブな中国の人たちはどうやって歌詞を理解しているんでしょう。

日本語の歌詞でさえ、聴いただけではよく判らない場合も多いですよね。
まして声調が重要な意味を持つ中国語では、なおさらではないかと思います。

前後の意味である程度は推測できるとしても、かなりあやふやな解釈になりそう。

実は我々には聞き取れないような微妙な声調がついているのか
はたまた彼らもやっぱり、聴いただけでは理解できないのか。

謎が深まる中国語の歌、どなたかご存知の方っています?
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-04-14 17:09 | 普通話学習
<< 掛け違えたボタン 上海の歌姫 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク