excite 支店 (shanghai55.exblog.jp )

ようやく念願叶って上海駐在員になれたしゅうの、上海での日々をまったりお伝えします。
by しゅう
 
中国トイレ事情 其の弐
考えてみれば紙が流せないとか、そんなことは大した問題じゃないかもしれません。
観光地として有名な豫園近くに、ありましたよ。噂の中国式トイレ。

外観は意外とキレイで近代的な趣きさえあります。

しかし、入ってすぐの位置にカウンターがありまして、
中では3人の男女が食事の真っ最中です。

……なぜ、トイレの中で食事?!

ここで使用料として、お食事中の彼らに3角(0.3元)払います。
欧米だとわりと普通ですが、中国でも公衆トイレは有料の場所が多いです。

男子の小用のブースへ行くと、壁の真下に溝があるだけです。
少なくなったとはいえ、日本でもまだまだこのタイプは見かけますよね。

しかし、大のブースのほうを使うには、ちょっと勇気がいります。

大を使う場合は料金もちょっと高くて、5角払います。
すると長さ15センチくらいの手紙(トイレットペーパーのこと)が支給されます。

トイレに紙は備えつけられていないので、ポケットティッシュなど持ってない場合は
これですべてを賄わなければなりません。援軍からの補給は期待できません。

たよりなげな紙を握り締めて大ブースへ行くと、その光景に唖然とします。

申し訳程度に仕切りが設置されていますが、しゃがんだ状態でも顔が出るような高さ。
おまけにドアもないので、真正面からはまる見えです。

仕切り板の中にあるのは便器とも呼べないような溝があるだけ。
ちょろちょろと、ごく少量の水が流れているばかりです。

この溝がまた、すべての仕切りと繋がっているのが厄介です。
もし隣で用を足されようものなら、自分のほうへブツが流れてくる危険性ありです。

ギリギリの切羽詰まった状態なら文句を言う余裕はないでしょうが、
今回はちょっと出そうかなって程度だったので利用はあきらめました。

まだまだ現地人には溶け込めないようです。

もしかすると、こういったトイレでも余裕で用が足せるようにならねば
現地駐在員にはなれないのかもしれません。

……駐在員への道は、長く険しいなあ。
[PR]
Blogger@上海(B@SH) "ランキング上位に上海を"-
by sangyuan | 2005-03-11 21:21 | 中国的生活
<< 上海 de ボウリング 中国トイレ事情 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
当ブログは移転しました
引き続き更新は続行中

移転先はこちら
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安..
from 中国語奮闘記
ついに兵馬俑!!
from 中国語奮闘記
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
岩盤浴とは?を依頼された..
from 生活のキーワード
水中動画
from ブログアフィリエイトで日給8万円
上海 漕渓
from 人気Blogランキング[今週..
また上海で生き返った!
from 中国語奮闘記
3月24日(夕方)小田原..
from 在日中国人女性の随筆
中国ではエキサイトブログ..
from 貧 窮 原 罪
20日から上海出張!
from 中国語奮闘記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク